サポート
FAQ/ナレッジベース

FAQ/ナレッジベース

SPARQシグナル・インテグリティ・ネットワークアナライザ

SPARQ シグナル・インテグリティ・ネットワークアナライザに関する最新のよくある質問を掲載しています。


製品グループを選択
カテゴリを選んでください
キーワードを入力:   



トピック:

SPARQ シリーズ シグナル インテグリティ ネットワーク アナライザ - タイム ドメイン解析

問題:

SPARQ は時間領域応答をどのように測定しますか?

解決法:

SPARQ ユーザーは、測定またはインポートされた S パラメータに加えて、時間領域の結果を表示することを選択できます。 時間領域の結果 (ステップ応答、インパルス応答、Z および Rho) は、選択した S パラメータの結果から導出されます。 時間領域の結果を決定するには、まず S パラメータの逆 FFT を実行して、対応するインパルス応答を決定します。 この波形は、積分がレイズド コサイン ステップであるインパルスで畳み込まれます。 このステップの立ち上がり時間は、時間領域結果タイプの表示を選択したときに表示される「立ち上がり」セレクターを介して構成されます。

時間領域の結果を表示することにより、ユーザーは測定時の DUT の時間領域の動作を確認できます。別のソフトウェアを使用して時間領域の動作をシミュレートする必要はありません。


添付ファイル:

(ここにリストされているすべてのサポート ファイルはスキャンされており、ウイルスに感染していません)


製品グループ:
シグナル・インテグリティ・ネットワークアナライザ

 
モデル番号:
SPARQ-4002E、SPARQ-4002M、SPARQ-4004E

 
カテゴリー:
解析

 
サブカテゴリ:
時間領域の結果

 
 検索結果に戻る