製品
オシロスコープ

WaveScan

高度な検索と分析


WaveScan - WaveScan
TriggerScan - TriggerScan
LabNotebook - LabNotebook
WaveStream - WaveStream
X-Stream II - X-Stream II

  • 単一取得のキャプチャと検索
  • 異常なイベントのマルチ取得スキャン
  • トリガーが見つけられない問題を見つける
  • 高速処理支援分析
  • 高度な分析により理解が深まる
  • スキャン履歴
  • スキャンオーバーレイ

 役職Time
WaveScan 紹介ビデオ4:58

検索と「スキャン」の両方
ほとんどの Teledyne LeCroy オシロスコープで使用できる新しいツールである WaveScan は、20 回のキャプチャ (つまり、キャプチャと検索) で異常なイベントを見つける機能を提供します。 また、長期間にわたる多くの取得でイベントを「スキャン」します。 以上の検索モード (周波数、立ち上がり時間、ラント、デューティ サイクルなど) から選択し、検索条件を適用してスキャンを開始します。 それはとても簡単です。

トリガーが見つけられない問題を見つける
最適なトリガーですべての異常なイベントが検出されるわけではありません。より強力な機能が必要になる場合があります。 スキャン「モード」はハードウェア トリガーの単純なコピーではないため、ユーティリティと機能ははるかに高くなります。 たとえば、どのオシロスコープにも「周波数」トリガーはありませんが、WaveScan では「周波数」をすばやく「スキャン」できます。 これにより、ユーザーは時間または日ごとに区切られた異常なイベントのデータ セットを蓄積できるため、より迅速なデバッグが可能になります。

高速処理支援分析
複数の取得で使用される場合、WaveScan はデータの高速処理という従来の Teledyne LeCroy の強みに基づいています。 Teledyne LeCroy X-Stream オシロスコープは、何百万ものイベントをすばやくスキャンして異常な発生を探し、他のオシロスコープよりもはるかに高速かつ効率的に実行します。

高度な分析により理解が深まる
ScanHisto および ScanOverlay 機能は、ほとんどの Teledyne LeCroy スコープで利用できます。 見つかったイベントを ScanOverlay ビューにオーバーレイして、イベントをすばやく簡単に比較できます。 さらに、測定ベースのスキャン モード (上記の頻度の例など) により、ScanHistos は検出されたイベントの統計的分布を表示できます。 これらの分析ツールは理解を簡素化し、より迅速なデバッグを可能にします。

ほとんどのオシロスコープで利用可能

モード

エッジ、非単調、ラント、測定 (15 種類)

測定モード

DTime@Level (2 つのエッジ間の時間)、デューティ サイクル、立ち下がり時間 (90 ~ 10%)、立ち下がり時間 (80 ~ 20%)、立ち下がり時間 (ユーザー選択)、周波数、期間、立ち上がり時間 (10 ~ 90%) 、立ち上がり時間 (20 ~ 80%)、立ち上がり時間 (ユーザー選択)、Time@Level (トリガーからエッジまでの時間)、Width Positive、Width Negative、X@max、X@min。 (WaveExpert には TimeIntervalError@Level も含まれます) オシロスコープ用に他のソフトウェア オプションを購入すると、追加のパラメータを使用できる場合があります。

ソース

任意のチャネル、演算、またはメモリ トレース

フィルター方法

なし、より大きい、より小さい、範囲内 ±Delta (値または %)、範囲外 ±Delta (値または %)、定義可能なレア イベントの数。

フィルタの設定

直接設定するか、値±nSigma を設定するか、ScanHisto ビンを選択してフィルターを定義します。

イベント「発見」マーカー

イベントエリアを囲む赤いボックス

トリガーアクションソン機能「見つかった」

なし、ビープ音、取得の停止、波形の保存、パルス AUX 出力、画面イメージの印刷 (保存)、LabNotebook™ への保存

検索

単一の取得 (STOP トリガー) の場合は、モード、ソース、およびフィルターを選択します。 WaveScan は単一の取得を検索し、見つかったイベントを赤いボックスで識別し、ユーザーがスケーリング可能なズーム トレースを作成してイベントをより詳細に表示します。

スキャニング

ハードウェア トリガー条件を作成し、モード、ソース、フィルターを選択します。 WaveScan は各取得をスキャンし、見つかったイベントを赤いボックスで識別し、ユーザーがスケーリング可能なズーム トレースを作成して、イベントをより詳細に表示します。 ユーザーは、トリガーを停止する、または結果を保存するなど、イベントが見つかったときにアクションを実行するように WaveScan を設定できます。 したがって、ソフトウェアの「スキャン」を使用して、ハードウェア トリガー イベントを認定することができます。

オプションで表示されます (ユーザー選択可能)。 setup条件を満たすすべての見つかったイベントのリストを表示します。 リストされたイベントをタッチすると、自動的にズームがそのイベントに集中します。

AnalysisScanHisto(グラム)

オプションで表示されます (ユーザー選択可能)。 すべての検出されたイベントの分布を示す累積ヒストグラム (1000 イベント標準、他のオプション パッケージで最大 2 億) を表示します。

スキャンオーバーレイ

オプションで表示されます (ユーザー選択可能)。 最新の取得で見つかったすべてのイベントの持続性を調整できる累積オーバーレイを表示します。 オーバーレイは、必要に応じてズームおよび配置できます。

製品リソース