製品
ソフトウェアオプション

VirtualProbe

使用することにより、 VirtualProbe、パッケージ内や物理的に存在しないインターコネクトの端など、物理的なプローブを配置できない信号の特性を理解できます。 製品構成に存在しないフィクスチャなどの要素によって引き起こされる影響を削除することを選択できます。また、S パラメータ モデルのみが存在するデバイスの影響を追加することもできます。 SDAIII 製品と組み合わせて使用​​し、シリアル データ解析ソリューション セットを完成させます。

詳細 VirtualProbe 下矢印
商品タイトル画像
  • 製品ラインタブ
  • 「概要」タブ
  • 互換性タブ
主な機能
仮想プローブ
  • プローブを配置できない信号を表示する
  • 最大 6 つの回路要素をモデル化
  • プローブのロードを削除
  • フィクスチャのディエンベディング
  • モデル化されたチャネルをエミュレートする
  • マルチレーン対応
    • 最大 4 つの独立した回路モデルを構成
    • CrossLinQ および CompleteLinQ 製品を使用して、複数のレーン間のクロストークをモデル化
  • 8 ポートと 12 ポートの S パラメータによるクロストークのモデル化
  • シグナル・インテグリティ解析用の CompleteLinQ 製品に含まれています
  • つの使用方法: 単独で、または SDAIII 内で

プローブを配置できない場所での信号の表示

このアプリケーションには、µmおよびµm波長で最大Wの平均出力を提供する VirtualProbe パッケージは、EyeDoctorII のディエンベディングおよびエミュレーション機能を拡張します。 Sパラメータを使用してマルチブロック回路を構成し、 VirtualProbe は、回路内の任意のブロックの前または後に現れる信号を返す伝達関数を構築します。

最大 6 つの回路要素をモデル化

回路をシングルエンドまたは差動レーンとしてモデル化し、S パラメータと伝送線路を含む最大 6 つのブロックを使用してモデルを構成します。

プローブ負荷効果の除去

システムを乱すことなく測定を行うことはできないというのが物理法則です。 VirtualProbe プローブ負荷の影響を測定から取り除き、測定精度をさらに高めます。

フィクスチャのディエンベディング

測定波形からフィクスチャの影響を除去して、アイおよびジッタ測定の精度を向上させます。

モデル化されたチャネルをエミュレートする

構成することにより、まだ設計段階にあるチャネルの動作の理解を深めます。 VirtualProbe Sパラメータモデルまたは測定を使用したエミュレーション用。

マルチレーン対応

VirtualProbe は、マルチレーン システムを設計およびテストするエンジニアのニーズを満たすように設計されています。 ユーザーは、最大 4 レーンの回路モデルを構成し、「Xtalk」ブロックを使用してクロストークをモデル化できます。

8 ポートと 12 ポートの S パラメータを使用したクロストークのモデル化

Teledyne Teledyne LeCroy SPARQ またはその他の VNA で測定された 8 ポートおよび 12 ポートの S パラメータを備えたマルチレーン伝送システムのレーン間のクロストークをモデル化

シグナルインテグリティ解析用の CompleteLinQ 製品に含まれています

VirtualProbe は、CompleteLinQ 製品の一部として含まれており、ユーザーは仮想プローブ測定を分析し、アイ ダイアグラムを作成し、ジッター、ノイズ、およびクロストークを測定できます。

WaveRunner 8000HD 8チャンネル 高分解能オシロスコープ

WaveRunner 8000HD


   もっと詳しく知る
MDA8000HDモータ・ドライブ・アナライザ

MDA8000HDモータ・ドライブ・アナライザ


   もっと詳しく知る
WavePro HD オシロスコープ

WavePro HD オシロスコープ
   もっと詳しく知る
WaveMaster / SDA / DDA 8 Zi-Bオシロスコープ


   もっと詳しく知る
WaveMaster 8000HD


   もっと詳しく知る
LabMaster 10Zi-Aオシロスコープ


   もっと詳しく知る