製品情報
ソフトウェアオプション

ProtoSync

ProtoSync オプションは、オシロスコープにインストールされている、サポートされている Teledyne LeCroy デコード アノテーション オプション (PCIEbus D、USBbus DME、USB3bus D、USB2bus D、USB2 HSICbus D、SATAbus D、SASbus D、FCbus D) をさらに活用します。

ProtoSync を調べる 下矢印
商品タイトル画像
  • 製品ラインタブ
  • 「概要」タブ
  • 互換性タブ

I2C

ProtoSync は Teledyne LeCroy オシロスコープのオプションで、次のような同時ビューを提供します。

  1. 物理層の波形 (Teledyne LeCroy オシロスコープでキャプチャ)
  2. 注釈オーバーレイのデコード (Teledyne LeCroy オシロスコープに表示)
  3. プロトコル解析ビュー (別のソフトウェア ウィンドウに表示)

ProtoSync は、Teledyne LeCroy のオシロスコープ デコード アノテーション機能を活用して、物理層からトランザクション層まで、完全なプロトコル スタックの同時ビューを提供します。 オシロスコープは取得システムとして機能し、デジタル データをテレダイン レクロイの業界標準プロトコル解析ソフトウェア ツールに渡します。

ProtoSync は、PCI Express や USB 3.x などの動的イコライゼーションをサポートする規格に特に役立ちます。 ダイナミック イコライゼーションは、トレーニング シーケンスが送信機と受信機のパラメーターを通信してリンクを確立するリンク初期化プロセスです。 開発のプレシリコン段階では、プロトコル アナライザ ハードウェアがまだ利用できないか、物理層の問題が蔓延しているため、プロトコル アナライザが目的の分析を提供できない可能性があります。 しかし、アナログ波形と高レベルのプロトコル パケット データの両方が利用可能であり、それらが同期されていれば、見つけにくいダイナミック イコライゼーションの詳細にナビゲートすることができれば、通常、ダイナミック イコライゼーションのデバッグははるかに簡単になります。

さらに、より成熟した標準がますますシステム設計に組み込まれるようになっています。 組み込みシステムは、通常、プロトコル アナライザを便利に接続することを困難にする複雑な接続またはプロービングの課題を提示します。または、組み込みシステム エンジニアがプロトコル アナライザ ツールに精通していない可能性があります。 ただし、オシロスコープを組込みシステムに接続する際の課題は通常、すでにわかっていて解決済みであり、デバッグおよび検証システムのエンジニアはオシロスコープの操作に精通しています。 物理層のオシロスコープ キャプチャをソースとして使用して高度なプロトコル パケット データを表示する機能を提供することにより、複雑な問題をより簡単にデバッグできます。

ProtoSync は Teledyne LeCroy で動作します WaveRunner, WavePro, WaveMaster、 LabMaster オシロスコープ プラットフォーム。

サポートされているシリアル デコーダ:

  • – PCI Express 1.0 ~ 5.0 (最大 4 レーンの Tx/Rx、または 1 レーンの Tx+Rx)
  • – USB4 (Gen2、Gen3)
  • – USB 3.2 (Gen2x2まで)
  • – USB 1.x、2.0
  • – USB2 HSIC
  • – SATA リビジョン 1.0、2.0、3.0
  • – SAS Gen1、2、3
  • – ファイバーチャネル 1、2、4、8GFC

追加リソース

以下にリストされているものより新しいバージョンのプロトコル解析ソフトウェアには、Win 7 SP1 以降が必要です。

  • PCIe - 12.20
  • USB-9.20
  • ファイバーチャネル - 4.45
  • SAS/SATA - 6.08