製品
ミックスド・シグナル・テストソリューション
製品シリーズイメージ

HDA125-09-LBUS

HDA125は、テレダイン・レクロイ製オシロスコープを、高速デジタルデバッグおよび評価のための最も高性能かつ最も柔軟なミックスド・シグナルソリューションにします。12.5 GS/sのデジタルサンプリングレート、 18の入力チャネルを備え、デジタルから高帯域アナログ波形捕捉へのシームレスな切り替えを可能にする革新的なQuickLinkプロービングソリューションにより、DDR4などの困難なインタフェースの検証が、これまでになく簡単かつ包括的に行うことができるようになりました。


  • 製品ラインタブ
  • 製品詳細タブ

    ミックスドシグナル・ソリューション


HDA125-09-LBUS - 12.5 GS/s 高速デジタルアナライザ 9ch QuickLinkリードセット、LBUS接続
HDA125-18-LBUS - 12.5 GS/s 高速デジタルアナライザ 18ch QuickLinkリードセット、LBUS接続
HDA125-09-SYNC - 12.5 GS/s 高速デジタルアナライザ 9ch QuickLinkリードセット、SYNC接続
HDA125-18-SYNC - 12.5 GS/s 高速デジタルアナライザ 18ch QuickLinkリードセット、SYNC接続
MS-500-36 - 250 MHz、36 Ch、1 GS/s、25 Mpts/ch(500MHz、18 Ch、2 GS/s、50 Mpts/ch@インターリーブ時)ミックスドシグナルオプション
主な機能
  • サンプリング速度 12.5 GS/s、タイミング精度 80ps
  • 3 GHzリードセットで最大6 Gb/sのデジタル信号をキャプチャ
  • テレダイン・レクロイ広帯域オシロスコープに高速ミックスドシグナル機能を追加
  • 中帯域および広帯域オシロスコープ(WaveMaster 8Ziファミリ、WavePro 7Ziファミリ、およびWaveRunner 6Zi)用のテレダイン・レクロイLBUSを介した正確なタイミング同期
  • USB3.1による高速データ転送
  • 独自の QuickLink プロービング システム
  • 9インチリードの差動ソルダインチップにより、難しいテストポイントへのアクセスを容易に
  • 超低負荷による優れた性能
  • 6 GHz帯域幅のチップは、HDAデジタルリードセットとテレダイン・レクロイ WaveLinkアナログ差動プローブ両方と互換性があり、比類なき波形捕捉の柔軟性を実現


高感度、高速サンプリング

HDA125は、18の入力信号を12.5 GS/sでサンプリングし、最速の信号を正確に特性評価します。 しかし、大切なのはサンプリング速度だけではありません。高速組み込みシステムのテストでは、非常に困難な信号振幅条件が発生することがよくあります。 高速デジタルアナライザは、超低プローブ負荷と業界をリードする電圧感度で、最小信号振幅150 mVの信号を捕捉する、といった困難な課題に対応します。 正確なスレッショルド値設定は、独自のヒステリシス調整機能と、競合するミックスドシグナル機器の3倍のスレッショルド値設定精度によって保証されます。

究極のプロービング柔軟性

QuickLinkプローブチップシステムは、HDA125高速デジタルアナライザシステムとテレダイン・レクロイのアナログ差動プローブ WaveLinkシリーズの両方と互換性があるように新規設計されました。 この互換接続機能により、テスト対象のシステムに必要なすべてのテストポイントにQuickLinkチップを配置し、必要に応じてデジタルとアナログ波形捕捉システムを入れ替えることができます。

捕捉の同期とクロストリガ

HDA125は、LBUSまたはChannelSyncインタフェースを使用してテレダイン・レクロイ製オシロスコープに接続し、内蔵型のミックスド・シグナルソリューションと同様のタイムベース精度でデジタルチャネルを捕捉、同期し、トリガできるようにします。 USB 3.1インタフェースを搭載しているので、捕捉したデジタルデータをオシロスコープに高速転送できます。また、外部モジュールとして設計されており、既存の測定器間でデジタル波形捕捉機能を共有することが可能で、投資した資産をより有効に活用できます。

完全なインタフェース可視化のためのDDRコマンドバス捕捉機能

組み込みDDRインタフェースの基本的なデバッグと検証には、通常、クロック、データ(DQ)、ストローブ(DQS)信号のアナログ特性の解析が含まれます。テレダイン・レクロイのDDR解析ツールは、このアプリケーションで業界をリードしてきました。しかし、検証タスクが複雑になり、問題がより深い洞察を必要とする場合、DDRコマンドバスの状態をトリガ、捕捉、視覚化する機能が非常に重要です。 HDA125は、テレダイン・レクロイのすでに包括的なツールセットにDDRインターフェースのコマンドバス捕捉機能追加し、究極のメモリバス解析機能を提供します。

DDRバスアクティビティを解析

HDA125は、DDRデバッグ・ツールキットの独自の”バスビュー”機能を有効にします。これにより、テレダイン・レクロイの高度なバス解析機能セットがDDR解析に追加されます。 バス動作をテーブル形式で表示し、ボタンを押すだけで時間相関のあるビューを目的のイベントに移動できます。 捕捉したレコード内の特定のイベントとバスの状態を検索します。 直感的なカラーオーバーレイと注釈により、捕捉したアナログ波形の関心ある領域を簡単に識別できます。

DDRコマンドトリガ

コマンドバスの特定ステートでトリガする機能は、DDR信号品質をすばやく理解するための非常に貴重なツールになります。 HDA125のロジックトリガは、DDRデバッグ・ツールキットの直感的なセットアップとインテリジェントなソフトウェアクロストリガを組み合わせて、究極のDDRトリガシステムを提供します。ReadバーストとWriteバーストのパーシスタンスマップは、さらなる検証のための微妙な信号品質の問題を特定するための簡単で高速な手段を提供します。

HDA125-09-LBUS