製品
TDRとSパラメータ

T3SP TDR測定器

Teledyne Test Tools T3SP15Dは、真の差動信号でDUT特性を調べることができます。 T3SP15Dは、35 psの高速立ち上がり時間、空間分解能(FR4) 3 mm、最長DUT長 40 m、およびTDRの繰り返し速度10 MHzを提供し、校正はVNAと同じくOEPN/SHORT/LOAD/THRU(OSLT) を使います。小型軽量であり、内蔵バッテリオプションも用意されたこの測定器は、手頃な価格で、実験室やフィールドのどこでも使用することができます。

T3SP TDR測定器を見る T3SP TDR測定器を見る
T3SP15D-B-BUNDLE
差動 TDR、35 ps、15 GHz、ESD、Sxy、OSLT 3.5MM 校正キット、アルミニウム ケース、内蔵バッテリー
T3SP15D-BUNDLE
差動 TDR、35 ps、15 GHz、ESD、Sxy、OSLT 3.5MM 校正キット、アルミニウム ケース
主な機能
  • 真の差動TDR、空間分解能 < 3 mm
  • 小型、バッテリ駆動
  • Sパラメータ 最大15 GHz
  • 立ち上がり時間 35 ps
  • ロングメモリ 最大50,000ポイント
  • 新しいシリアルデータ規格のテストに対応

真の差動TDR測定器

最新の高速設計のほとんどは、差動伝送ラインが実装されています。 真の差動TDRを使用すると、このような設計でのシグナルインテグリティ測定のセットアップが簡単になります。シールドされていないツイストペアケーブルを測定する場合など、測定対象によってはグランドに接続するのが難しいか、アクセスできない可能性があります。真の差動TDRを使用して測定を行う場合、ほとんどの場合グランド接続は不要であり、グランド接続のない柔軟性にとんだTDR測定が可能です。

高速なTDR繰り返し速度

最大10MHzの繰り返し速度を持つT3SPシリーズは、サンプリングオシロスコープベースの従来のTDR機器よりも300倍以上高速です。 可能な限り最高のダイナミックレンジを実現するために、TDR機器は数百の波形を捕捉して平均化する必要があります。 より速いサンプリング速度は、より速くより正確な測定結果を提供します。

完全に校正されたインピーダンスプロット

すべてのTDR機器の基準インピーダンスは相対的なものであり、反射振幅を入射振幅とを比較することによって計算されます。 T3SPシリーズは、完全なOSLT校正を使用して、時間および周波数ドメインでのインピーダンス測定に最高の精度を提供します。 TDR機器で一般的な単純な正規化を使用する代わりに、時間領域でT3SP15Dに4つの校正基準(OPEN、SHORT、LOAD、THRU)を使用すると、セットアップの誤差補正が大幅に改善されます。 時間領域でOSLT校正を使用すると、入射TDRステップの後に発生するリンギングなどのインピーダンスプロットの不整合を回避できます。

フル校正されたSパラメータ

イーサネットやUSBなどの最新の規格の多くでは、周波数領域でケーブルとコネクタのインピーダンス整合を測定する必要があります。 これらは、従来のVNA機器で一般的に行われる測定です。 T3SPシリーズは、VNAで使用されているのと同じOSLT校正基準を使用して、最大15 GHz(T3SP15D)の完全に校正された差動Sパラメータ測定を提供します。

手軽なケーブルテストとロングメモリ

ケーブルが完璧であると仮定することはできません。 ケーブルの品質を確認していない限り、高品位ケーブルでさえ、異常を引き起こすかもしれない欠陥がある可能性が常にあります。 T3SPシリーズは、ケーブルの品質を即座に明らかにし、損傷や欠陥が原因で仕様から外れている部位を特定します。 SPシリーズは最大50.000ポイントを捕捉できるため、長いDUTでも高分解能の長いTDRレコードを捕捉できます。 さらに、TDR繰り返しレートを10MHzから1MHzに変更すれば、最大40 mのケーブル長を測定できる柔軟性があります。

ESD保護

高周波測定機器は、静電気放電(ESD)に非常に敏感であり、測定機器に恒久的な損傷を与える可能性があります。 このため、多くの実験室では、ESDによる損傷から電子機器を保護するために特別な予防措置を講じる必要があります。 SPシリーズは、より高度な保護を提供することにより、このリスクを軽減します。 すべてのSPシリーズモデルには、高性能同軸RFスイッチをベースとしたESD保護モジュールが装備されています。 これにより、SPシリーズが測定に使用されていないときには、デバイスのRF信号検出器を入力コネクタから分離することによってRF入力回路が保護されます。

インピーダンス、リターンロス、インサーションロスの測定

最新の電子機器設計および将来のシリアルデータ規格で使用される高いビットレートは、マイクロ波領域にまで及びます。 たとえば、高速ユニバーサルシリアルバス(USB3.1)は、ツイストペアケーブルで最大10 GB/sの転送速度をサポートします。 コネクタとケーブルを介したこれらの高ビットレート伝送では、信号伝送チャンネルが分散しているためにかなりの歪みをもたらします。 歪みをコントロール可能なレベルに保つために、多くの規格では、ケーブルとコネクタのインピーダンス、リターンロス、インサーションロスを規定しています。これらの測定値はSパラメータとして得ることができます。 T3SPシリーズは、最大15 GHz(T3SP15D)の完全に校正された差動Sパラメータ測定を提供します。 また、出力ファイルをさまざまな形式(CSV、Matlab、Touchstone)で保存できる柔軟性を提供し、SI-Studio、Matlab、その他のシミュレーションプログラムなどのツールに読み込ませて解析させることができます。

プリント基板 (PCB) 上の制御されたインピーダンス配線

高速デジタルシステムのクロックレートの高速化により、制御されたインピーダンス持つPCBの必要性が急速に高まっています。 さらに、ケーブルとコネクタは、高周波における設計仕様とコントロールされたインピーダンス仕様を満たす必要があります。 T3SPシリーズは、PCB、ケーブル、およびコネクタのインピーダンスを非常に正確かつ簡単に測定することができます。 市場に出回っている他の測定システムとは対照的に、T3SPシリーズはPCB上の伝送線路を測定するように設計されており、オンボードテスト用TDRプローブは、PCBアセンブリのテストとデバッグのための正確な測定を保証します。

 

その他のアクセサリ

T3SP-SEP
シングルエンドTDRプローブ(高精度、1.0/1.27/1.65/2.0/2.5 mm可変ピッチ)
T3SP-SEプローブ-F
シングルエンドTDRプローブ(産業用、2.54mm固定ピッチ)
T3SP-Dプローブ
差動 TDR プローブ (高精度、18 GHz、0.5 ~ 5.0 mm 可変ピッチ)
T3SP-Dプローブ-F
差動 TDR プローブ (5 GHz、2.5 または 5 mm 固定ピッチ)
T3SPケース
収納およびトラベルケース(TDRおよびアクセサリ用アルミニウム製ケース)
T3SPボード
デモおよび検証ボード