サポート
テクニカルライブラリ

テクニカルライブラリ

テレダイン・レクロイのテクニカルライブラリのアプリケーションノートでは、最新の技術資料を検索、参照、および印刷できます。 検索機能を使用すると、カテゴリまたはキーワードで資料を探すことができます。

このサイトのアプリケーションノートはPDF形式で掲載しています。

会議資料

カテゴリで検索: キーワードで検索:
 
検索結果: 検索結果が見つかりました 2 一致します。 ページ 1 of 1 ページ
結果1-2

  
 

DesignCon 2013 - PRBS テスト パターンの長さの増加に伴う明らかなランダム ジッターの増加について

不完全な伝送「チャネル」が存在する場合、物理的および数学的な理由により、PRBS テスト パターンの長さが長くなるにつれてランダム ジッターが増加することがあります。 基本的に、任意のシンボル間干渉 (ISI) の性質は、総ジッター (Tj) の動作が「デュアル ディラック モデル」から大幅に逸脱するようなものです。 基本的な決定論的およびランダム ジッタ (Dj、Rj) の内訳については、そのモデルに依存しています。 複数の理由から、多くの場合、観測された Rj の増加は明らかであるだけでなく、BERT 測定によって検証でき、数学的に正当化できます。 この影響は、多くのエンジニアが考えているよりも大きいです。 さらに言えば、長い PRBS パターンが適切なテスト ケースとして機能するかどうかを尋ねることができます。