Envision X14 MIPI C-PHY/D-PHY アナライザーおよびジェネレーター

見積り依頼
概要 概要
特徴 特徴

概要

テレダイン・レクロイの Envision X14 アナライザーおよびジェネレーター プラットフォームは、MIPI C-PHY/D-PHY、CSI-2 および DSI-2 仕様をすべてシングルボックス ソリューションで包括的にサポートします。

  Envision X14 Analyzer キャプチャ ユーティリティは、C-PHY 層および D-PHY 層を介して MIPI カメラと表示プロトコルの詳細な分析を提供します。 X14 アナライザーは、CSI-2 または DSI-2 ストリームをテストするためのエンドポイントとして配置することも、CSI-2 または DSI-2 デバイスとホストの間で受動的な監視と分析を行うために利用することもできます。 の Envision X14 は、デバッグ分析と捉えどころのないプロトコル エラーの特定と解決のための革新的な機能の豊富なセットにより、迅速な分析時間を保証します。

  Envision X14 Analyzer は、CSI-2 と DSI-2 の両方に統合された MIPI 適合テスト仕様 (CTS) スイートも提供します。 この CTS スイートは、高速モードと低電力モードを含む、すべてのカメラと表示モード、パケット タイプ、およびビデオ フォーマットにわたるチェックを提供します。

テレダイン・レクロイの Envision X14 Video Generator (「Exerciser」) は、MIPI カメラおよびディスプレイ プロトコル用の多用途かつ柔軟なツールです。 以下のような Envision X14 アナライザー、エクササイザーは、DSI-2 および CSI-2 のパケット、フレーム、画像を生成するための革新的な機能の豊富なスイートを提供します。 の Envision X14 Exerciser は、さまざまなカラー モード、サンプリング レート、フレーム タイミングなどで CSI-2 または DSI-2 の画像およびビデオ ストリームを生成するように構成できます。

主な機能

以下は、その機能と利点のリストです。 Envision X14 アナライザーおよびジェネレーター。

アナライザ

ソース分析

すべてのパケット タイプとデータ フォーマット、コマンド モードとビデオ モード、高速および低消費電力の読み取りおよび書き込みモード、DCS をサポートする詳細なプロトコル キャプチャと分析。

ディスプレイ ストリーム圧縮 (DSC)

ピクチャー パラメーター セット (PPS) メタデータ パラメーターの解析を含め、DSI ホストから受信した DSC 暗号化コンテンツをデコードします。

データレート

D-PHY の場合、データ レーンあたり 9.0 Gbps D-PHY データ転送速度 – 1 ~ 4 データ レーンまで拡張可能。 C-PHY の場合、データ レーンあたり 6.0 GSps C-PHY データ転送速度 - 1 ~ 3 トリオ/データ レーンまで拡張可能。

パッシブモニタリング

はんだ付けプローブを使用して、デバイスとホスト間のトラフィックを受動的に監視し、キャプチャします。

プロトコルの検証

低電力、高速バースト、読み取り/書き込みなどの PHY レベルおよびプロトコル レベルのイベント。

イベントベースのキャプチャ

詳細な自己チェックとデバッグのための 2.5ns イベント タイミング分解能による複雑なイベントベースのトランザクション キャプチャ。

デバッグ分析

CRC、ECC、SoT、EoTなどを含む、受信データとエラーのデバッグおよび分析統計。

外部トリガー入力/出力

パケット構造またはイベントに基づいて外部機器をトリガーします。 外部デバイス上のイベントからキャプチャをトリガーします。

適合性テストスイート

仕様に照らしてデバイスを評価するための CSI-2 および DSI-2 の適合性テスト仕様 (CTS)。

ジェネレーター(エクササイザー)

MIPI カメラ シリアル インターフェイス (CSI-2) の仕様

すべてのパケット タイプ、データ形式、フレーム タイミングを作成および生成します。 また、カメラ制御インターフェイス (CCI) 応答も生成します。

MIPI ディスプレイ シリアル インターフェイス (DSI-2) 仕様

さまざまな解像度とタイミングで画像とフレームのストリームを生成します。

データレート

データ レーンあたり 9.0 Gbps のデータ転送速度での D-PHY サポート - 1 ~ 4 レーンまで拡張可能。 C-PHY は 6G/s をサポート - 1 ~ 3 レーンまで拡張可能。

詳細なプロトコルのチェック

低電力や書き込み/読み取りなどの PHY レベルおよびプロトコル レベルのイベント。

アドバンストトリガー

プロトコル イベント、データ パターン、外部トリガーの生成を開始および停止します。

外部トリガー入力/出力

テレダイン・レクロイを使用する Envision X14 を使用して任意のイベントを生成し、スコープまたはロジック アナライザーを (SMA コネクタ経由で) 切り替えます。

リソース

名前 種類
Envision X14 アナライザーおよびジェネレーター データシート PDFのダウンロード

データシート

PDFのダウンロード
Envision X14 アナライザーおよびジェネレーターの製品プレゼンテーション PDFのダウンロード

プレゼンテーション

PDFのダウンロード
Envision X14 アナライザーおよびジェネレーター クイック スタート ガイド PDFのダウンロード

マニュアル

PDFのダウンロード
Envision X14 C-PHY/D-PHY プローブ アセンブリ クイック スタート ガイド PDFのダウンロード

マニュアル

PDFのダウンロード
機能

MIPI CSI-2v4.0
MIPI DSI-2v2.1

ビットレート

D-PHY: 9.0Gb/秒
C-PHY: 6G/秒

メモリをキャプチャ

8ギガバイト

コネクタ - フロント
SMPコネクタ

(12) SMP ジャック (信号)。 (2) D-PHY クロック用の SMP ジャック

トリガーIN/OUT

SMA ジャック入力
SMAジャック出力

補助コネクタ

将来の機能 (I3C、A-PHY など)

I2C

CSI カメラ制御インターフェイス (CCI) 用の I2C 通信バス

コネクタ - 背面
トリガーIN/OUT

SMA ジャック入力
SMAジャック出力

USB (2); USB-C (2)

USBポートに接続されたキーボード/マウス

RJ45 E1

VPS Manager を実行しているコンピュータから LAN 経由で管理者制御を行う場合

RCA (2)

使用されていない

他のすべてのコネクタ

使用されていない

物理/電気/管理
出力

100 ~ 240 VAC、50 ~ 60 Hz、400 ワット

重量

7.6ポンド。 5.057キロ

サイズ

高さ: 3.44 インチ (8.74 cm) 幅: 9.57 インチ (24.30 cm) 奥行: 10.94 インチ (27.79 cm)

ラックマウント可能

ラック取り付けブラケット付きの 2 インチ ラックに 19 つの RU マウント (付属)

コマンド ライン コントロール

外部 GUI 用のイーサネット (RJ-45)

GUIコントロール

LAN 経由でイーサネット RJ45 に接続された外部 PC を介して、または:
USBポートに接続されたキーボード/マウス; 管理者 HDMI ポートの外付け 4K UHDTV

環境

動作温度:0°Cから50°C(32°Fから122°F)
非動作温度: -10°C ~ 80°C (14°F ~ 176°F)
動作温度:0°Cから55°C(32°Fから131°F)
湿度:10%〜90%RH(結露しないこと)

質問があります?

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
返信お待ちしています