製品
ミックスド・シグナル・テストソリューション
製品シリーズイメージ

MS-500-36

250 MHz 最大入力周波数、36 チャンネル、25 Mpts/ch ミックスドシグナルオシロスコープオプション


  • 製品ラインタブ
  • 製品詳細タブ

    ミックスドシグナル・ソリューション


HDA125-09-LBUS - 12.5 GS/s 高速デジタルアナライザ 9ch QuickLinkリードセット、LBUS接続
HDA125-18-LBUS - 12.5 GS/s 高速デジタルアナライザ 18ch QuickLinkリードセット、LBUS接続
HDA125-09-SYNC - 12.5 GS/s 高速デジタルアナライザ 9ch QuickLinkリードセット、SYNC接続
HDA125-18-SYNC - 12.5 GS/s 高速デジタルアナライザ 18ch QuickLinkリードセット、SYNC接続
MS-500-36 - 250 MHz、36 Ch、1 GS/s、25 Mpts/ch(500MHz、18 Ch、2 GS/s、50 Mpts/ch@インターリーブ時)ミックスドシグナルオプション
究極のミックスド・シグナル・オシロスコープ

ミックスド シグナル オシロスコープ (MSO) は、今日の組み込みシステムの設計とデバッグに理想的なツールであり、リアルタイムで発生するアナログ、デジタル、およびシリアル データ信号を つの機器で同時に見る唯一の方法を提供します。 組み込みシステムの設計者は、適切なタイミングとバス トラフィックを確保しながら、マイクロコントローラ、DSP、FPGA、ADC、DAC、トランスデューサなどのデバイスに出入りする信号を表示する必要があります。

比類のないデジタル性能

MS シリーズは、比類のないデジタル パフォーマンスを提供します。 MS-500-36 は、最速のデジタル信号を長時間記録できるように設計されており、最大入力周波数は 500 MHz です。 50歳の長い思い出 Mpts/Ch は、こ​​れらの高速信号を最大 25 GS/秒のサンプリング レートで最大 2 ミリ秒間キャプチャできることを意味します。 この生のパフォーマンスに加えて、MS-500-36 は最大 36 チャネルをサポートします。これはすべての ADDR、DATA、制御ライン、およびシリアル データ バスに十分です。 このため、16 ビットまたは 32 ビットのマイクロコントローラーを備えた組み込みシステムに最適なツールになります。

最高のシリアル データ バスのテスト

シリアル データ バスの監視は、組み込みシステムの設計とテストの主要部分です。 これらのバス上の特定のメッセージをすばやく見つけて分離する機能は、効率的なテストにとって重要です。 デコードされたバス データ用の Teledyne LeCroy 独自の色分けされたオーバーレイと強力で柔軟な条件付きトリガーにより、MS シリーズはシステム内のすべての重要なバス トラフィックをキャプチャし、I2C、SPI、UART、RS-232、および LIN バスからの重要なデータ メッセージを簡単に表示します。

アナログ、デジタル、クロスパターン トリガー

Teledyne LeCroy のオシロスコープには、広範囲のアナログ信号を捕捉することを目的とした広範なトリガ機能が搭載されています。 MS シリーズでは、このトリガーが強化され、アナログ/デジタル クロスパターン トリガー、アナログ/デジタル イベント トリガー、およびアナログ トリガーのソースとして任意のデジタル チャネルを選択する機能が追加されています。

使いやすい測定ツール

カーソルと測定パラメータは、オシロスコープの重要な部分です。 MS シリーズを使用する場合、これらのツールはデジタル チャネルとアナログ チャネルを測定します。 カーソルの読み上げ hexadecimal パラメーターは、 つのデジタル チャネル、 つのデジタル チャネル間、またはアナログとデジタル チャネル間でタイミング測定を行います。

完全な I2C、SPI、UART、RS-232、LIN、CAN、および FlexRay™ シリアル トリガー

組み込みコントローラーの特定のシリアル データ イベントをすばやく簡単に分離して、理解を深め、デバッグを高速化します。 でトリガー条件を設定する binary, hexadecimal (CAN の記号) 形式。 MS-500-36 を使用してシリアル データ バスをキャプチャし、アナログ オシロスコープ チャネルを他の用途に使用できるようにします。 長時間の I2C EEPROM 読み取りの特定の場所にある DATA でトリガーします。 デバッグ プロセスを完全に制御し、より速く終了します。

強力な条件付きデータ トリガー

理解を深めてデバッグするために、特定のメッセージ イベントを完全に分離します。 条件付き I2C、UART、RS-232、または LIN DATA トリガーを使用して、単一の DATA 値だけでなく、トリガーする DATA 値の範囲を選択します。 多くの場合、I2C は DATA バイトを使用して、EEPROM のメモリ位置にアクセスするためのサブアドレスを指定します。 条件付き DATA トリガーにより、EEPROM 内の特定のサブアドレス メモリ ブロックへの読み取りまたは書き込みに対応する DATA バイトの範囲でトリガーできます。 条件付き DATA トリガーは、アナログ デジタル コンバーターなどのセンサーからの DATA 出力の監視や、DATA が安全な動作範囲外の場合のトリガーにも役立ちます。 どちらの場合も、適切な動作を確認するのは簡単な作業になります。

直感的な色分けされたデコード オーバーレイ

高度なソフトウェア アルゴリズムは、波形を次のように分解します。 binary、 進数、または ASCII プロトコル情報を入力し、デコードされたデータを波形に重ねます。 プロトコルのさまざまなセクションは、理解しやすいように色分けされています。 デコード操作は、長時間の取得でも高速です。

表の要約と検索/ズーム

プロトコル情報のテーブル表示を使用して、オシロスコープをプロトコル アナライザに変えます。 テーブルをカスタマイズするか、テーブル データを Excel ファイルにエクスポートします。 表内のメッセージをタップすると、詳細が自動的に拡大されます。 取得で特定のアドレスまたはデータ値を検索します。

 

MS-500-36