サポート
FAQ/ナレッジベース

FAQ/ナレッジベース

SPARQシグナル・インテグリティ・ネットワークアナライザ

SPARQ シグナル・インテグリティ・ネットワークアナライザに関する最新のよくある質問を掲載しています。


製品グループを選択
カテゴリを選んでください
キーワードを入力:   



トピック:

SPARQ シリーズ シグナル インテグリティ ネットワーク アナライザ - スイッチ マトリックス

問題:

SPARQ がメカニカル スイッチを使用するのはなぜですか?

解決法:

「E」モデル SPARQ ユニットには、相互接続された 40GHz メカニカル スイッチを含むスイッチ マトリックスが含まれています。 スイッチは、TDR パルサー/サンプラーと TDT サンプラーを DUT 測定フェーズ中にポートのペアにルーティングし、測定シーケンスのキャリブレーション フェーズ中に内部 O、S、L、T 規格にルーティングします。 スイッチ マトリックスのおかげで、OSLT キャリブレーションと S パラメータの測定を、単一のアダプタまたはケーブルを取り外したり再接続したりせずに行うことができます。 各スイッチの各位置の定格寿命は 2,000,000 回の作動または投入であり、これは約 600,000 回の 4 ポート測定に相当します。 スイッチの定格寿命は、機械的な故障ではなく、挿入損失に基づいています。

フォローアップ FAQ の つは、「なぜ SPARQ はソリッド ステート リレー (SSR) を使用しないのですか?」です。 その理由は、SSR がアクティブな非線形デバイスであり、通過する信号を歪ませるからです。 それらがアクティブであるという事実も、キャリブレーションプロセスを複雑にします。 ドリフトするすべてのコンポーネントは、SSR を使用している場合は不可能な、キャリブレーション基準面の後ろに配置する必要があります。


添付ファイル:

(ここにリストされているすべてのサポート ファイルはスキャンされており、ウイルスに感染していません)


製品グループ:
シグナル・インテグリティ・ネットワークアナライザ

 
モデル番号:
SPARQ-4002E、SPARQ-4002M、SPARQ-4004E

 
カテゴリー:
Hardware

 
サブカテゴリ:
スイッチ マトリックス

 
 検索結果に戻る