製品
ソフトウェアオプション

QPHY-MIPI-DPHY-D-PHYコンプライアンスパッケージ

MIPIテストソリューションは、D-PHY バージョン 1.00.00 の MIPI Alliance 仕様に記載されているトランスミッターの物理層テストを実行するためのテレダイン・レクロイ オシロスコープの自動制御を提供します。

QPHY-MIPI-DPHYを見る 下矢印
商品タイトル画像
  • 製品ラインタブ
  • 「概要」タブ
  • 互換性タブ
主な機能
  • D-PHY バージョン 1.00.00 の MIPI Alliance 仕様に準拠
  • 多数のサイクルを測定し、統計結果を報告することで、D-PHY インターフェイスの信頼性を得る最速の方法
  • 連続クロッキングと非連続クロッキングの両方のシステムをサポート
  • 統合された D-PHY、CSI-2、および DSI デコーダー
  • ソフトウェアに含まれる MIPI D-PHY デバッグ ユーティリティを使用してコンプライアンス違反を簡単にデバッグ
  • 完全に注釈が付けられた最悪のケースの測定スクリーンショットがキャプチャされ、レポートに表示されます
  • QualiPHY 自動テスト フレームワークは、接続図、自動オシロスコープ操作、およびレポート生成を提供します
Teledyne LeCroy QPHY-MIPI-DPHY

MIPIテストソリューションは、D-PHY バージョン 1.00.00 の MIPI Alliance 仕様に記載されているトランスミッターの物理層テストを実行するためのテレダイン・レクロイ オシロスコープの自動制御を提供します。

QPHY-MIPI-DPHY コンプライアンス パッケージ

QPHY-MIPI-DPHY により、ユーザーは D-PHY インターフェイスで最高レベルの信頼を得ることができます。 D-PHY 測定は変動性が高いため、多数のサイクルを測定することが重要です。 非常に短い時間で多数のサイクルを測定することにより、ユーザーは測定の真の最大点と最小点を捉えていることをより確信できます。

Teledyne LeCroy QualiPHY プラットフォームは、設定が簡単なユーザー インターフェイスを提供し、カスタム テストと制限の選択を可能にし、接続図をユーザーに表示して適切な接続を確認し、包括的なテスト レポートを生成します。 さらに、QPHY-MIPI-DPHY によってテストされたすべての波形を保存して、簡単に情報を共有したり、後でテストを再実行したりできます。

さらに、QPHY-MIPI-DPHY は、実行中のテストの最悪のケースのインスタンスを表示および記録します。 この最悪のケースのインスタンスはズームされ、コンプライアンス レポートに取り込まれます。

QPHY-MIPI-DPHY は、MIPI D-PHY 信号の自動特性評価に加えて、オシロスコープ内の MIPI D-PHY 信号の強力なデバッグ機能も有効にします。 統合された MIPI D-PHY デバッグ ユーティリティとデコーダは、コンプライアンス違反の根本原因を特定するのに最適な組み合わせです。

QPHY-MIPI-DPHY コンプライアンス パッケージ

現在、MIPI D-PHY 信号に対する公式のコンプライアンス プログラムはありませんが、D-PHY の MIPI アライアンス仕様で指定されている制限に対してデバイスをテストすることを強くお勧めします。

デバッグ目的で、QPHY-MIPI-DPHY は、クロックおよびデータ高速信号のシングルエンドおよび差動アイ ダイアグラムを作成します。 仕様で要求される正式なアイ ダイアグラム テストはありませんが、これらのアイ ダイアグラムを使用すると、クロックおよびデータ ラインの信号品質をすばやく把握できます。

QPHY-MIPI-DPHY コンプライアンス パッケージ

LP テストでは、低電力信号の電気的およびタイミング特性が、必要なコンプライアンス制限内に収まることを確認します。 これらのテストは、エスケープ モード シーケンスで実行されます。 通常、超低電力状態 (ULPS) エントリ コマンドが使用されますが、他のシーケンスも使用できます。

QPHY-MIPI-DPHY コンプライアンス パッケージ

HS テストでは、高速信号の電気的およびタイミング特性が、必要なコンプライアンス制限内に収まることを確認します。 これらのテストは、複数の高速バーストを含むデータ キャプチャに対して実行されます。 これらには、データ信号、クロック信号で実行されるテスト、およびクロックとデータライン間のタイミングパラメータを検証するために実行されるテストが含まれます。

MIPI D-PHY をデバッグするためのツール
  • MIPI D-PHY、CSI-2、および DSI 信号をデコード
  • つの画面でアナログ波形とプロトコル デコードを関連付ける
  • CDR 機能を使用して最大 4 つの差動データ レーンをデコード
  • デコードされたデータを表示 hexadecimal 形式でアーカイブしたプロジェクトを保存します.
  • タイムベースが調整またはズームされると、デコード情報が拡大します
  • クイック「Zoom to byte」機能による便利なテーブル表示
  • 特定のメッセージ パケットのクイック検索機能
  • LP & HS、HS のみ、LP のみのデコードをサポート
  • データとクロックのシングルエンドおよび差動プロービングをサポート
QPHY-MIPI-DPHY コンプライアンス パッケージ

MIPI D-PHY デコードは、強力なシステム レベルのプロトコル デバッグと、信号品質の問題を解決するための理想的なツールです。 D-PHY デコード ソリューションは、独自のツール セットをオシロスコープに追加し、MIPI D-PHY、CSI-2、および DSI 信号の設計とデバッグを簡素化します。

最も直感的なデコード

MIPI D-PHY デコードでは、プロトコルのさまざまなセクションで色分けされたオーバーレイを使用して、視覚的にわかりやすく表示します。 タイムベースまたはズームの量に応じて、デコード情報は圧縮または拡張され、短いまたは長い取得中のイベントをよりよく理解するのに役立ちます。

単一のツールで生産性を向上

D-PHY D ソリューションは、すべての情報を か所に集中させます。 物理層の上にある D-PHY 信号のアプリケーション層を表示すると、バス アナライザではできない独自のビューが提供されます。 振幅およびタイミング測定の完全なスイートを適用して、プロトコル ビューでは明らかにならない可能性がある物理層の問題をデバッグできます。