製品
ソフトウェアオプション

10Base-T1S-TDME

10Base-T1S トリガー、デコード、測定/グラフ、および物理層 (TDME) ソリューションは、高性能トリガー、透明な色分けされたデコード オーバーレイ、プロトコル テーブル、および検索機能、自動測定およびグラフ作成ツールを備えた測定/グラフ (M) 機能を提供します。 、および物理層信号の評価とデバッグのためのアイ ダイアグラム (E) 機能。

10Base-T1S-TDME を調べる 下矢印
商品タイトル画像
  • 製品ラインタブ
  • 「概要」タブ
  • 互換性タブ

I2C
主な機能
  • ビーコン、ID、ID + DATA、コミット/同期、ESD、および CRC エラーでトリガー
  • DATA トリガー パターンのセットアップは、フル バイト未満で、複数のバイトに分散できます。
  • 条件付きDATAトリガー定義(<、<=、=、>、>=、<>、IN RANGE、OUT of RANGE)
  • 条件付きIDトリガー定義(<、<=、=、>、>=、<>、IN RANGE、OUT of RANGE)
  • Node ID の自動識別により、トリガー / デコーダーの設定が簡素化されます
  • 直感的な色分けされたデコード オーバーレイ
  • ズームとパターン検索を備えたインタラクティブなプロトコル テーブル
  • 自動測定による PLCA タイミングの検証
  • 波形グラフによるシリアルデジタルデータのアナログ値への抽出(シリアルDAC)
  • ノード ID とアイ ダイアグラムによるフィルタリングと障害箇所の特定により、物理層の問題を特定

 

包括的で強力な 10Base-T1S トリガー (「T」)
車載 E/E システムのドメイン アーキテクチャおよびゾーン アーキテクチャで車載イーサネットをデバッグするための 10Base-T1S トリガー セットアップ

PLCAサイクルの解析に基づいたMACアドレスへのノートIDの自動割り当てにより、トリガー/デコーダー機能の設定が簡単になります。 ビーコン、ID、ID + DATA、コミット/同期、ESD、および CRC エラーでのトリガーを許可する機能が提供されます。

条件付きDATAトリガセットアップ("T")
ドメイン アーキテクチャおよびゾーン アーキテクチャで車載イーサネットをデバッグするための 10Base-T1S 条件付きデータ トリガー

トリガはDATA条件に条件(<.<=、=、>、>=、<>、範囲内、範囲外)の設定が可能です。 これは、ノードが低いまたは高いエンジン RPM またはクーラント圧をブロードキャストする場合など、異常なイベントを監視する必要がある状況で特に役立ちます。

直感的な色分けされたデコード オーバーレイ("D")
10Base-T1S の色分けされたオーバーレイにより、車載 E/E システムのドメイン アーキテクチャおよびゾーン アーキテクチャでの車載イーサネットのデバッグが簡素化されます

各プロトコルの特定の部分とメッセージ フレーム全体が色分けされた透明なオーバーレイにより、シリアル データ情報を簡単に理解できます。 信号から離れたプロトコル デコード情報を使用する他のソリューションとは異なり、当社のソリューションは波形とプロトコル デコードをディスプレイ上で直接関連付けます。 取得長が拡大または縮小されると、デコード オーバーレイが調整され、適切な量の情報が表示されます。

インタラクティブな表に結果を要約("D")
10Base-T1S インタラクティブ テーブルは、車載 E/E システムのドメイン アーキテクチャおよびゾーン アーキテクチャにおける車載イーサネットのプロトコル デコードを簡素化します。

オシロスコープを、デコードされた情報を表形式で表示するプロトコル アナライザに変えます。 関心のあるデータのみを表示するようにテーブルをカスタマイズし、テーブル内のメッセージをタッチして自動的にズームして画面に表示します。 オフライン分析用にテーブルをエクスポートします。 任意のタイプの最大 つの異なるデコード信号をテーブルに同時に表示できます。

検証効率を高める測定/グラフツール (「M」)
10Base-T1S の測定値とグラフは、ドメイン アーキテクチャとゾーン アーキテクチャにおける車載イーサネットの PLCA タイミングの理解に役立ちます

アナログ信号または別のシリアル メッセージとの間の自動タイミング測定により原因と結果を迅速に検証し、PLCA タイミングの問題を理解するのに役立ちます。 コーナーケースのテスト中に統計をすばやく取得するために、 回の長い取得で複数の測定を行います。 シリアル (デジタル) データをアナログ値に抽出し、グラフ化して、あたかも直接プローブしたかのように、経時的にシステム パフォーマンスを監視できます。 検証をより迅速に完了し、より良い洞察を得ることができます。

アイ ダイアグラム (「E」)
10Base-T1S exe ダイアグラムは、ドメイン アーキテクチャおよびゾーン アーキテクチャのマルチ ドロップ オートモーティブ イーサネットのシグナル インテグリティの問題を特定できます。

デコードされたデータを特定のノード ID でフィルタリングする機能と、アイ ダイアグラムの表示により、物理層と PLCA サイクルの問題を特定できます。 アイ パラメーターを使用してシステム パフォーマンスを定量化し、カスタム マスクを適用して異常を識別します。 エラーをマスクして表示し、オシロスコープを強制的に停止モードにすることができます。

 

HDO6000B 高分解能オシロスコープ


   もっと詳しく知る
WaveRunner 8000HD 8チャンネル 高分解能オシロスコープ

WaveRunner 8000HD


   もっと詳しく知る
MDA8000HDモータ・ドライブ・アナライザ

MDA8000HDモータ・ドライブ・アナライザ


   もっと詳しく知る
WavePro HD オシロスコープ

WavePro HD オシロスコープ
   もっと詳しく知る
WaveMaster / SDA / DDA 8 Zi-Bオシロスコープ


   もっと詳しく知る
WaveMaster 8000HD


   もっと詳しく知る