製品
ソフトウェアオプション

I3Cbus TD

I3C トリガー + デコード オプションは、高性能トリガー、透明な色分けされたデコード オーバーレイ、プロトコル テーブル、および検索機能を提供します。 I3Cbus トラフィックをモバイル、ハンドヘルド、バッテリ駆動の組み込みシステムの他の信号に簡単に関連付けます。

詳細 I3Cbus TD 下矢印
商品タイトル画像
  • 製品ラインタブ
  • 「概要」タブ
  • 互換性タブ

I2C
主な機能
  • SDR、HDR-DDR、およびレガシー I2C 動作モードでのトリガーをサポート
  • 「ANY」サポートされている動作モードでのトリガーを提供します
  • 定義されたアドレス、R/W (方向)、共通コマンド コード、およびデータによる複雑なトリガーを提供します。
  • 条件付きデータ定義 (<、<=、=、>、>=、<>、INRANGE、OUT of RANGE)。
  • 取得とトリガにはアナログまたはデジタル (MSO) 入力を使用します。

 

包括的かつ強力な I3C トリガー (「T」)

特定のデータ値またはデータ値の範囲を定義する完全な機能を備えた、MIPI で定義された許容コマンド シーケンス、およびユーザー定義のコマンド シーケンスでのトリガーを許可する機能が提供されます。

条件付きDATAトリガセットアップ("T")

トリガーにより、DATA 条件の条件付き (<. <=、=、>、>=、<>、範囲内、範囲外) セットアップが可能になります。 これは、異常なイベントを監視する必要がある状況で特に役立ちます。

直感的な色分けされたデコード オーバーレイ("D")

各プロトコルの特定の部分とメッセージ フレーム全体が色分けされた透明なオーバーレイにより、シリアル データ情報を簡単に理解できます。 信号から離れたプロトコル デコード情報を使用する他のソリューションとは異なり、当社のソリューションは波形とプロトコル デコードをディスプレイ上で直接関連付けます。 取得長が拡大または縮小されると、デコード オーバーレイが調整され、適切な量の情報が表示されます。

インタラクティブな表に結果を要約("D")

オシロスコープを、デコードされた情報を表形式で表示するプロトコル アナライザに変えます。 関心のあるデータのみを表示するようにテーブルをカスタマイズし、テーブル内のメッセージをタッチして自動的にズームして画面に表示します。 オフライン分析用にテーブルをエクスポートします。 任意のタイプの最大 つの異なるデコード信号をテーブルに同時に表示できます。

 

HDO4000A 高分解能オシロスコープ


   もっと詳しく知る
HDO6000B 高分解能オシロスコープ


   もっと詳しく知る
WaveRunner 8000HD 8チャンネル 高分解能オシロスコープ

WaveRunner 8000HD


   もっと詳しく知る
MDA8000HDモータ・ドライブ・アナライザ

MDA8000HDモータ・ドライブ・アナライザ


   もっと詳しく知る
WavePro HD オシロスコープ

WavePro HD オシロスコープ
   もっと詳しく知る
WaveMaster 8000HD


   もっと詳しく知る