シリアルデータ
シリアルデータ

シリアルデータテストに関して、テレダイン・レクロイのオシロスコープとアナライザは、高速信号およびデータ解析に最適なソリューションを提供し続け業界を牽引してきました。テレダイン・レクロイの製品は、多忙なテストおよび測定エンジニアに完全なツール群を提供し、設計サイクルの始まりから終わりまでの究極のソリューションを提供します。

シリアルデータを探索する

セレクションガイド
標準を表示:


























































10Gイーサネットのテストにおける課題は、テストセットアップの複雑さだけでなく、クロストーク、イコライゼーション、確定的ジッタ・ブレークダウンなどの高速信号に付随する、シグナルインテグリティの問題を解決するための直感的なトラブルシューティングツールの要件にもあります。 テレダイン・レクロイの10Gイーサネット向けトータルソリューションは、10Gインターフェイスに関連する複数の規格をカバーし、100Gアーキテクチャ向けのより高いレーン密度テストとより高いビットレートテストに簡単にアップグレードできる柔軟性を備えています。 QPHY自動テスト環境と組み合わせると、ユーザーは冗長なテストセットアップと結果収集の労力を最小限に抑え、コンプライアンス、特性評価、およびデバッグテストにより集中できます。

ARINC 429デコード(D)およびデコード、測定/グラフ、アイパターン(DME)ソリューションはどちらも、シンボリックデコードと透明な色分けされたオーバーレイ、プロトコルテーブル、および検索機能を提供します。 DMEオプションは、自動測定およびグラフ作成ツールを備えた測定/グラフ(M)機能と、物理層信号の評価およびデバッグのためのアイパターン(E)機能も提供します。


テレダインのSerialAudioBusトリガ、デコード、およびグラフパッケージは、デジタルオーディオバスを適切に解析およびデバッグするために必要なすべてのツールを提供します。 テレダイン・レクロイのソリューションは、オーディオバス規格のI2S、LJ、RJ、およびTDMのバリエーションに対応しています。

車載イーサネットは、現在の車両と将来のコネクテッドカーの需要を満たすために、より高速なデータ通信を可能にします。

CAN XL トリガ デコード (TD) は、CAN XL SIC および CAN XL FAST モード用の高性能トリガと半透明で色分けされたデコード オーバーレイ、プロトコル テーブル、および検索機能を提供します。 TDME シンボリック オプションは、シンボリック トリガ、デコードおよび測定/グラフ (M) 機能と、自動測定およびグラフ作成ツール、および物理層信号の評価とデバッグのためのアイパターン(E) 機能を追加で提供します。 CAN XL オプションには、CAN および CAN FD オプションに含まれるすべての機能も含まれています。

CAN FDトリガ デコード(TD)およびトリガ、デコード、測定/グラフおよびアイパターン(TDME)ソリューションは両方とも、高性能トリガと透明な色分けされたデコードオーバーレイ、プロトコルテーブル、および検索機能を提供します。 TDMEオプションは、自動測定およびグラフ作成ツールを備えた測定/グラフ(M)機能と、物理層信号の評価およびデバッグのためのアイダイアグラム(E)機能も提供します。 シンボリックトリガー、デコード、および測定/グラフ機能も利用できます(TDMEシンボリック)。 CAN FDオプションには、CANオプションに含まれるすべての機能も含まれています。

Teledyne LeCroy QPHY-DDR2 テスト ソリューションは、DDR2 メモリ インタフェースの特性を評価する最良の方法です。 400 MHz、533 MHz、667 MHz、800 MHz、1066 MHz、およびカスタム スピード グレードでの測定が可能な QPHY-DDR2 には、JEDEC 仕様およびインテル JEDEC 仕様補遺で指定されているクロック、電気、タイミングの完全なテストが可能です。

テレダイン・レクロイの QPHY-DDR3テストソリューションは、DDR3メモリインタフェースを特性評価する最良の方法です。 800 MT / s、1066 MT / s、1333 MT / s、1600 MT / s、1866 MT / s、2133 MT / s、およびカスタム・スピード・グレードで測定を実行できます。JEDEC仕様で指定されているクロック、電気、タイミング・テストを完全に網羅しています。

DDR4 は DDR3 からの進化したアップグレードです。 これにより、DDR3 転送速度のほぼ倍となる 1.6 GT/s から最大 3.2 GT/s までのデータ転送速度が実現します。 DDR4 の高い転送速度と低い動作電圧により、適切な信号忠実度を確保するために、以前は DDR3 には必要なかった新たなテスト方法と要件が追加となっています。

DDR5 は、DDR4 からの進化したアップグレードです。

WaveMaster/SDA/DDA 8 Zi シリーズ オシロスコープ用の QPHY-DisplayPort ソフトウェアは、Video Electronics Standards Association (VESA) DisplayPort 物理層コンプライアンステスト仕様のバージョン 1.1 に準拠した、すべての標準的なリアルタイム オシロスコープ を使用したソース・テストを実行するための自動テスト環境を提供します。

IEEE 802.3-2005 に準拠したイーサネットテストには、多くのテスト設定と接続、およびマスクテストが必要です。 テレダイン・レクロイの QualiPHY-ENET を使用すると、これらの測定を簡単にセットアップして完了できます。 わかりやすい接続図とメッセージボックスがオシロスコープ画面にポップアップして表示されます。 接続図は、完全なテストを行うためにテストフィクスチャとジャンパピンを変更する方法をユーザーに示します。 テストが完了すると、QualiPHY は PDF、HTML、または XML 形式でテストレポートを生成します。 ジッタおよびパルス マスクテストは自動波形スケーリングのもと実行され、すべてのテスト結果には、テスト対象の規格に対応する合否判定結果が表示されます。

Eye Doctor II は、次世代シリアル データ規格に必要となるチャンネル・エミュレーションおよびディエンベッドツールを提供します。

ファイバーチャネル(FC)は、主にストレージネットワーキングに使用されるギガビット速度のネットワークテクノロジです。 ファイバーチャネルは、情報技術規格国際委員会(INCITS)のT11技術委員会で標準化されています。 ファイバーチャネルは主にスーパーコンピュータの分野で使用されていましたが、現在、エンタープライズストレージのストレージエリアネットワーク(SAN)の標準接続タイプになっています。

FlexRayトリガ デコード(TD)およびトリガ、デコード、測定/グラフおよび物理層(TDMP)ソリューションはどちらも、高性能トリガと透明な色分けされたデコードオーバーレイ、プロトコルテーブル、および検索機能を提供します。 TDMPオプションは、自動測定およびグラフ作成ツールを備えた測定/グラフ(M)機能と、高度な物理層信号の評価およびデバッグのための物理層およびアイパターン(P)機能も提供します。

シリアルデータ・アナライザの SDA ファミリは、High Definition Multimedia Interface (HDMI) 電気テスト仕様に従って作成された検証/検証およびデバッグツールの簡潔なセットを提供します。 対象となる HDMI テスト モードには、ケーブルインピーダンス テストに加えて、振幅タイミング、ジッタパラメータを対象とするソース テストとケーブル テストが含まれます。 HDMI の標準アイパターンおよびジッタテストに加えて、SDA リアルタイムテスト機器プラットフォームは、HDMI 仕様で定義されている振幅およびジッタ測定の完全なセットを提供します。

I2Cトリガ デコード(TD)およびトリガ、デコード、測定/グラフ、および物理層(TDME)ソリューションはどちらも、高性能トリガと透明な色分けされたデコードオーバーレイ、プロトコルテーブル、および検索機能を提供します。 TDMEオプションは、自動測定およびグラフ作成ツールを備えた測定/グラフ(M)機能と、物理層信号の評価およびデバッグのためのアイパターン(E)機能も提供します。

I3Cトリガ デコード(TD)およびトリガ、デコード、測定/グラフ、および物理層(TDME)ソリューションはどちらも、高性能トリガと透明な色分けされたデコードオーバーレイ、プロトコルテーブル、および検索機能を提供します。 TDMEオプションは、自動測定およびグラフ作成ツールを備えた測定/グラフ(M)機能と、物理層信号の評価およびデバッグのためのアイパターン(E)機能も提供します。

LINトリガ デコード (TD) およびトリガ、デコード、測定/グラフ、物理層 (TDME) ソリューションはどちらも、高性能トリガと、透明な色分けされたデコードオーバーレイ、プロトコル テーブル、および検索機能を提供します。 TDME オプションは、自動測定およびグラフ作成ツールを備えた測定/グラフ (M) 機能と、物理層信号の評価とデバッグのためのアイパターン (E) 機能も提供します。

テレダイン・レクロイの QPHY-LPDDR2 テストソリューションは、LPDDR2 メモリ インターフェイスの特性を評価する最良の方法です。 466 MHz、533 MHz、667 MHz、800 MHz、900 MHz、1066 MHz、およびカスタム スピード グレードでの測定を実行できる QPHY-LPDDR2 は、JEDEC 仕様で指定されているクロック、電気、タイミング テストの完全な測定項目を網羅しています。

LPDDR3 は、最新世代のモバイルおよび組み込みアプリケーション向けに設計されています。 LPDDR3 は、LPDDR2 からの進化したアップグレードです。 動作電圧が低くなり、LPDDR2 転送速度のほぼ倍となる 1333 MT/s から最大 2133 MT/s までのデータ転送速度が導入されています。

LPDDR4は、以前のLPDDR3テクノロジと比較して、モバイルデバイスのメモリ速度と効率を大幅に向上させます。 LPDDR4は、最大4266 MT / sの転送速度と、1.1Vの低い動作電圧を提供し、新しいテストの課題をもたらします。

LPDDR5 は、以前の LPDDR4 テクノロジーと比較して大幅なアップグレードを提供します。

マンチェスタ符号化は、各データビットの符号化に少なくとも1つの遷移があり、0とのビット幅が等しいため、DC成分がないラインコードです。 マンチェスタ信号はセルフクロッキングです。つまり、エンコードされたデータからクロック信号を復元できます。 マンチェスタの構成可能なプロトコルでコードを使用すると、ビットレート、極性、アイドル状態、タイムアウトなどのさまざまな組み合わせを使用してビットをグループ化し、解読可能なメッセージを作成できます。 マンチェスタ符号化方式を使用して開発されたさまざまなプロトコルのデコードが可能です。

MIL-STD-1553 トリガ デコード (TD) およびトリガ、デコード、測定/グラフ、アイパターン (TDME) ソリューションはどちらも、高性能トリガと透明な色分けされたデコード オーバーレイ、プロトコル テーブル、および検索機能を提供します。 TDME オプションは、自動測定およびグラフ作成ツールを備えた測定/グラフ (M) 機能と、物理層信号の評価とデバッグのためのアイパターン (E) 機能も提供します。

MIPIテストソリューションは、D-PHY バージョン 1.00.00 の MIPI Alliance 仕様に記載されているトランスミッターの物理層テストを実行するためのテレダイン・レクロイ オシロスコープの自動制御を提供します。

MOST(Media Oriented Systems Transport)QualiPHYテストソリューションは、指定されたMOSTデバイスの完全な捕捉および解析ソリューションを提供します。 テレダイン・レクロイのQualiPHY自動テストおよびレポート作成ソフトウェアは、MOST50 ePHY、MOST150 oPHY、およびMOST150cPHYの電気テストのフルセットを実装しています。

NRZ (non-return-to-zero) ライン コードは、1がひとつの意味を持つ状態 (通常は正の電圧) で表され、0 が他の意味を持つ状態 (通常は負の電圧) で表されるバイナリコードです。 ニュートラルまたは静止状態はありません。 NRZ 構成可能なプロトコル デコードを使用すると、ビット レート、極性、アイドル状態、タイムアウトなどのさまざまな組み合わせを使用してビットをグループ化し、メッセージを解読できます。 NRZ エンコード方式を使用して開発されたさまざまなプロトコルのデコードが可能になります。

PCI Express (PCIe) は、Peripheral Connect Interface (PCI) アーキテクチャを継承する主要な相互接続テクノロジになりました。 テレダイン・レクロイは、2003 年 2 月に最初の PCIe プロトコル アナライザをリリースしました。テレダイン・レクロイは、物理層でコンプライアンステストを実行するように設計された SDA 13000 アナライザのオシロスコープ ソリューションも提供しています。

PMBus は、SMBus プロトコルを基礎とするコマンド セットで、電力変換装置やその他のデバイスとの通信手段を定義します。


QualiPHYは、さまざまな高速シリアルバスでコンプライアンステストを実行するために必要な時間と労力を削減するように設計されています。 QualiPHYは、シリアルデータコンプライアンステストを実行するために利用できる最も直感的で効率的なツールです。 新しい標準またはテストセットアップの選択はメイン画面を離れることなく行われ、ユーザーはボタンを1回押すだけでテストを開始できます。

Serial Attached SCSI (SAS) は、Ultra320 を超えた SCSI の次の進化です。 これは、シリアル、ポイントツーポイント、スイッチド アーキテクチャを利用しており、並列型の前任者の既存の機能を大幅に拡張することが約束されています。 シリアル アタッチド SCSI は、企業に定着した 20 年間の実証済みの SCSI レガシー ミドルウェア/ソフトウェアを活用するとともに、今日のパラレル SCSI が提供するものよりも大幅に優れたパフォーマンスと拡張性を実現できる強力なスモール フォーム ファクタ接続スキームを提供することを目的としています。

現在および将来のマルチレーンシグナリングの世界では、シリアルデータシステム設計者はマルチレーン解析を必要とします。 マルチレーンSDA解析のパワーを解き放ち、最大レーンで同時にアイとジッタの測定を実行します。

Single Edge Nibble Transmission encoding scheme、SENT、SAE J2716は、高分解能センサデータをセンサからエンジンコントロールユニット(ECU)に通信する必要があるアプリケーションでの使用を目的としています。

SATA は、ホスト バス アダプタをハードディスク ドライブなどの大容量記憶装置に接続するためのストレージ インターフェイスです。

SMBus は、システムおよび電源管理関連タスクに制御バスを提供する I2C ベースのプロトコルです。 SMBus を使用すると、さまざまなシステム コンポーネント チップやデバイスが、個別の制御ラインを使用する代わりに相互にメッセージをやり取りできるため、ピン数が削減されます。


SpaceWireデコードは、SpaceWireシステムの設計、デバッグ、およびメンテナンスを簡素化する独自のツールセットをテレダイン・レクロイ オシロスコープに追加します。 高速SpaceWireデータストリームは、物理層の波形に直接注釈が付けられます。 プロトコルのさまざまなセクションは、プロトコルトラフィックを理解しやすくするために色分けされています。 対話型のテーブル、検索、およびズーム機能を提供して、デバッグを高速かつ効果的にします。

SPIトリガ デコード(TD)およびトリガ、デコード、測定/グラフ、および物理層(TDME)ソリューションはどちらも、高性能トリガと透明な色分けされたデコードオーバーレイ、プロトコルテーブル、および検索機能を提供します。 TDMEオプションは、自動測定およびグラフ作成ツールを備えた測定/グラフ(M)機能と、物理層信号の評価およびデバッグのためのアイパターン(E)機能も提供します。

MIPI システム電源管理インターフェイス (SPMI) は、モバイル、ハンドヘルド、およびバッテリ駆動の組み込みシステムの電源管理 IC (PMIC) やその他の電圧調整コンポーネントに DC 電源/電圧レール コマンドを伝達するための業界標準になりつつあります。

UARTおよびRS-232トリガ デコード(TD)およびトリガ、デコード、測定/グラフおよびアイパターン(TDME)ソリューションは両方とも、高性能トリガと透明な色分けされたデコードオーバーレイ、プロトコルテーブル、および検索機能を提供します。 TDMEオプションは、自動測定およびグラフ作成ツールを備えた測定/グラフ(M)機能と、物理層信号の評価およびデバッグのためのアイパターン(E)機能も提供します。

Ultrawideband(UWB)は、消費者向けワイヤレスパーソナルエリアネットワーキング(WPAN)アプリケーションに対応する主要なテクノロジとして登場しました。 テレダイン・レクロイは、2005年4月にWiMediaベースのワイヤレスPAN用の最初のUWBプロトコルアナライザをリリースしました。テレダイン・レクロイは、WiMedia物理層でEVM解析を実行するように設計されたオシロスコープソリューションも提供しています。

USB(Universal Serial Bus)は、システムを再構成したり、コンピュータボックスを開いてインタフェースカードをインストールしたりすることなく、周辺機器をコンピュータに接続できるようにする接続規格です。 USBは1995年に導入され、シリアル、パラレル、マウス、キーボードのポートに取って代わりました。

SuperSpeed USB は、ここ数年で最も期待されている規格の 10 つです。 USB 2.0 の 倍のデータ レートと、CTLE (連続時間線形イコライゼーション) やリファレンス チャネルなどの新機能を備えた SuperSpeed USB は、実装者に新たな課題をもたらします。

USB 3.1 は、USB の最大データ転送速度を 5 Gb/s から 10 Gb/s に倍増し、強化された電力供給機能 (最大 100 W) を可能にし、Type-C コネクタ プラットフォームを導入します。 USB 3.2 マルチレーン操作が可能: 2 または 5 Gb/s の 10 レーンで、20 Gb/s (Gen2x2) の最大転送速度を実現します。

(Thunderbolt 4 テクノロジーに基づく)USB3 仕様は、最大 40 Gb/s の高速データレートを特徴としており、USB Type-C コネクタを介して USB エコシステムに次世代のパフォーマンスをもたらします。 テレダイン・レクロイは USB-IF テスト仕様に対応し、電気物理層とプロトコル テストの双方に利用可能な初の USB4 テストスイートを提供します。 テレダイン・レクロイ USB4 テストソリューションは、Thunderbolt 3 仕様もサポートしています。