製品
ソフトウェアオプション

QPHY-10GBase-KR

Teledyne LeCroy QPHY-10GBase-KR ソリューションは、IEEE 10ap 仕様に基づいて 802.3 ギガバイト イーサネット銅線バックプレーンのテストを自動化します。 テスト フレームワークは、ジッタ分離、立ち上がり/立ち下がり時間、送信機イコライゼーション パラメータなどの一般的かつ一般的なテスト要件のテスト セットアップと実行を簡素化します。 ガイド付きウィザードのプロmpts ユーザーは仕様に必要なパターンを確認し、それに応じて測定を行います。 テストレポートには、テスト結果の合格/不合格の概要、マージンと限界、テストプロセス中に使用された波形と測定値が含まれます。

QPHY-10GBase-KRを調べる 下矢印
商品タイトル画像
  • 製品ラインタブ
  • 「概要」タブ
  • 互換性タブ
主な機能
  • IEEE 802.3ap-2007 仕様に準拠
  • QPHY-10GBase-KR は、テスト機器の自動セットアップと必要なジッタ パラメータの測定を提供します: TJ、RJ、DJ、DCD、およびビットレート
  • トランスミッタのイコライゼーション レベルを測定するための自動テスト フレームワーク
  • 包括的なテスト レポートの生成とすべての波形の保存
  • 強力な SDA II 解析パッケージは、障害の根本原因を見つけるのに役立ちます
送信機イコライゼーション測定

10GBase-KR では、送信機の出力イコライゼーション レベルを決定するために、オーバーシュートやディエンファシス レベルなどの波形の特定の領域を測定するために使用する必要があります。 QPHY-10GBase-KR は、イコライゼーション設定ごとに特定の関心領域をゲートする定義済みの測定セットアップを使用して、このプロセスを自動化します。

高度なデバッグ機能

コンプライアンス違反が見つかった場合、Teledyne LeCroy は、根本原因を迅速かつ簡単に見つけるのに役立つさまざまなパッケージを提供します。 Teledyne LeCroy の SDA II シリアル データ解析パッケージには、アイとジッタの測定を同時に実行する機能があり、オシロスコープ アプリケーション ソフトウェアに完全に統合されています。 さらに、SDA II は、測定されたアイおよびジッタ パラメータへの洞察を提供し、問題の原因の特定を容易にします。 さらに、Teledyne LeCroy の SDM はアイ ダイアグラムを提供できます。

包括的で読みやすいテストレポート

仕様を迅速に検証するために、測定結果を要約して表にする必要があることがよくあります。 この情報は、機器および信号取得/テスト条件のセットアップとともに、完全に文書化された記録になります。 QPHY-10GBase-KR は、自動 HTML レポート生成エンジンを組み込むことにより、このプロセスを合理化します。 作成されたテスト レポートには、合否や仕様限界列など、個々のテスト結果の数値が表形式で表示されます。 レポートは、PDF、HTML、または XML として保存することもできます。

WaveMaster / SDA / DDA 8 Zi-Bオシロスコープ


   もっと詳しく知る
WaveMaster 8000HD


   もっと詳しく知る
LabMaster 10Zi-Aオシロスコープ


   もっと詳しく知る