製品
ソフトウェアオプション

QPHY-MultiGBaseT1-TDR

QPHY-MultiGBase-T1-TDR は、MDI S パラメータと TC9 リンク セグメントのコンプライアンス テストと 2.5G/5G/10GBase-T1 の検証を自動化します。 MDI リターンロス、特性インピーダンス差動モード (CDIM)、伝播遅延、挿入損失、リターンロス、および縦方向変換伝達損失 (LCTL) は、 WavePulser 40iX 時間領域反射率計 (TDR)。

QPHY-MultiGBaseT1-TDR を探索する 下矢印
商品タイトル画像
  • 製品ラインタブ
  • 「概要」タブ
主な機能
  • 2.5G/5G/10GBase-T1 リンクセグメントのサポート
  • 高度に自動化された使いやすい
  • 組み込みの自動 S パラメータ校正
  • テストフィクスチャへのケーブルの自動ディエンベディング
  • 合格/不合格の結果を含むレポートの生成
  • すべての MDI S パラメータ テストと T1 リンク セグメントをサポートします。
    • MDI リターン ロス (Sdd11)
    • 特性インピーダンス差動モード (CDIM)
    • 伝播遅延
    • 挿入損失
    • リターンロス
    • 縦方向変換伝達損失 (LCTL)

 

自動コンプライアンステスト

QPHY-MultiGBase-T1-TDR は、9G/2.5G/5GBase-T10 に従って、MDI リターン ロスおよび TC1 リンク セグメントのコンプライアンス テストを実行します。 詳細な接続図により、適切なセットアップが保証されます。 テスト セッションが完了すると、結果はスクリーンショットを含む包括的な合否レポートに自動的にまとめられます。

S パラメータの自動キャリブレーションとケーブルの埋め込み解除

QPHY-MultiGBase-T1-TDR は、必要なリファレンス プレーンのキャリブレーションを自動的に実行し、テスト フィクスチャへの接続に使用されるケーブルを自動的にディエンベデッドします。

TC9 – 2.5G、5G、および 10GBASE-T1 リンク セグメント

測定は、r2.5G/5G/10BASE-T1 の完全にシールドされた TP 通信チャネルの信号整合性に関連します。 スタンドアロン通信チャネル (SCC) のコンテキストにおけるケーブル アセンブリの特性インピーダンス差動モード (CIDM)、伝播遅延、挿入損失、反射損失、および縦方向変換伝達損失 (LCTL)。