サポート
テクニカルライブラリ

テクニカルライブラリ

テレダイン・レクロイのテクニカルライブラリのアプリケーションノートでは、最新の技術資料を検索、参照、および印刷できます。 検索機能を使用すると、カテゴリまたはキーワードで資料を探すことができます。

本サイトのアプリケーションノートはPDF形式で掲載しています。

アプリケーションノート

カテゴリで検索: キーワードで検索:
 
検索結果: 検索結果が見つかりました 41 一致します。 ページ 1 of 5 ページ
結果1-10

 

オシロスコープのネットワーク セキュリティ

ネットワーク接続された Teledyne LeCroy Windows ベースのオシロスコープのセキュリティを向上させるための推奨事項。

FFT のセットアップ

高速フーリエ変換 (FFT) は、オシロスコープで取得した時間領域の波形を周波数領域のスペクトルに変換します。 これにより、オシロスコープは、RF スペクトラム アナライザによって通常提供されるのと同じ種類の情報を表示できます。

RF パワー測定 - 複雑な信号のピークおよび平均パワーの測定

Teledyne LeCroy オシロスコープは、非常に長いデータ レコードの瞬時電力を測定するための高速かつ簡単な方法を提供することで、直交変調ベースの通信システムの設計者が動的電力要件を評価するのに役立ちます。

デジタル オシロスコープを使用した誘導ランプのテスト

身近な白熱灯、LED(発光ダイオード)、HID(高輝度放電)、蛍光灯、誘導灯など、照明器具にはさまざまな種類があります。 それらはすべて、AC 電源 (および場合によっては DC 電源) を光に変換できます。 しかし、効率、構造の複雑さ、寿命、明るさ、発光色には違いがあります。 ただし、これらのさまざまなタイプのデバイスのテストはすべて、デジタル オシロスコープを使用して実行できます。 この記事では、誘導灯の試験について説明します。

ARINC 429 または MIL-STD-1553 データ バスを使用するアビオニクス システムのテストとデバッグ

航空機や宇宙船のデータ バスは、コマンドとデータの適切な通信が動作に不可欠であるため、送受信において非常に高い品質を必要とします。 主に民間航空機で使用される ARINC 429 規格と、軍用アビオニクスおよび宇宙船 (軍用および商用) で使用される MIL-STD-1553 バスには、いくつかの共通の特徴と重要な相違点があります。 このペーパーでは、デジタル オシロスコープを使用してこれらのバスを表示、テスト、トラブルシューティングする方法の有用な例を示します。

ERES と HiRes の違い


LeCroy の ERES (Enhanced Resolution) 演算操作と Tektronix HiRes (High Resolution) 取得モードはどちらも FIR (Finite Impulse Response) フィルタです。 それらの機能は、信号の高帯域幅成分と取得ノイズの高帯域幅成分を波形から除去することです。 その基本的な類似性を超えて、 つの操作は数学的レベルと操作レベルの両方で完全に異なります。

ラボ WM786 - WaveScan を使用した低速シリアル信号のアイ ダイアグラムの作成

WaveScan の ScanOverlay を使用して、低速シリアル信号のアイ ダイアグラムを作成します。

グリッチハンティングテクニック

断続的な一時的なイベントやグリッチは、解決が最も困難な問題の つです。 これは、トランジェントの性質について何も知らない場合に特に当てはまります。 レクロイのオシロスコープには、これらの厄介なトランジェントを捕捉して特定するのに役立つツールが含まれています。 このホワイト ペーパーでは、グリッチ ハンティングの手法に焦点を当てます。

ラボ WM-1026

グランド リードのインダクタンスは、信号の歪みを引き起こす可能性があります。 正しい信号リード構成を選択することが重要です。
12345