製品
オシロスコープ用プローブ
製品紹介画像

AP033

500MHzアクティブ差動プローブ


  • 製品ラインタブ
  • 製品詳細タブ
  • 「仕様」タブ
  • 互換性タブ

    差動プローブ(≦ 1.5 GHz)


AP033 500MHz差動プローブ
ZD1000 1 GHz、1.0 pFアクティブ差動プローブ、±8 V
ZD1500 1.5 GHz、1.0 pFアクティブ差動プローブ、±8 V
ZD200 200 MHz、3.5 pF、1 MOhmアクティブ差動プローブ、±20 V 限定供給品
ZD500 500 MHz、1.0 pFアクティブ差動プローブ、±8 V

完全に統合:ProBus™インターフェースにより、AP033はオシロスコープに組み込まれます。 プローブの感度とオフセットは、オシロスコープのフロントパネル、プローブのフロントパネルから、またはリモート制御コマンド(GPIBまたはRS-232)を使用して制御できます。 感度、オフセット、入力容量、およびコモンモード電圧範囲がオシロスコープの画面に表示されます。 LeCroyデジタルオシロスコープと併用する場合、外部電源は必要ありません。

広いダイナミックレンジ:AP033は、さまざまな信号に対してx10ゲインから÷10減衰比(プラグオン減衰器を使用した場合には÷100)までの感度範囲を提供します。 LeCroyオシロスコープを使用すると、感度を200 µV / divから1V / divまで連続的に調整できます。

高感度設定では、x10 ゲインと ÷1 減衰比が選択されます。 これにより、4 nV /√Hzの入力ノイズ、±5 Vのコモンモード電圧範囲(CMVR)、および±400mVのDC差動オフセットが生成されます。 より低い感度では、x1 ゲインと ÷10 減衰比が選択され、±50 V CMVRと±4Vの差動オフセットが得られます。

入力容量はわずか 2 pF/各入力(差動 1 pF、÷10 減衰比選択時)です。2 mV/div~1 V/divの感度設定は、わずか 2 pF/各入力の入力容量と±50 Vのコモンモード電圧範囲で得られます。

DC CMRRは、両方の減衰比設定で10,000:1(80 dB)を超えています。

OFFSET 上下ボタンにより、プローブアンプ本体から OFFSET 制御が可能です。 両方のボタンを一時的に押し続けると、OFFSET がゼロになります。

付属の AC カップリング コンデンサ ヘッド (0.1 µF) により、大きなコモン モードまたは差動 DC 入力での動作が可能になります。

過剰な同相信号が感知されると、入力減衰器は自動的に ÷1 から ÷10 に変化します。 これと高速入力保護回路は、潜在的に損傷を与える信号から入力を保護する役割も果たします。 プローブがオシロスコープから取り外されるか、電源がオフになると、÷10 ATTENUATION が自動的に起動され、使用されていないときは入力が保護されたままになります。

ゲインと減衰の選択
AP033は、減衰が÷1または÷10のプローブヘッドと、スコープのフロントパネルに取り付けられたアンプ本体で構成されています。 アンプのゲインはx1とx10のいずれかです。 プローブヘッドの減衰器と増幅器のゲインは、ProBusインタフェースを介して制御されます。

x1 ゲインをAP033 で得るには2つの方法があります:x1 ゲインと÷1減衰比設定、または x1 ゲインと÷10 減衰比設定。 オシロスコープはこれら2つの選択肢のうち後者を選択して、最高感度での低ノイズ動作を維持しながら、最小の入力容量と最大のコモンモード ダイナミックレンジを提供します。

プローブアンプ本体の制御を使用して自動選択を上書きすることにより、x1 ゲイン と ÷1 減衰比選択を10 mV、20 mV、および 50 mV/div で簡単に利用できます。 コモンモード電圧範囲は ±5 V、入力容量は 5 pF、ノイズは 9 nV/√Hzです。 同様に、x10 ゲインおよび ÷10 減衰比を 2 mV/div および 5 mV/div で選択できます。この場合の入力容量は 2 pF およびコモンモード電圧範囲は ±50 Vです。オシロスコープは、あらゆる場合において正しい感度を表示します。

付属のアクセサリのプラグオン アッテネータ ヘッドを使用すると、100 mV/div ~ 10 V/div のゲインを選択できます。

入力特性
入力容量は、各入力からグランドまでの 2 pF と入力間の 0.20 pF(÷10 減衰比が選択されている場合)でモデル化されます。 これは、1.20 pF の差動入力容量に相当します。 ÷1 減衰比では、差動入力容量は 2.7 pF です。

入力抵抗は、アクセサリのプラグオン減衰器ヘッドを含むすべてのゲインおよび減衰比設定で1MΩです。

ACカップリングプラグオンアクセサリは、各入力に0.1 µFのカップリングコンデンサを備えています。 低周波CMRRは低下します。

自動バランス

入力接続を取り外した状態で両方のオフセット ボタンを 秒間押し続けると、自動バランスが起動します。 これにより、プローブから残留 DC オフセットが除去され、すべての範囲で最高の精度が得られます。

低ノイズ

フルゲインでは、ノイズは 4 nV/√Hz 未満であり、入手可能な差動プローブの中で最も低くなります。

コモンモードセンシングと入力保護

差動増幅器が、コモンモード電圧が増幅器のコモンモード範囲を超える信号に接続されることは珍しいことではありません。 信号の完全な損失を含む、誤った読み取りが発生する可能性があります。 AP033は、信号が±5.5 Vを超えると検知し、入力減衰器を信号パスに切り替えます。 オシロスコープは新しい感度設定を示し、プローブは引き続き機能します。

同じメカニズムにより、大きな入力信号による損傷からプローブが保護されます。 プローブアンプは、入力減衰器が永続的な保護を提供できるようになるまで、大きな高速立ち上がり信号から保護されます。 これには約 1 ミリ秒かかります。 入力減衰器を設置すると、入力は 200 V DC に無期限に耐えることができます。

主な仕様

減衰比 ÷ 1、÷ 10、または ÷ 100
 

WaveSurfer 3000zオシロスコープ

WaveSurfer 3000zオシロスコープ
    もっと詳しく知る
WaveSurfer 4000HD 高分解能オシロスコープ

WaveSurfer HD
    もっと詳しく知る
HDO4000A 高分解能オシロスコープ


    もっと詳しく知る
HDO6000B 高分解能オシロスコープ


    もっと詳しく知る
WaveRunner 8000HD 8チャンネル 高分解能オシロスコープ

WaveRunner 8000HD


    もっと詳しく知る
MDA8000HDモータ・ドライブ・アナライザ

MDA8000HDモータ・ドライブ・アナライザ


    もっと詳しく知る
WavePro HD オシロスコープ

WavePro HD オシロスコープ
    もっと詳しく知る
WaveMaster / SDA / DDA 8 Zi-Bオシロスコープ


    もっと詳しく知る
WaveMaster 8000HD


    もっと詳しく知る