製品
ソフトウェアオプション

AudioBus-I2S

テレダインのSerialAudioBusトリガ、デコード、およびグラフパッケージは、デジタルオーディオバスを適切に解析およびデバッグするために必要なすべてのツールを提供します。 テレダイン・レクロイのソリューションは、オーディオバス規格のI2S、LJ、RJ、およびTDMのバリエーションに対応しています。

AudioBus の詳細 - I2S 下矢印
商品タイトル画像
  • 製品ラインタブ
  • 「概要」タブ
  • 互換性タブ

I2C

主な機能

  • サポート:
    • IC 間サウンド (I2S)
    • 左詰め (LJ)
    • 右詰め (RJ)
    • 時分割多重 (TDM)
  • デジタルオーディオのシリアルデータをアナログ波形で表示
  • 六角、 Binary, Decimal、および dB デコーディング
  • 波形に重ねられた色分けされたデコードは直感的で読みやすい
  • 強力で柔軟な条件付き DATA トリガー (=、<、<=、>、>=、<>、範囲内、範囲外)
  • グリッチ、クリップ、ミュートでトリガー
  • タイムベースを調整またはズームすると、デコード情報が拡張されます
  • 便利なテーブルには最大 4 つのチャネルが表示され、「メッセージにズーム」機能がすぐに使用できます
  • 特定のメッセージのクイック検索機能
  • 右チャンネルと左チャンネルの両方を含む最大 4 つの同時トレースをデコード
  • デコードでは、クロック トレースを表示する必要はありません

Teledyne LeCroy の Serial AudioBus トリガ、デコード、およびグラフ パッケージは、デジタル オーディオ バスを適切に分析およびデバッグするために必要なすべてのツールを提供します。 Teledyne LeCroy のソリューションは、I2オーディオ バス規格の S、LJ、RJ、および TDM バリエーション。

オーディオ波形を表示する

Teledyne LeCroy の Audiobus デコードは、デジタル エンコードされたシリアル データ オーディオ信号をアナログ波形表示に変換する独自の View Audio 機能を有効にします。 これにより、オーディオ回路でクリッピング、グリッチ、およびその他の異常を引き起こす回路の問題を直感的に理解できます。 また、デジタル信号処理 (DSP) の前にオーディオ信号の効果を示すのにも役立ちます。 View Audio は、従来の Left/Right オーディオ、またはホーム シネマ アプリケーション (時分割多重オーディオ バスによって有効化) 用に、最大4つのオーディオ チャネルに対して実行できます。

最も直感的なデコード

Audiobus は、プロトコル デコードのさまざまなセクションで色分けされたオーバーレイを使用して、わかりやすいビジュアル表示を実現します。 この Teledyne LeCroy 独自の機能は、経験豊富なオーディオ エンジニアにとって直感的であり、特に I2S、LJ、RJ、または TDM Audiobus 規格に慣れていないユーザーにとっては便利です。 デコード情報は、タイムベース/ズーム比の設定に応じて圧縮または拡張されるため、日常的な検証と複雑なトラブルシューティングの両方が簡素化されます。 Hexにデコードすることを選択し、 Binary, Decimal、または dB 形式。

強力な条件付きデータ トリガー

Audiobus トリガーは、I2S、LJ、または RJ バリアント用に構成できます。 強力な条件付きトリガーは、左または右のチャネル データに適用できます。また、ミュート、クリップ、グリッチなどの独自のトリガーは、デコードされたデータのみを表示するだけでは簡単に検出できないまれな問題を特定するのに役立ちます。

柔軟なトリガー

Audiobus トリガーは、I2S、LJ、または RJ バリアント用に構成できます。 強力な条件付きトリガーは、左または右のチャンネル データに適用できます。ミュート、クリップ、グリッチなどの独自のトリガーは、デコードされたデータのみを表示するだけでは簡単に検出できないまれな問題を特定するのに役立ちます。

結果をまとめた便利な表表示

プロトコル情報のテーブル表示を使用して、オシロスコープをプロトコル アナライザに変えます。 必要な情報のみを表示するようにテーブルをカスタム構成し、テーブル データを Excel ファイルにエクスポートします。 表内のメッセージをタッチすると、詳細が自動的にズームされます。 いずれの場合も、テーブルが波形データを覆い隠すことはありません。

検索とズーム

メッセージまたはパターンを検索することにより、Audiobus メッセージをすばやく見つけることができます。 矢印ボタンを押すと、現在のメッセージの右または左に つのメッセージをズームした単一のメッセージ ビューが進みます。

仕様
AudioBus TD AudioBus TDG 
定義 
プロトコルの設定

DATA MSB または LSB を選択 (TDM のみ) 長さを選択 (8、12、16、18、20、24、28、または 32 ビット)それだけ)

システム ビット クロックの極性
立ち上がり (1) または立ち下がり (0) エッジでデータ ラッチを選択します。

ワードセレクト(フレームシンク)
ワード長 (8、12、16、18、20、24、または 32 ビット長) またはビット長 (1 ビット長) を選択します。 フレーム開始 (高または低) を選択します。正当化)、または ビット早く (I2さ))

また、I を選択することもできます2S、左詰め、右詰め、または TDM のデフォルト設定。 

DATA MSB または LSB を選択します (TDM のみ) 長さ (8、12、16、18、20、24、28、または 32 ビット) を選択します Justification を選択します (フレーム同期の遷移に関して左または右詰め) Start を選択しますビット (TDM のみ)

システム ビット クロックの極性
立ち上がり (1) または立ち下がり (0) エッジでデータ ラッチを選択します。

ワードセレクト(フレームシンク)
ワード長 (8、12、16、18、20、24、または 32 ビット長) またはビット長 (1 ビット長) を選択します。 フレーム開始 (高または低) を選択します。正当化)、または ビット早く (I2さ))

また、I を選択することもできます2S、左詰め、右詰め、または TDM のデフォルト設定。 

オーディオ波形を表示 
フォーマットNA 私にとって2S、LJ、RJ:
左、右、または両方のアナログチャンネルを表示
TDM モードの場合:
チャンネル 1 ~ 8 を表示 
デコード機能 
フォーマットHexadecimal, Binary, Decimal、デシベル。 Hexadecimal, Binary, Decimal、デシベル。 
 デコード設定  しきい値の定義が必要です。 デフォルトはパーセント振幅です。 しきい値の定義が必要です。 デフォルトはパーセント振幅です。 
 デコード入力  任意のアナログ チャネル、デジタル チャネル (MS-250 または MS-500)、メモリまたは演算トレース。 クロックおよび/または FrameSync/Word Select チャネルがオフになっていても、データはデコードされます (画面の乱雑さを軽減します)。 任意のアナログ チャネル、デジタル チャネル (MS-250 または MS-500)、メモリまたは演算トレース。
クロックおよび/または FrameSync/Word Select チャネルがオフになっていても、データはデコードされます (画面の乱雑さを軽減します)。 
 デコードされた波形の数  一度に最大 4 つのバスをデコードできます。 さらに、ズームを表示できます (デコードされた情報付き)。 一度に最大 4 つのバスをデコードできます。 さらに、ズームを表示できます (デコードされた情報付き)。 
 会場  グリッド上の DATA 波形に重ねて表示されます。 グリッド上の DATA 波形に重ねて表示されます。 
 視覚教材  右チャンネルと左チャンネルの色分け。 (TDM の場合は Ch 1 ~ 8) デコード情報は、タイムベース設定に基づいてインテリジェントに注釈が付けられます。 右チャンネルと左チャンネルの色分け。 (TDM の場合は Ch 1 ~ 8)
デコード情報は、タイムベース設定に基づいてインテリジェントに注釈が付けられます。 
 トリガー機能 
 フォーマット  Hexadecimal, Binary. Hexadecimal, Binary. 
 トリガー設定  DATA、Clip、Glitch、Mute でトリガー。 DATA、Clip、Glitch、Mute でトリガー。 
 データ条件設定  <=、<、=、>、>=、<>、範囲内、範囲外、どちらでもかまいません。 <=、<、=、>、>=、<>、範囲内、範囲外、どちらでもかまいません。 
 データ設定  Hexadecimal: # データ ビット = 1 ~ 32。
データはニブルで定義できます。
Binary: 0,1 ビット単位で 1 ~ 32 ビットの 4、、または X の任意の組み合わせ。
Hexadecimal: # データ ビット = 1 ~ 32。
データはニブルで定義できます。
Binary: 0,1 ビット単位で 1 ~ 32 ビットの 4、、または X の任意の組み合わせ。
 ビットレート   どれでも。 自動検出。   どれでも。 自動検出。  
 トリガー入力   I2S、LJ、RJ のみ。
任意のアナログまたはデジタル (MS-250 または MS-500) チャネルまたは EXT 入力。 使用可能なアナログ チャネルを節約するために、クロックまたはフレーム同期/ワード選択を EXT に入力することができます。  
 I2S、LJ、RJ のみ。
任意のアナログまたはデジタル (MS-250 または MS-500) チャネルまたは EXT 入力。 使用可能なアナログ チャネルを節約するために、クロックまたはフレーム同期/ワード選択を EXT に入力することができます。  
 トリガーの設計   オシロスコープの内部で、他のオシロスコープのトリガーと同様に設定可能。   オシロスコープの内部で、他のオシロスコープのトリガーと同様に設定可能。  
 検索機能   
 パターン検索   メッセージまたはパターンで検索 hexadecimal フォーマット。   メッセージまたはパターンで検索 hexadecimal フォーマット。  
  オシロスコープ機能   
 対応機種…   TD (Trigger and Decode) Option 完全互換 WaveRunner®Xi/Xi-A、 WaveSurfer®Xs/Xs-A。   TDG (Trigger, Decode and Graph) オプション完全互換 WaveRunner®Xi/Xi-A  

 

WaveSurfer 3000zオシロスコープ

WaveSurfer 3000zオシロスコープ
   もっと詳しく知る
WaveSurfer 4000HD 高分解能オシロスコープ

WaveSurfer HD
   もっと詳しく知る
HDO4000A 高分解能オシロスコープ


   もっと詳しく知る
HDO6000B 高分解能オシロスコープ


   もっと詳しく知る
WaveRunner 8000HD 8チャンネル 高分解能オシロスコープ

WaveRunner 8000HD


   もっと詳しく知る
MDA8000HDモータ・ドライブ・アナライザ

MDA8000HDモータ・ドライブ・アナライザ


   もっと詳しく知る
WavePro HD オシロスコープ

WavePro HD オシロスコープ
   もっと詳しく知る
WaveMaster / SDA / DDA 8 Zi-Bオシロスコープ


   もっと詳しく知る
WaveMaster 8000HD


   もっと詳しく知る
LabMaster 10Zi-Aオシロスコープ


   もっと詳しく知る