製品
ミックスド・シグナル・テストソリューション
製品シリーズイメージ

LabMaster 10 Zi-A 59 GHz システム

59 GHz、160 GS/s、64 Mpts/Ch デジタル帯域幅インターリーブ捕捉モジュール、50Ω入力。36 GHz、80 GS/s、4ch、32 Mpts/Chモードでも動作


  • 製品ラインタブ
  • 「仕様」タブ

    LabMasterアクイジション・モジュール


LabMaster 10Zi-Aオシロスコープ
LabMaster 10-20Zi-A - 20GHz、80GS/s、4ch、32 Mpts/Ch LabMaster 収集モジュール、50 Ω入力
LabMaster 10-25Zi-A - 25GHz、80GS/s、4ch、32 Mpts/Ch LabMaster 収集モジュール、50 Ω入力
LabMaster 10-30Zi-A - 30GHz、80GS/s、4ch、32 Mpts/Ch LabMaster 収集モジュール、50 Ω入力
LabMaster 10-36Zi-A - 36GHz、80GS/s、4ch、32 Mpts/Ch LabMaster スレーブ取得モジュール、50 Ω入力
LabMaster 10-50Zi-A - 50 GHz、160 GS/秒、64 Mpts/Ch デジタル帯域幅インターリーブ取得モジュール、50 Ω 入力 36 GHz、80 GS/s、4ch、32 でも動作 Mpts/Chモード。 限定供給品
LabMaster 10-59Zi-A - 59 GHz、160 GS/秒、64 Mpts/Ch デジタル帯域幅インターリーブ取得モジュール、50 Ω 入力 36 GHz、80 GS/s、4ch、32 でも動作 Mpts/Chモード。 限定供給品
LabMaster 10-65Zi-A - 65 GHz、160 GS/秒、64 Mpts/Ch デジタル帯域幅インターリーブ取得モジュール、50 オーム入力。 36GHz、80GS/s、4ch、32GHzでも動作 Mpts/Chモード。 限定供給品

垂直軸-アナログチャンネル

アナログ帯域幅(最大) 59 GHz
帯域幅 59 GHz
アナログ帯域幅 @ 50 Ω (-3 dB) (1.85mm 入力) 59 GHz
(≥10mV/ div)
アナログ帯域幅 @ 50 Ω (-3 dB) (2.4/2.92mm 入力) 36 GHz
(≥5mV/ div)
立ち上がり時間(10-90%、50Ω) 6.9 ps
(試験限界、flatness モード)
立ち上がり時間(20-80%、50Ω) 5.2 ps
(flatness モード)
入力チャンネル 選択した構成に応じて、最大 40。
最大 80 @ 36 GHz。
入力チャンネル 最大40 @ 65 GHz、
最大80 @ 36 GHz
分解能 8ビット
分解能 8 ビット; 分解能拡張(ERES)で最大 11 ビット
感度 50 Ω (2.92mm): 5 mV ~ 500mV/div、フル可変 (ズームにより 5 ~ 9.9 mV/div)
50Ω(1.85mm):10mV~80mV/div、フル可変。 外部アッテネータを使用することで、より高いゲイン設定が可能になります。
DC垂直ゲイン精度(DC精度のゲインコンポーネント) ±1% FS (代表値)、0V でのオフセット。 ±1.5% FS (テスト限界)、0V でのオフセット
チャネル-チャネル分離 DC ~ 36 GHz: 60 dB (>1000:1)
(任意の 2.92 つの mm 入力チャネル、同じまたは異なる v/div 設定、標準)
36 ~ 65 GHz: 40 dB (>100:1)
(任意の 1.85 つの mm 入力チャネル、同じまたは異なる v/div 設定、標準)
オフセット範囲 50Ω(1.85mm):
±500mV @ 10~80mV/div
50Ω(2.92mm):
±500mV @ 5~75mV/div
±4V @ 76mV/div -500mV/div
DC垂直オフセット精度 ±(オフセット設定の 1.5% + 1.5% FS + 1 mV) (テスト限界)
最大入力電圧 2.92 mm 入力: ±2 Vmax@<76mV/div、5.5Vrms@≥76mV/div
1.85 mm 入力: ±2 Vmax@≤80mV/div
入力カップリング 2.92 mm 入力: 50 Ω: DC、GND
1.85 mm 入力: 50 Ω: DC
入力インピーダンス 2.92mm 入力: 50 Ω+/-2%
1.85mm 入力: 50 Ω+/-2%
帯域幅制限 ≤ 36 GHz モードの場合: 1、3、4、6、8、13、16、20、25、30、33 GHz。
> 36 GHz モードの場合: 50、60 GHz。
リスケーリング 長さ:メートル、インチ、フィート、ヤード、マイル; 質量:グラム、ナメクジ; 温度:摂氏、華氏、ケルビン; 角度:ラジアン、arcdegr、arcmin、arcsec、サイクル、回転、回転; 速度:m / s、in / s、ft / s、yd / s、miles / s; 加速度:m / s2、in / s2、ft / s2、g0; 容量:リットル、立方メートル、立方インチ、立方フィート、立方ヤード; 力(重量):ニュートン、穀物、オンス、ポンド; 圧力:パスカル、バール、大気(技術)、大気(標準)、トル、psi; 電気:ボルト、アンペア、ワット、ボルトアンペア、無効ボルトアンペア、ファラッド、クーロン、オーム、シーメン、ボルト/メーター、クーロン/ m2、ファラード/メーター、シーメン/メーター、電力係数; 磁気:ウェーバー、テスラ、ヘンリー、アンペア/メーター、ヘンリー/メーター; エネルギー:ジュール、Btu、カロリー; 回転機:ラジアン/秒、周波数、回転/秒、回転/分、N・m、lb-ft、lb-in、oz-in、ワット、馬力; 他の: %。
 

時間軸-アナログチャンネル

タイムベース すべての入力チャネルに共通の 10 GHz クロック周波数の内部タイムベース。 すべてのチャネルに単一の、分配された10 GHz クロックを使用することで、単体の従来オシロスコープ パッケージ内で提供されるものと同じ、すべてのチャネル間のタイミング精度との正確な同期が保証されます。
Time/div 範囲 >36 GHz モードの場合: 10 ps/div ~ 320 µs/div (最大キャプチャ時間は 160 GS/s と搭載メモリに基づく)。
≤36 GHz モードの場合: 10 ps/div-256 s/div (最大キャプチャ時間は、200kS/s の最小サンプル レートと搭載メモリに基づきます)。
クロック精度 <0.1 ppm + (最後の校正から 0.05 ppm/年のエージング)
サンプルクロックジッタ 最大3.2 msの捕捉時間範囲:
50fsrms(内部タイムベースリファレンス)
50 fsrms (外部タイムベース基準)
最大6.4 msの捕捉時間範囲:
130fsrms(内部タイムベースリファレンス)
130 fsrms (外部タイムベース基準)
デルタ時間測定の精度 \ sqrt {2} * \ sqrt {(\ frac {Noise} {SlewRate})^ 2 +(サンプルクロックジッター)^ 2)(RMS)+(クロック精度*読み取り)(秒)
ジッタ測定フロア \ sqrt {(\ frac {Noise} {SlewRate})^ 2 +(サンプルクロックジッター)^ 2 \; 秒\; rms \; (ネクタイ)}
チャネル間ジッタ <130fsrms
(TIE、代表値、最大帯域幅で測定)
チャネル-チャネルデスキュー範囲 ±9× time/div. 設定または最大 25 ns。 (どちらか大きい方)、各チャンネル
外部タイムベースリファレンス(入力) 10 MHz または 100 MHz; 50 Ω インピーダンス、MCM-Zi-A マスター コントロール モジュールのリア入力に適用
外部タイムベースリファレンス(出力) 10 MHz または 100 MHz ; 50 Ω インピーダンス、MCM-Zi-A マスター コントロール モジュールの背面に出力
 

波形捕捉-アナログチャンネル

サンプリング速度 80 GS/s(4 Ch時)
160 GS/s(2 Ch時)
最大捕捉メモリ 1024 Mpts/Ch(2 Ch時)
サンプリング速度(シングルショット) >160 GHz モードで各チャネルで 36 GS/s。
≤80 GHz モードで各チャネルで 36 GS/s。
メモリ長(4 Ch / 2 Ch / 1Ch)
(セグメント数)
64M / 64M / 64M
(≤36 GHz モードでは、36 GHz の参照メモリ仕様 LabMasters)
(1000)
メモリ長オプション(4 Ch / 2 Ch / 1Ch)
(セグメント数)
S-32 オプション:
64M / 64M / 64M
(3,500)
M-64 オプション:
128M / 128M / 128M
(7,500)
L-128 オプション:
256M / 256M / 256M
(15,000)
VL-256 オプション:
512M / 512M / 512M
(15,000)
XL-512 オプション:
1024M / 1024M / 1024M
(15,000)
(≤36 GHz モードでは、メモリの仕様を参照してください。 LabMaster 10 Zi-A 36 GHz システム)
セグメント間時間 1μs
アベレージ 加算平均 最大1Mスイープ;連続平均 最大 1Mスイープ
分解能拡張(ERES) 8.5〜11 ビットの垂直分解能
エンベローブ(極値) エンベロープ、フロア、またはルーフ 最大1Mスイープまで
補間 直線またはSinx/x
 

トリガシステム

モード ノーマル、オート、シングル、およびストップ
ソース 任意の Ch 1-4 (エッジ、ウィンドウ、SMART、カスケード トリガ)、AUX、内部 Fast Edge。 または、追加の 10-xxZi-A 捕捉モジュール (チャンネル 5 以上) の任意の入力チャンネル (エッジ トリガのみ)。
ライントリガを除く各ソースに固有のスロープとレベル。
カップリング DC、AC、HFRej、LFRej
プリトリガ遅延 メモリ サイズの 0-100% (1% または 100 ns単位で調整可能)
ポストトリガ遅延 リアルタイム モードで 0 ~ 10,000 div、遅い時間/div 設定で制限
ホールドオフ 2nsから20sまで、または1から99,999,999イベントまで
トリガと補間ジッタ <0.1 ps rms (標準、ソフトウェア支援)、2 ps rms (標準、ハードウェア)、
内部トリガレベル範囲 センターから±4.1div
外部トリガレベル範囲 すべてのLabMaster 10xx-Zi-A 捕捉モジュール: Aux (±0.4 V)
(Ch1-4 捕捉モジュールのみAUX 入力が使用できます)
最大トリガ レート 1,000,000波形/秒(シーケンスモードでは、最大4チャネル)
エッジトリガによるトリガ感度 (1.85/2.4/2.92mm 入力) LabMaster 1 Zi-A システムのCh 80-10に対して:
3 div @ < 12 GHz
1.5 div @ < 3 GHz
1.0div @ < 200MHz
(DC カップリングの場合、≧ 10 mV/div、50 Ω)
エッジトリガによるトリガ感度(Aux入力) LabMaster 1xx-Zi-A 捕捉モジュールのCh 4-10モジュールのみ:
2 div @ < 1 GHz、
1.5 div @ < 500 MHz、
1.0 div @ < 200 MHz、
(DCカップリング用)
最大トリガ頻度、SMARTトリガー LabMaster 1xx-Zi-A 捕捉モジュールのCh 4-10モジュールのみ:
2.0 GHz @ ≥ 10 mV/div (最小トリガ可能幅 200 ps)
 

トリガタイプ

エッジ(Edge) 信号がスロープ(正、負、またはいずれか)およびレベル条件を満たしたときにトリガ。
幅(Width) 200ps から 20 s までの幅を選択できる正、負、または両方の幅、または断続的な障害でトリガします。
グリッチ 幅が 200ps から 20 s まで選択可能な正または負のグリッチ、または断続的な障害でトリガします。
ウィンドウ 信号が調整可能なしきい値で定義されたウィンドウを出るとトリガされます
パターン 5つの入力(4つのチャネルと外部トリガ入力)の論理積(AND、NAND、OR、NOR)。 各ソースは、高、低、または気にしないことができます。 高レベルと低レベルは個別に選択できます。 パターンの開始時または終了時にトリガします。
ラント 2の電圧制限と2つの時間制限によって定義される正または負のラントでトリガします。 1 nsから 20 nsの間で選択します。
スルーレート エッジレートでトリガします。 dV、dt、および勾配の制限を選択します。 1 ns〜20nsのエッジ制限を選択します。
インターバル 1nsから20sの間で選択可能な間隔でトリガします。
ドロップアウト 信号が1nsから20sの間の選択された時間より長くドロップアウトした場合にトリガします。
計測トリガ 多数の計測パラメータから選択して、制限付きの計測値でトリガします。 カスケード トリガの唯一のトリガまたは最後のイベントとして使用できます。
マルチステージ:認定済み(タイムアウトまたは状態/エッジ認定済み) 定義された状態またはエッジが別の入力ソースで発生した場合にのみ、任意の入力ソースでトリガします。 ソース間のホールドオフは、時間またはイベントによって選択可能です。
除外テクノロジによるトリガ 予期される動作を指定し、その条件が満たされない場合にトリガすることにより、断続的な障害をトリガします。
マルチステージ:Qualified First シーケンス捕捉モードでは、捕捉の最初のセグメントで定義されたパターン、状態、またはエッジ(イベントA)が満たされた場合にのみ、イベントBで繰り返しトリガします。 ソース間のホールドオフは、時間またはイベントによって選択できます。
マルチステージ:カスケード(シーケンス)トリガ、機能 「A」イベントでアームし、次に「B」イベントでトリガーします。 または、「A」イベントでアームし、次に「B」イベントで予選を行い、「C」イベントでトリガーします。
マルチステージ:カスケード(シーケンス)トリガ、タイプ カスケードA、次にB:エッジ、ウィンドウ、パターン(ロジック)幅、グリッチ、間隔、ドロップアウト、または測定。 測定はステージBでのみ行うことができます。
カスケードA、B、C(測定):エッジ、ウィンドウ、パターン(ロジック)、幅、グリッチ、間隔、ドロップアウト、または測定。 測定はステージCでのみ行うことができます。
カスケードA、B、C:エッジ、ウィンドウ、パターン(ロジック)
マルチステージ:カスケード(シーケンス)トリガ、ホールドオフ AとBまたはBとCの間のホールドオフは、時間またはイベントの数によって選択できます。
カスケードの最後のステージとして測定トリガを選択すると、前のステージと最後のステージの間のホールドオフ設定ができなくなります。
 

高速シリアルプロトコルトリガ

データレート オプション LM10Zi-6GBIT-80B-SYMBOL-TD: 600 Mb/s ~ 6.5 Gb/s、チャンネル 4 入力のみ
オプション LM10Zi-14GBIT-80B-SYMBOL-TD: 600 Mb/s ~ 14.1 Gb/s、チャネル 4 入力のみ
(注: オシロスコープが 3 GHz 以上のモードの場合、チャネル 25 入力はトリガー用の信号をキャプチャします)
パターン長 80 ビット NRZ、8 つの 10b/64b シンボル、66b/b シンボル
 

表示システム

サイズ On LabMaster MCM-Zi マスター コントロール モジュール: カラー 15.3 インチ フラット パネル TFT アクティブ マトリックス LCD、高解像度タッチ スクリーン付き
分解能 WXGA; 1280 x768ピクセル
トレース数 最大 40 つのトレースを表示。 チャネル、ズーム、メモリ、および演算トレースを同時表示。
グリッドスタイル 自動、シングル、デュアル、トリプル、クワッド、オクタル、XY、シングル + XY、デュアル + XY、、。 一部のソフトウェア オプションで最大 のグリッドを使用できます。
波形表現 結合されたサンプルドット、またはサンプルドットのみ
 

統合されたセカンドディスプレイ

サイズ 分割グリッド機能を備えたユーザー提供のセカンド ディスプレイのタッチ スクリーン統合をサポートします。
(注: セカンド ディスプレイ用のタッチ スクリーン ドライバに富士通ドライバを使用するとコンフリクトする場合があります)
分解能 ユーザーが選択したディスプレイによって決定
 

LeCroyWaveStream™高速表示モード

操作 WaveStream ON (アナログ)、ON (カラー)、OFF をフロントパネルで切り替え
256 強度レベル、1-100% フロントパネルコントロールで調整可能
種類 アナログまたはカラーグレーディングを選択
チャネル数 同時に80つまで
最大サンプリング速度 160GS / s
パーシスタンスエイジング 500ms~無限から選択
波形/秒 (連続) 最大 2500 波形/秒
 

重ね書き(パーシスタンス)表示

アナログおよびカラーグレード パーシスタンス 可変飽和レベル; 各トレースのパーシスタンス データをメモリに保存
パーシスタンス種類 アナログ、カラー、または3Dを選択
トレース選択 トレースのすべてまたは任意の組み合わせでパーシスタンスをアクティブ化
パーシスタンスエイジング 500ミリ秒から無限大まで選択
スイープ表示モード すべてを蓄積、または最後のトレースが強調表示+すべてを蓄積
 

高速デジタイザ出力(オプション)

種類 オプション LSIB-2。 インストール LabMaster MCM-Zi マスター コントロール モジュールであり、通常は つの使用可能な PCIe スロットを使用します。 LabMaster 10-xxZi 捕捉モジュール。
転送速度 最大 325 MB/秒 (標準) - 最大 4 チャネル (4 チャネル以上については Teledyne LeCroy にお問い合わせください)
出力プロトコル PCI Express、Gen 1 (データ転送に4 レーン使用)
制御プロトコル TCP / IP
コマンドセット Windows Automation経由、またはLeCroyリモートコマンドセット経由
 

ズーム拡大トレース

ズーム拡大トレース 最大12個のズームおよび12個の演算/ズームトレースを表示
 

内部波形メモリ

内部波形メモリ 12つのアクティブな波形メモリトレース(M1-M12)は、16ビット/ポイントの全長波形を保存します。 波形は、データストレージメディアの容量によってのみ制限される任意の数のファイルに保存できます。
 

ストレージのセットアップ

フロントパネルと機器のステータス 内蔵ハードドライブ、ネットワーク経由、またはUSB接続の周辺機器に保存します。
 

自動セットアップ

自動セットアップ タイムベース、トリガ、感度を自動的に設定して、様々な反復信号を表示します
垂直スケールを見つける 選択したチャネルの垂直感度とオフセットを自動的に設定して、最大ダイナミックレンジの波形を表示します
 

キャリブレーション

自動キャリブレーション 指定されたDCとタイミング精度が最低1年間維持されることを保証します。
 

プロセッサー/ CPU

プロセッサメモリ 標準で32GB。 オプションで最大192GBまで利用可能。
オペレーティングシステム MicrosoftWindows®10
オシロスコープのオペレーティングソフトウェア テレダインレクロイMAUI™とOneTouch
リアルタイムクロック ハードコピーファイルの波形とともに表示される日付と時刻。 高精度の内部クロックに同期するためのSNTPサポート。
 

接続性

イーサネットポート 10/100 / 1000BaseTイーサネットインターフェイス(RJ45ポート)をサポート
USBホストポート LabMaster MCM-Zi -A マスター コントロール モジュール: Windows 互換デバイスをサポートするために、ユニットの背面に少なくとも合計 2 つの USB 2.0 ポート
LabMaster MCM-Zi -A マスター コントロール モジュール: Windows 互換デバイスをサポートするために、ユニットの前面に少なくとも合計 3 つの USB 2.0 ポート
GPIBポート(オプション) IEEE - 488.2 をサポート。 インストール LabMaster MCM-Zi マスター コントロール モジュールであり、通常は つの使用可能な PCIe スロットを使用します。 LabMaster 10-xxZi 捕捉モジュール。
外部モニタポート デュアル リンク DVI 互換性により、MCM-Zi マスター コントロール モジュール (1280 x 768 ピクセル解像度) の内部ディスプレイと、拡張デスクトップ モードを使用する最大 WQXGA (2560 x 1600 ピクセル) 解像度のユーザー所有のモニタをサポートします。
リモートコントロール Windows Automation経由、またはLeCroyリモートコマンドセット経由
ネットワーク通信規格 VXI-11またはVICP、LXIクラスC(v1.2)準拠
LSIBポート(オプション) LeCroy が提供する API で PCIe Gen1 x4 プロトコルをサポートします。 インストール LabMaster LabMaster MCM-Zi-A マスター コントロール モジュールであり、通常、 LabMaster 10-xxZi-A 捕捉モジュール。
 

補助入力

信号タイプ 外部トリガ入力用。 すべての LabMaster 10-xxZi-A 捕捉モジュール (フロントパネル BNC、50 Ω) に装備。 10-xxZi-A 捕捉モジュールのうち、Ch 1-4 に使用されるモジュールのみAUX Inを使用できます。
カップリング 50Ω:DC
マックス。 入力電圧 5Vrms
 

補助出力

信号タイプ キャリブレータ、制御信号、またはオフから選択
出力信号 500 Hz ~ 5 MHz 方形波または DC レベル。 0.0 ~ 500 mV、50 Ω (0 ~ 1 V、1 MΩ)
制御信号 トリガ有効、トリガアウト、合否判定ステータス、オフ
コネクタ タイプ すべての LabMaster 10-xxZi 捕捉モジュール(フロントパネル BNC)に装備。10-xxZi-A 捕捉モジュールのうち、Ch 1-4 に使用されるモジュールのみAUX Outを使用できます。
 

プローブ

プローブ パッシブプローブは提供されていません
プローブシステム 最大 36 GHz 入力: 2.92mm インターフェース。
最大 65 GHz 入力: 1.85mm インターフェース
2.92mm インターフェースは、互換性のあるさまざまなプローブを自動的に検出してサポートします。
L2.92A-PLINK または L2.92A-PBUS 2.92mm プローブ アダプタを使用して、50Ω ProLink または ProBus 互換プローブを 2.92mm インターフェイスに接続します。
スケールファクタ 使用するプローブに応じて自動または手動で選択
キャリブレーション出力 MCM-Zi-A マスター コントロール モジュール: 高速エッジ出力、5MHz 方形波、350mVp-p (標準)、50ps 立ち上がり時間、SMA コネクタへの出力、AC 結合
 

電源要件

電圧 LabMaster 10-xxZi 捕捉モジュール: 100-240 VAC ±10%、45-66 Hz; 100-120 VAC ±10% (380-420 Hz); 自動 AC 電圧選択、設置カテゴリ II
LabMaster MCM-Zi マスター制御モジュール: 100-240 VAC ±10% (45-66 Hz)。 自動AC電圧選択、設置カテゴリーII
最大 消費電力 LabMaster 10-xxZi-A 捕捉モジュール - 1275 W / 1275 VA。
LabMaster MCM-Zi-A マスター コントロール モジュール - 450 W / 450 VA。
各モジュールと CPU には個別の電源コードがあります。
 

認定証

認定証 CE 準拠、UL および cUL 認定済み。 EN 61326、EN 61010-1、EN61010-2-030、UL 61010-1 第 3 版、および CSA C22.2 No. 61010-1-12 に準拠
 

環境

温度(動作時) + 5°C〜+ 40°C
温度(非動作時) -20°C〜+ 60°C
湿度(動作時) 5%~80% RH ~+31℃(結露なきこと)
上限は50% RH@+40℃まで低下(結露なきこと)
湿度(非動作時) 5%~95% RH(結露なきこと) MIL-PRF-28800F準拠でテスト
高度(動作時) 最大 10,000 ft. (3048 m) @+25℃以下
高度(非動作時) 最大40,000フィート(12,192 m)
ランダム振動(動作中) 0.5 grms 5 Hz〜500 Hz、15つの直交軸のそれぞれで分
ランダム振動(非動作時) 2.4 grms 5 Hz〜500 Hz、15つの直交軸のそれぞれで分
機能的ショック 20 gピーク、ハーフサイン、11 msパルス、3つの直交軸のそれぞれに18つのショック(正と負)、合計のショック
 

サイズと重量

寸法(HWD) LabMaster MCM-Zi-A マスター コントロール モジュール - 高さ 10.9 インチ x 幅 18.2 インチ x 奥行き 15.6 インチ (277 x 462 x 396 mm)、
LabMaster 10-xxZi-A 捕捉モジュール - 高さ 8.0 インチ x 幅 18.2 インチ x 奥行き 26 インチ (202 x 462 x 660 mm)
重量 LabMaster 10-xxZi-A 捕捉モジュール -58 ポンド。 (26.4kg)
LabMaster MCM-Zi-A マスター コントロール モジュール - 47 ポンド。 (21.4kg)、
積み込み重量 LabMaster 10-xxZi-A 捕捉モジュール -76 ポンド。 (34.5kg)
LabMaster MCM-Zi-A マスター コントロール モジュール - 56 ポンド。 (25.5kg)
 

保証とサービス

保証とサービス 3年保証。 校正は一年ごとに推奨。
オプションのサービスプログラムには、延長保証、アップグレード、および校正サービスが含まれます。
 

LabMaster 10 Zi-A 59 GHz システム