製品
オシロスコープ用プローブ
製品紹介画像

ZD500

500 MHz、1.0 pF アクティブ差動プローブ


  • 製品ラインタブ
  • 製品詳細タブ
  • 互換性タブ

    差動プローブ(≦ 1.5 GHz)


AP033 500MHz差動プローブ
ZD1000 1 GHz、1.0 pFアクティブ差動プローブ、±8 V
ZD1500 1.5 GHz、1.0 pFアクティブ差動プローブ、±8 V
ZD200 200 MHz、3.5 pF、1 MOhmアクティブ差動プローブ、±20 V 限定供給品
ZD500 500 MHz、1.0 pFアクティブ差動プローブ、±8 V
プローブとオシロスコープとの統合

ProBusインターフェースを使用すると、ZD500、1000、および1500がオシロスコープに組み込まれます。 すべてのプローブゲインおよびオフセットコントロールは自動で行われるため、どのゲイン設定を選択するかを気にすることなく、回路を簡単にプローブできます。 LeCroyデジタルオシロスコープと併用する場合、外部電源は必要ありません。

広いダイナミックレンジ

ZD500、1000、1500 プローブは透明なプローブ減衰を提供するため、信号は常にディスプレイに合わせて最適化されます。 差動範囲は 18 Vp-p、差動オフセットは ±8、コモンモード範囲は ±10 V で、あらゆるプロービング アプリケーションに多用途に使用できます。

幅広いアプリケーション

16 Vp-pの広いダイナミックレンジと±8 Vのオフセット範囲は、このプローブを幅広いアプリケーションと信号タイプに適合させます。 ZD差動プローブは、自動車、シリアルデータ、電源、および汎用用途に最適です。 テスト対象の最高周波数信号の負荷歪みを最小限に抑えるために、差動入力容量はわずか1pFです。 わずか 4 mVrmsのシステムノイズにより、最小信号の正確な測定が可能になります。

さまざまなタスクに対応できる豊富なプローブ チップ

エンジニアは多くの場合、限られたスペースでさまざまな異なるテストポイントをプロービングする必要があります。 ZDシリーズ プローブ用の幅広い標準チップアクセサリにより、困難なプロービングの課題に対応できます。

革新的なプローブリードとチップにより、劣化なく優れた信号性能を提供

テストポイントに到達するために長いリード線またはアクセサリを使用したプローブが必要になる場合がありますが、帯域幅の減少、静電容量の増加、およびノイズが犠牲になります。 ZDアクセサリは、チップアクセサリで一般的に発生するリンギングや歪みがなく、最高の信号忠実度を提供するように設計されています。

WaveSurfer 3000zオシロスコープ

WaveSurfer 3000zオシロスコープ
    もっと詳しく知る
WaveSurfer 4000HD 高分解能オシロスコープ

WaveSurfer HD
    もっと詳しく知る
HDO4000A 高分解能オシロスコープ


    もっと詳しく知る
HDO6000B 高分解能オシロスコープ


    もっと詳しく知る
WaveRunner 8000HD 8チャンネル 高分解能オシロスコープ

WaveRunner 8000HD


    もっと詳しく知る
MDA8000HDモータ・ドライブ・アナライザ

MDA8000HDモータ・ドライブ・アナライザ


    もっと詳しく知る
WavePro HD オシロスコープ

WavePro HD オシロスコープ
    もっと詳しく知る
WaveMaster / SDA / DDA 8 Zi-Bオシロスコープ


    もっと詳しく知る
WaveMaster 8000HD


    もっと詳しく知る