製品
オシロスコープ用プローブ
製品紹介画像

DH08-PB2

8 GHz差動プローブ ProBus2 インターフェース


  • 製品ラインタブ
  • 「概要」タブ
  • 互換性タブ

    差動プローブ(8~30 GHz)


DH08-PB2 - 8GHz差動プローブ ProBus2インタフェース
DH08-PL - 8GHz差動プローブ ProLinkインタフェース
DH13-PL - 13GHz差動プローブ ProLinkインタフェース
DH16-PL - 16GHz差動プローブ ProLinkインタフェース
DH20-PL - 20GHz差動プローブ ProLinkインタフェース
DH25-PX - 25 GHz 差動プローブ ProAxial インターフェース
DH30-PX - 30 GHz 差動プローブ ProAxial インターフェース
DH-CSPHY-PCIE5-CEMX16 - DHシリーズ用チップ - CrossSyncPHY PCIe5 CEM x16
DH-SI-HS - DHシリーズ高感度ソルダインチップ 30 GHz BW、2.0 Vpp
DH-SI - DHシリーズソルダインチップ 30 GHz BW、3.5 Vpp
DH-HITEMP - DHシリーズ広温度範囲ソルダインチップ 16 GHz BW、3.5 Vpp
DH-QL - DHシリーズQuickLinkアダプタ 8 GHz BW
DH-QL-3SI - DHシリーズQuickLinkアダプタキット 3 xQL-SIチップ
DH-PT - DHシリーズPTブラウザチップ 16 GHz BW、3.5 Vpp
主な機能
  • 8 GHz~30 GHz帯域幅モデル
  • 低負荷容量と高インピーダンスにより信号への影響が最小
  • 様々な種類のチップ:
    • 標準および高感度の30GHzソルダインチップ
    • 1m リードつき広温度範囲ソルダインチップ
    • ミックスドシグナルプロービング用QuickLinkアダプタ
    • ハンドヘルド・ブラウザチップ
    • CrossSyncPHYプロトコルアナライザ・インタポーザにオシロスコープを直接接続するためのチップ
  • チップ識別機能を内蔵し、簡単なセットアップと正確な信号の再現を実現
  • 以下のデバッグと検証に最適:
    • DDR3/LPDDR3
    • DDR4/LPDDR4/LPDDR4X
    • DDR5
    • その他の高速シリアルインターフェース

 

30GHzまでの汎用プロービング
HDA5 を備えた QPHY DDR125 - アイ ダイアグラム - CMD バス デコード

テレダイン・レクロイのDHシリーズ8〜30 GHz差動プローブは、広帯域、広い入力範囲、大きなオフセット機能の組み合わせを提供し、シリアルデータインタフェースのデバッグからDDRメモリシステムの検証まで、あらゆる高速プロービングニーズに対応できます。 DHシリーズプローブは優れた負荷特性を提供し、プローブごとに周波数応答が微調整された上で校正されています。 超低負荷とフラットな周波数応答により、正確な測定が保証されます。

すべてのアプリケーション向けの洗練された各種チップ
プローブチップ

30 GHzソルダインリードには3.5種類あり、汎用アプリケーション用の1 Vpp入力レンジを持つチップ、または高感度かつ超低ノイズ特性を持つチップのいずれかを選択できます。 また、長さ16 mの16 GHz広い温度範囲で使用可能なチップや GHzブラウザチップも使用できます。またミックスド・シグナルプローブチップを接続するためのQuickLinkアダプタも利用できます。 ソルダイン、広い温度範囲、およびQuickLinkチップは、すべてのDHシリーズプローブと互換性があり、実験室で究極の柔軟性を実現するために、シリーズ内の任意のプローブ間で使いまわすことができます。 各チップには、個別の識別および校正データが含まれており、正確な信号忠実度と優れた使いやすさを提供します。

ソルダインチップ(DH-SIおよびDH-SI-HS)

30 GHz DHシリーズのソルダインチップは、高密度実装基板上の信号への接続を容易にするために非常に小さく、9インチのリード長により困難なプロービングポイントへのアクセスがしやすくなっています。 標準のDH-SIチップの入力範囲は3.5Vppで、DDRメモリやその他の汎用高速シリアル信号アプリケーションに最適です。 DH-SI-HS高感度チップの入力範囲は2.0 Vppで、優れたノイズ性能を備え、低ノイズが重要な小信号の場合に最適です。

広温度範囲チップ(DH-HITEMP)

デバイスを恒温槽にいれてテストする必要がある場合、DH-HITEMPチップを使用すると、はんだ付けされたプローブチップをプローブアンプから最大1メートル離すことができます。 このチップは、16 GHz帯域幅、3.5 Vpp入力範囲、および-40°C〜 + 125°Cの動作温度範囲を有しているので、さまざまな高速デバイスの環境試験に最適です。

ポジショナ(ブラウザ)チップ(DH-PT)

多くのテストポイントへ迅速に接続を切り替える必要がある場合にはDH-PTブラウザチップが最適です。便利な手持ちできる形状で16GHzの帯域幅を有しています。 付属のフリーハンドプローブホルダーを使用すれば、ハンズフリーで簡単にブラウジングできます。

CrossSync PHYクロスレイヤープロービングチップ(DH-CSPHY)
DH CrossSync PHY プローブのヒント

CrossSync PHYテクノロジにより、テレダイン・レクロイ製オシロスコープで観測されている波形とプロトコルアナライザトレースとを同じ画面に表示できます。これらの波形は、アナログ波形情報とプロトコル情報とを完全な時間相関を持たせて表示されています。CrossSyncPHY対応のインタポーザは、特別なDH-CSPHYプローブチップを使用して、DHシリーズプローブを高速信号ラインに直接接続することができます。

QuickLinkアダプタ(DH-QL)

DH-QLアダプタは、QuickLinkソルダインプローブチップを任意のDHシリーズプローブを使えるようにします。組み込みシステムの検証とデバッグを行う場合には、これらのチップは、DHシリーズプローブを使用したアナログプロービングとHDA125高速デジタルアナライザを使用したデジタル信号捕捉の両方に使用できます。

柔軟なミックスドシグナルプロービング

QuickLinkチップをテレダイン・レクロイ製アナログ差動プローブに接続すると、8 GHzの帯域幅とフラットで適切に制御された周波数応答を提供します。 デジタル信号捕捉用にHDA125と併用すると、業界をリードする感度で3 GHz帯域幅をサポートします。 HDA125をオシロスコープに接続すると、DDRコマンドバス信号およびその他の高速デジタルバス信号とアナログ信号とを時間相関を持たせて同時に捕捉して解析する機能を提供します。

 

 

WavePro HD オシロスコープ

WavePro HD オシロスコープ
    もっと詳しく知る