製品
プロトコルアナライザ

PCIe コンプライアンステスト

Teledyne LeCroy は、PCIe 4.0 および PCIe 5.0 仕様を扱う開発者向けのリンク アンド トランザクション層 (PTC) コンプライアンス テストの標準ツールとして PCI-SIG によって承認された、統合および自動化されたコンプライアンス テスト システムを提供します。

コンプライアンステストを詳しく見る コンプライアンステストを詳しく見る
PCIe コンプライアンス テストのイメージ
  • 製品タブの画像
  • 「概要」タブの画像
  • 製品詳細タブの画像
Summit T516アナライザ    Summit T516 は、ワークステーション、デスクトップ、グラフィックス、ストレージ、ネットワーク カード アプリケーションなどの高速 PCI Express 5.0 および CXL I/O ベースのアプリケーションをターゲットとしています。
Summit Z516エクササイズ    Summit Z516 は、PCIe 5.0 および CXL プロトコル トラフィック生成テスト ツールであり、エンジニアがシステムの信頼性を開発および改善するのを支援することを目的とした重要なテストおよび検証に使用されます。 の Summit Z516 は、PCI Express 5.0 および CXL ルート コンプレックスまたはデバイス エンドポイントをエミュレートできるため、新しい設計をコーナー ケースの問題に対してテストできます。
Summit T54アナライザ  Summit T54プロトコルアナライザは、x5.0、x1、x2レーン幅のPCIe 4プロトコルトラフィックデータレートをキャプチャ、デコード、および表示します。
SummitM5xプロトコルアナライザ / Jammer  Summit M5xは、テレダイン・レクロイのPCIe / NVMe Jammerソリューションであり、ワークステーション、デスクトップ、グラフィックス、ストレージ、ネットワークカードアプリケーションなどの高速PCI Express 5.0 I / Oベースのアプリケーションを対象とした最新のプロトコルアナライザです。
Summit Z58プロトコルエクササイザ /アナライザ    Summit Z58 は、重要なテストと検証に使用される PCIe 5.0 プロトコル トラフィック生成テスト ツールであり、エンジニアによるシステムの開発と信頼性の向上を支援することを目的としています。 の Summit Z58 は、PCI Express 5.0 ルート コンプレックスまたはデバイス エンドポイントをエミュレートできるため、新しい設計をコーナー ケースの問題に対してテストできます。
Summit T416アナライザ  Summit T416プロトコルアナライザは、x4.0、x1、x2、x4、x8レーン幅のPCIe 16プロトコルトラフィックデータレートをキャプチャ、デコード、および表示します。
Summit Z416プロトコルエクササイザ    Summit Z416 は、重要なテストと検証に使用される PCIe 4.0 プロトコル トラフィック生成テスト ツールであり、エンジニアによるシステムの開発と信頼性の向上を支援することを目的としています。 の Summit Z416 は、PCI Express 4.0 ルート コンプレックスまたはデバイス エンドポイントをエミュレートできるため、新しい設計をコーナー ケースの問題に対してテストできます。
Summit T48アナライザ  Summit T48プロトコルアナライザは、x4.0、x1、x2、x4、レーン幅のPCIe 8プロトコルトラフィックデータレートをキャプチャ、デコード、および表示します。
Summit T3-16アナライザ  Summit T3-16プロトコルアナライザは、x3.0、x1、x2、x4、x8レーン幅のPCIe 16プロトコルトラフィックデータレートをキャプチャ、デコード、および表示します。
Summit Z3-16エクササイザ SMBus サポート    Summit SMBus サポートを備えた Z3-16 は、エンジニアがシステムの信頼性を開発および改善するのを支援することを目的とした重要なテストおよび検証ツールです。 エクササイザは、PCI Express ルート コンプレックスまたはデバイス エンドポイントをエミュレートできるため、新しい設計をコーナー ケースの問題に対してテストできます。さらに、SMBus トラフィックをマスターまたはスレーブとしてエミュレートできます。
Summit T3-8アナライザ  Summit T3-8プロトコルアナライザは、x3.0、x1、x2、x4レーン幅のPCIe 8プロトコルトラフィックデータレートをキャプチャ、デコード、および表示します。
Summit T34アナライザ  Summit T34プロトコルアナライザは、x3.0、x1、x2レーン幅のPCIe 4プロトコルトラフィックデータレートをキャプチャ、デコード、および表示します。
Summit T28アナライザ    Summit T28 プロトコル アナライザーは、x2.5、x5、x1、x2 レーン幅の PCIe 4GT/s および 8GT/s データ レートをキャプチャ、デコード、および表示します。
Summit T24アナライザ  テレダイン・レクロイ Summit T24 PCI Express アナライザーは、PCIe 1.0 または 2.0 x4 レーン幅のサーバー、ワークステーション、デスクトップ、グラフィックス、ストレージ、およびネットワーク カード アプリケーションを開発しているお客様向けです。
PCIe コンプライアンステスト  

UNH NVMe適合性テストは、Teledyne LeCroyProtocolアナライザーおよびエクササイザーで実行されます。 これらのツールは、これらのテストを実行するために必要なNVMeエミュレーション機能をサポートします。

PXP-100B テストプラットフォーム  Teledyne LeCroy PXP-100B テスト プラットフォームは、内蔵型ポータブルおよび電源供給パッシブ バックプレーンを備えた PCIe カードをテストするための便利な手段を提供します。 PXP-100B は、テスト対象の両方のカードに必要な電力を供給し、プロトコル アナライザへの接続にインターポーザを使用できます。

テレダイン・レクロイは、新しいNVMe、SATA Express、およびSCSIExpress高速シリアルデータ標準を使用してSSDおよびその他の同様のストレージ製品を開発している企業へのプロトコルアナライザーおよびエクササイザーの主要サプライヤーです。 プロトコルアナライザーとエクササイザーは、デバイスとシステム間のシリアルデータ通信リンク上のデータトラフィックを直接記録および検査するために、開発者と検証エンジニアによって使用されます。 この機器により、開発者はデバッグとテストのスケジュールを短縮し、新製品のエンジニアリング開発コストを削減し、市場投入までの厳しい要件を満たすことができます。

 役職Time
ストレージの開発とテストのための NVMe プロトコル分析機能36:27

ストレージ開発者が従来の SAS および SATA プロトコル ベースの SSD からより高度な NVMe および SATA Express テクノロジに移行するにつれて、トレース記録時間の制限や PCIe の標準化された分析レポートの欠如など、利用可能な設計およびテスト ツールの制限に直面しています。ベースのストレージ。 これらの つの問題は、次の理由により、NVMe および SATA Express の新しいテクノロジにとって重要です。

  • 高性能 SSD テストでは、数分を超えるデータ トラフィックの記録が必要になる場合があります。 多くのプロトコル アナライザーでは、記録アーキテクチャの制限により、これは不可能です。
  • 一部のテスト ツール サプライヤーは NVMe および SATA Express プロトコルのサポートを主張していますが、これらのプロトコルのサポートは最小限にとどまっています。 これは、NVMe および SATA Express 製品の品質テスト用に最適化されていない古いテクノロジ向けに設計されたレポート システムの使用により、開発者の生産性を妨げていました。

  Summit 特に PCIe ストレージ アプリケーションを対象とした T34 プロトコル アナライザーは、新しい NVMe 拡張モードで長時間のトレース記録をサポートするようになりました。 の Summit T34 は、最大 64 GB のトレース記録メモリで構成することもできます。 NVMe 拡張モードは、既存のディープ バッファ メモリに基づいて構築および最適化することで、ユーザーが長時間録画できるようにします。 DUT (Device Under Test) の速度に応じて、記録時間は最大で 回のトレース キャプチャで数時間まで可能です。 この機能は、パフォーマンスの測定やキュー処理アルゴリズムの機能の判断などのタスクに役立ちます。 現在利用可能なメトリックの例には、一定期間にわたって NVMe キューの分布を測定する機能が含まれます。 キューの動作を長期間にわたって収集する機能は、ドライバーと OS の開発者がアプリケーションを微調整し、キューの負荷を分散して製品のパフォーマンスを最適化するのに役立ちます。

PCI Express、SAS/SATA、その他のシリアル データ プロトコルに標準化されたエラー分析と製品パフォーマンス レポートを提供する 年以上の経験を持つ Teledyne LeCroy は、NVMe および SATA Express SSD のパフォーマンスと分析機能を開発しました。 PCIe プロトコル スイートの新機能である Trace Expert™ は、SSD 業界が SSD またはストレージ システムがどのように動作しているかを共通の理解を得るために必要とする詳細なレポートを作成します。これには、必要な PCIe ベースのコンポーネントに関する情報が含まれます。 NVMe キュー、コマンド、ドアベルおよび制御レジスタ、その他の多くのメトリクスなどの情報が取得、分析され、詳細なレポートに整理され、開発者に幅広いパフォーマンス統計を含む製品の包括的なステータス文書を提供します。

標準のストレージ プロトコルに加えて、当社のすべての NVMe プラットフォームは、トラステッド コンピュータ グループ (TCG)、シングル ルート I/O 仮想化 (SRIOV)、マルチルート I/O 仮想化 (MRIOV)、およびアドレス変換サービス (ATS) も完全にサポートしています。 )。 機能、ビュー、レポートの完全なリストは、各アナライザーの製品ページ (以下にリスト) でご覧いただけます。

NVMe over PCIe 仕様のデコードと分析 - NVMe初期化デコード
• NVMeコマンドのデコード
• NVMeキューを分析する
• NVMe複数ポインタベースのトランザクション
• NVMe電源管理
• PCIe SSD ベースアドレスを自動的に抽出
PCI Express 4.0 および 5.0 コンプライアンス テスト

Teledyne LeCroy は、PCI-SIG によって、PCIe 4.0 および PCIe 5.0 仕様を扱う開発者向けのリンクおよびトランザクション層コンプライアンス テスト用の標準ツールとして承認された、統合された自動化されたコンプライアンス テスト システムを提供します。 このソリューションは、 Summit Z58 または Summit Z516 エクササイザと PCI Express テスト プラットフォーム (エンドポイント デバイスのテスト用) このシステムは、PCI-SIG によって、PCI Express 4.0 および PCI Express 5.0 リンクおよびトランザクション層コンプライアンス テストの標準テスト ツールとして選択されました。

検証テスト

Teledyne LeCroy は、PCI Express ルート コンプレックスおよびエンドポイント デバイス用の統合された自動検証テスト システムも提供しています。 リンクエキスパート. このテスト アプリケーションは、アドイン カードおよびシステム デバイス用の PCI SIG によって指定された、リンク層とトランザクション層の両方に対する完全なテスト カバレッジを提供します。 検証スクリプトは Teledyne LeCroy の Summit 可能な限り最高のパフォーマンスを達成するためのエクセサイザーおよびアナライザー プラットフォーム。 テストは、x1、x2、x4、x8、および x16 リンク幅で利用できます。

  リンクエキスパート ソフトウェアはパッケージ化されており、ユーザーは無料で利用できます。 Summit システム。

  リンクエキスパート ソフトウェア パッケージを使用すると、次のことが可能になります。

  • PCI-SIG の検証テストに合格するようにアドイン カードまたはシステム ボードを準備します。
  • 個々の検証テストの合否に至るまでのテスト イベントを示すログ ウィンドウを表示します。
  • タイプを含むエラーを特定し、トレース内のエラーが発生した場所を示し、そのトレースに戻るハイパーリンクが含まれます。
  • テストを自動的に実行し、ログ ファイルを保存します。
  • エラー ログとそれに対応するプロトコル トレースの障害は、製品開発記録として一緒に保存されます。
  • スクリプト エディターを使用して検証テストを変更し、テスト シナリオを生成します。

リンク層テスト スクリプトの例としては、次のようなものがあります。

  • テスト 41-20 ReserveFieldsDLLPReceive テスト
    • DUT が ACK DLLP の予約フィールドを無視することを確認します。
  • テスト 52-160 未定義DLLPEncoding テスト
    • DUT が未定義のエンコーディングを持つ DLLP をサイレントにドロップし、それに関連するエラーがないことを確認します。
  • テスト 52-170 WrongSeqNuminAckDLLP テスト
    • DUT が、未確認の TLP に対応するシーケンス番号を持たない ACK DLLP をドロップし、ポートに関連付けられた BAD DLLP エラーをログに記録することを確認します。
  • テスト 52-10 再送信オンナク
    • このテストの目的は、DUT が NAK が発行されたトランザクションを再送信することを確認することです。