quantumdata M42de ビデオ アナライザー/ジェネレーター

見積り依頼
概要 概要
高度な設定が可能 高度な設定が可能
柔軟なハードウェア 柔軟なハードウェア
特徴 特徴
コンプライアンス コンプライアンス
qdプライム qdプライム

概要

テレダイン・レクロイ quantumdata M42de ビデオ アナライザー/ジェネレーター は、DisplayPort 2.1 のソース、シンク、リピータデバイスのビデオ、オーディオ、プロトコル層の機能テストとコンプライアンステストを組み合わせた前例のないテストを提供します。M42deは、従来のDisplayPort HBR3のレーンレート1.62、2.7、5.4、8.1Gb/sと新しいDP 2.1 UHBRレーンレート10.0、13.5、20.0 Gb/sをサポートしています。M80de は、USB Type-C® ケーブルに加え、フルサイズの DisplayPort ケーブルでの DP42 接続をサポートするよう強化されており、DP 2.1 テストと認証のための「ワンストップ」ソリューションとなります。

高度な設定が可能

quantumdata M42de は、DP 2.1(および1.4)のソースとシンクデバイスをテストするための高度に構成可能なプラットフォームで、迅速なリアルタイム解析、およびメタデータとAUXトランザクションを含むメインラインビデオのフルキャプチャを備えています。シリコン開発ボード、ディスプレイ、ドッキングステーション、ハブ、USB-Cアダプター、リタイマー、エクステンダーのテストに最適です。ビデオジェネレーターは、次世代ディスプレイを簡単に検証するために必要な標準的なビデオタイミングとテストパターンの大規模なライブラリを提供します。自動テスト用の完全なAPIがコンプライアンス テストで利用できるようになりました。

柔軟なハードウェア

M42deは、ユーザーフレンドリーなVideo Protocol Suite Managerを通じて、DisplayPortデータストリームの生成と解析をサポートします。M42deは、組み込みCPU(linuxベース)を搭載しており、HDMIモニターとキーボード/マウスを接続することで、スタンドアロン・プラットフォームとして動作します。オプションで、外付けラップトップを本体に直接接続し(RJ45 LANポート経由)、リモートPCとしてアナライザを制御することもできます。どちらの方法でも、最大8GBのキャプチャしたビデオログに素早くアクセスできます。Teledyne LeCroyの最先端技術T.A.P.4™に基づくパッシブ・プローブ機能により、20台のDisplayPortデバイス間のDisplayPortメイン・リンクとAUXチャネルを42 Gb/sのレーン・レートでフル・モニタリングできます。組み込みDisplayPort(eDP)の開発者向けに、Mdは高速リンク・トレーニング、代替スクランブラ・シード、高度リンク電源管理(ALPM)、Txバックライト制御を提供します。

主な機能

  • USB-C端子と、Tx/Rx機能を強化した新フルサイズDisplayPort(DP80)端子を搭載
  • 10Gb/s、13.5Gb/s、20Gb/sのレーンレート、128b/132bラインコーディングによるUHBRシンクおよびソーステストに完全対応
  • VESA DP 3コンプライアンステスト仕様に基づき、HBR2.1およびUHBRのソース、シンク、ブランチデバイスの幅広いコンプライアンステストをサポートします
  • ソース デバイスから受信したビデオとメタデータ (DSC 圧縮を含む) を表示する
  • ディスプレイ ストリーム圧縮 (DSC) とマルチストリーム トランスポート (MST) を含む、ビデオ、プロトコル、コントロールパケットのキャプチャとデコード
  • カスタムビデオジェネレーターは、多くのフォーマットと画像ライブラリにより、HBRおよびUHBRレーンレートでのディスプレイのテストが可能です
  • リンクトレーニングのパラメータを設定し、ディスプレイのリンクトレーニングの処理をテストします
  • ディスプレイ ストリーム圧縮 (DSC) 信号のパターンの選択、スライスとビデオ パラメータの構成を設定します
  • EDID および DPCD レジスタの表示と編集
  • DP 1.4またはDP 2.1のソースまたはシンクをエミュレートしながら、AUXチャンネルのトランザクションをモニター可能
  • 排他的: T.A.P.4パッシブモニタリングモードにより、メインリンクとAUXチャネルのトラフィックを可視化し、実際のDP 2.1デバイス間の相互運用性の問題をデバッグ可能
  • パネルリプレイ機能でソース とシンク デバイスをテスト可能
  • Python ベースの自動化 API により、コンプライアンステストやカスタム検証のタスクを無人モードで実行可能
  • UHBRレートで128b/132b、HBR8までのレーンレートで10b/3bエンコーディングの非透過型LTTPRをサポート
  • USB-C DP Alt ModeのPower Delivery (PD)プロトコルネゴシエーションを表示します
  • qdPrime™ は、広範囲にわたる DisplayPort 構成を自動的にテストします。

コンプライアンス

ソース リンクレイヤーのコンプライアンス

DPソースリンクレイヤーコンプライアンステストオプションは、HBR3またはUHBR対応デバイスを認定テストセンターに提出する前の事前テストに最適です。事前テストは、スムーズな認証プロセスを保証するための重要なステップと考えられています。オプションのコンプライアンス・テスト・パッケージでは、詳細な結果を確認することができ、不具合の原因を特定するのに役立ちます。また、リンクレイヤーテスト中にAUXチャネルのトレースも保存され、AUXトランザクションの信頼できる記録を提供されます。

シンク リンクレイヤーと EDID コンプライアンス

DP シンクの EDID/DisplayID と リンクレイヤーコンプライアンス オプションは、DP 1.4認証と増え続けるDP 2.1テストに完全に対応しています。数十のテストケースと数百のアサーションをカバーするリンクレイヤーCTSパッケージは、あらゆるエンジニアリング検証テスト作業の基礎となるものです。トレーニング、前方誤り訂正(FEC)、パワーマネージメント、マルチバイトAUXトランザクションなどの重要な機能に対する必須テストを備えたこの基本パッケージは、包括的なテストカバレッジの出発点となっています。

LTTPR ソース、シンク、リタイマー コンプライアンス

quantumdata M42deは、LTTPR(Link Training Tunable Phy Repeater)コンプライアンスの自動テストをワンボタンで行うことができます。HBR3およびUHBR対応のDisplayPortソース、シンク、リタイマーデバイスに特化したテストを搭載したM42deは、実際のLTTPRネットワーク動作を模倣し、ソースが透過および非透過モードの両方で適切に構成およびリンクトレーニングできることを確認します。簡単な合否レポートが自動的に生成され、詳細なAUXログが取得されるため、クロックデータのスイッチフェーズ、イコライゼーション、レーン間アライメント中の問題を理解するのに非常に有効です。

qdプライム

qdPrime テスト スイートは、 quantumdata DisplayPort の機能とソースとシンクの両方の相互運用性を検証するために設計された独自のテスト。このオプション機能は、レーン幅、リンク レート、タイミング、リフレッシュ レート、色空間、ビット深度のさまざまな組み合わせを系統的にテストし、デバイスが DisplayPort 2.1 エコシステムで適切に動作することを確認します。個々のテストでは、詳細なログを含む合否結果が生成され、デバイスの相互運用性の再現可能なスナップショットが提供されます。

説明ビデオとデモ

DisplayPort 2.0 のプロトコル解析とビデオ信号発生機能
ソースとシンクのテスト

リソース

名前  
quantumdata M42de データシート PDFのダウンロード

データシート

PDFのダウンロード
quantumdata M42de ユーザーガイド PDFのダウンロード

マニュアル

PDFのダウンロード
quantumdata M42de クイック スタート ガイド PDFのダウンロード

マニュアル

PDFのダウンロード
quantumdata M42de リリースノート PDFのダウンロード

リリースノート

PDFのダウンロード
quantumdata M42de パッシブモニタリング PDFのダウンロード

ホワイトペーパー

PDFのダウンロード
qdPrime:DisplayPort 2.1 の包括的で自動化されたテスト カバレッジ PDFのダウンロード

ホワイトペーパー

PDFのダウンロード

DisplayPort 2.1 のパネル リプレイ モードに関する詳細なトレーニングについては、このウェビナーをご覧ください。また、パネル リプレイとその前身である Power Self-Refresh 2 (PSR2) 実装のテストと検証に重点を置いて、最新の省電力機能とプロトコルの動作について調べてください。

最新の DisplayPort 2.1 コンプライアンス テスト仕様 (CTS) に関する完全な概要については、テクニカル ウェビナーをご覧ください。

このウェビナーでは、Teledyne LeCroy アプリケーション プログラミング インターフェース (API) の機能について説明します。 quantumdata M42d/M41d および 980 シリーズ DisplayPort テスト機器。

このウェビナーでは、UHBR ネットワーク内の LTTPR デバイスを使用した DisplayPort 2.0 リンク層プロトコルの動作と、LTTPR 対応デバイスのコンプライアンスをテストする方法について説明します。

オプション
DP 2.0 リンク層および MST ソース コンプライアンス テスト

UHBR 20.0G レートまでのレートでリンク トレーニングおよびその他の機能をテストします。 (95-00232)

DP 2.0 リンク層 & MST シンク コンプライアンス テスト

UHBR 20.0G レートまでのレートでリンク トレーニングおよびその他の機能をテストするシンク リンク層コンプライアンス テストを実行します。 (95-00233)

DP Adaptive Sync ソースおよびシンク コンプライアンス テスト

HBR3 で Adaptive Sync 対応のシンクおよびソース デバイスでソースおよびシンク コンプライアンス テストを実行します。 活発な開発中の UHBR 率 (出典: 95-00234; シンク: 95-00235)

DP LTTPR 対応ソース コンプライアンス テスト

UHBR 20.0G レートまでのレートで、LTTPR 対応のソース デバイスでコンプライアンス テストを実行します。 (95-00240)

DP LTTPR 対応シンク コンプライアンス テスト

UHBR 20.0G レートまでのレートで、LTTPR 対応のシンク デバイスでコンプライアンス テストを実行します。 (95-00241)

DP LTTPR デバイス コンプライアンス テスト

UHBR 20.0G レートまでのレートで LTTPR デバイスのコンプライアンス テストを実行します。 (95-00242)

DP 1.4 リンク層シンク コンプライアンス テスト

このコンプライアンス テスト パッケージには、HBR3 までのレートでリンク トレーニングやその他の機能をテストする HBR3 シンク リンク層コンプライアンス テストが含まれています。 次のセクションのテストがサポートされています: Aux Chan プロトコル 5.2.1、リンク トレーニング 5.3.1、リンク メンテナンス 5.3.2、メイン ビデオ 5.4.1/2、メイン オーディオ 5.4.4、電源管理 5.4.3、前方誤り訂正(FEC) 5.5.1.

DP 1.4 DSC/FEC ソース コンプライアンス テスト

DisplayPort ソース デバイスで Display Stream Compression (DSC) および Forward Error Correction (FEC) コンプライアンス テストを実行します。 (95-00236)

DP 1.4 DSC/FEC シンク コンプライアンス テスト

DisplayPort シンク デバイスでディスプレイ ストリーム圧縮 (DSC) および前方誤り訂正 (FEC) コンプライアンス テストを実行します。 (95-00237)

HDCP 2.3 準拠テスト

DisplayPort ソース、シンク、リピーターで HDCP 2.2/2.3 を実行します。 (ソース: 95-00214; シンク: 95-00217)

DisplayPort 機能
DisplayPortバージョン

DP 2.1

標準フォーマット

CEA、VESA

プロトコル

DisplayPort、FEC によるディスプレイ ストリーム圧縮 (DSC)、HDCP、MST

ビデオ データ レート

1.62、2.7、5.4 レーンで 8.1、1、2、および 4Gb/s。 10 レーンで 13.5、20、4Gb/s

色の深さ

コンポーネントあたり 8、10、12、および 18 ビット

ビデオ サンプリング モード

4:4:4, 4:2:2, 4:2:0

オーディオ

8 チャネル LPCM プログラム可能な正弦波

HDCP

2.3

キャプチャーメモリー

8GB

コネクタ - フロント
DP スタンダード

送信 (1); 受信機 (1)

USB-C

送信 (1); 受信 (1); DP Altモードをサポート

eDPヘッダー

eDP Tx バックライト コントロールにアクセスするためのピン

USB(2)

Advanced Test Platform GUI のキーボードとマウスの接続に使用

コネクタ - 背面
HDMIコネクタ

アウト/Tx HDMI タイプ A; カテゴリ 2. Advanced Test Platform GUI 用の外部ディスプレイを接続するために使用されます。

USB(2)

Advanced Test Platform GUI および外部ストレージ用のキーボードとマウスの接続に使用

RJ-45 E1

Advanced Test Platform GUI を実行しているコンピューターから LAN を介した管理者制御用

RCA (2)

オーディオを挿入するための SPDIF IN (将来)。 入力オーディオを抽出するための SPDIF OUT

他のすべてのコネクタ

将来使用するために予約されています。

物理/電気/管理
出力

100 ~ 240 VAC、50 ~ 60 Hz、200 ワット

重量

7.6ポンド。 5.057キロ

サイズ

高さ: 3.44 インチ (8.74 cm) 幅: 9.57 インチ (24.30 cm) 奥行: 10.94 インチ (27.79 cm)

ラックマウント可能

取り付けブラケット付きの 2 インチ ラックに 19 つの RU マウント (付属)

内蔵スピーカー

着信オーディオを監視するためのボリュームコントロール付きスピーカー

コマンド ライン コントロール

外部 GUI および telnet 用のイーサネット (RJ-45)。
または、HDMI または DisplayPort 管理ポートの外部ディスプレイを備えた USB ポートに接続されたキーボード/マウス。

環境

動作温度: 32 ~ 104 (F); 0~40(C)

質問があります?

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
返信お待ちしています