製品
ソフトウェアオプション

QPHY-1000Base-T1-TDR

QPHY-1000Base-T1-TDR は、1Base-T1000 (IEEE 1bp) および TC802.3 仕様に記載されている 8 Gb/s 車載イーサネットの MDI S パラメータ コンプライアンス テストと検証を自動化します。 反射損失 (Sdd11) とモード変換損失 (Sdc11) は、 WavePulser 40iX 時間領域反射率計 (TDR)。

QPHY-1000Base-T1-TDRを見る 下矢印
商品タイトル画像
  • 製品ラインタブ
  • 「概要」タブ
主な機能
  • 1000Base-T1 (IEEE 802.3bp) および TC8 のサポート
  • 高度に自動化された使いやすい
  • 組み込みの自動 S パラメータ校正
  • テストフィクスチャへのケーブルの自動ディエンベディング
  • 合格/不合格の結果を含むレポートの生成
  • すべての MDI S パラメータ テストをサポート
    • MDI リターン ロス (Sdd11)
    • MDI モード変換損失 (Sdc11)

 

自動コンプライアンステスト

QPHY-1000Base-T1-TDR は、1000Base-T1 および TC8 仕様に従って、物理メディア アタッチメント (PMA) の MDI S パラメータ コンプライアンス テストを実行します。 詳細な接続図により、適切なセットアップが保証されます。 テストセッションが完了すると、結果はスクリーンショットを含む包括的な合格/不合格レポートに自動的にコンパイルされます。

S パラメータの自動キャリブレーションとケーブルの埋め込み解除

QPHY-1000Base-T1-TDR は、必要な基準面のキャリブレーションを自動的に実行し、テスト フィクスチャへの接続に使用されるケーブルを自動的にディエンベディングします。

MDI リターン ロス (Sdd11) によるコンプライアンス テストの簡素化

リターン ロスは、媒体依存インターフェイス (MDI) で測定されます。これは、インピーダンスの不一致によって反射される差動信号の電力と、差動入射信号 (差動対差動) の電力との比率です。 さらに、差動特性インピーダンスが測定されます。100BASE-T1 および 1000Base-T1 準拠のデバイスの場合、理想的には 100Ω になります。

MDI モード変換損失 (Sdc11) によるコンプライアンス テストの簡素化

モード変換損失は MDI で測定されます。これは、DUT と DUT の両方について、インピーダンスの不一致によって反射される差動信号の電力と、入射同相信号 (共通対差動) の電力との比率です。テストフィクスチャのみ。

さらに、100BASE-T1 および 1000Base-T1 準拠デバイスの場合、理想的にはそれぞれ 100Ω および 25Ω になる差動および共通モードの特性インピーダンスが測定されます。

信頼性の高いテスト フィクスチャの特性評価

MDI S パラメータとモード変換損失を測定する場合、テスト セットアップ内のケーブルとテスト フィクスチャのインピーダンス バランスが重要です。 WavePulser 40iX ケーブルとテスト デバイスのインピーダンス プロファイルを測定して、 つの信号 D+ と D- のパスが同じであることを確認し、電気的な違いからモード変換が発生しないようにします。 DUT MDI をテスト機器に接続するために使用されるテスト フィクスチャの正確な特性評価により、使用中のフィクスチャが MDI 要件と比較して十分なモード変換損失マージンを持っているという確信が得られます。