製品
プロトコルアナライザ

SATA (シリアルATA)

シリアル ATA (SATA) は、ディスク ドライブ、ATAPI ドライブ、ホスト バス アダプタ (HBA)、ポート マルチプライヤなどのストレージ デバイスとの間でデータを移動するように設計されたデータ転送テクノロジです。 SATA はシリアル化された拡張機能であり、パラレル IDE に代わるものです。 2003 年の SATA 承認と 6 年の 2008Gbps への移行以来、テレダイン レクロイは業界をリードするプロトコル分析およびトラフィック生成機能をサポートし、革新を続けてきました。

SATA (シリアル ATA) を探索する SATA (シリアル ATA) を探索する
SATA(シリアルATA)イメージ
  • 「概要」タブの画像
  • 製品タブの画像
Sierra T244  業界初の SAS 4.0 プロトコル アナライザは、最大 24 つの SAS Gb/s 物理リンクを正確かつ信頼性高くキャプチャして、次世代ストレージ システムの効率的なテストとデバッグを実現します。
Sierra M244  次世代ストレージ システム、デバイス、およびソフトウェアをテストするための、業界初の SAS 4.0 プロトコル アナライザ/ジャマー/エクササイザー システム。
Sierra M124A  主力の 12 ポート アナライザ、エクササイザ、およびエラー インジェクション システムは、SAS Gb/s プロトコルの最も正確で信頼性の高いキャプチャを提供し、迅速なデバッグ、分析、問題解決を実現します。
Sierra M122A  6 ポート シリアル ATA (SATA) およびシリアル アタッチド SCSI (SAS) アナライザ/エクササイザー プラットフォーム。 12Gb/s をサポート (Gb/s SAS をサポートするようにアップグレード可能)
シリアルATAのテストと検証:テレダイン・レクロイのプロトコル分析ツールは、シリアルATAのこれらの独自の特性に対処するためにゼロから設計されています。 テレダイン・レクロイの分析および設計スイートは、SASおよびSATAプロトコルで使用するために特別に開発されており、記録されたトラフィックをデコードおよび表示する際に、広範なプロトコルデコード、エキスパートエラー分析、および完全なユーザーサポートを提供します。 この広範なプロトコルサポートは、さまざまなトラフィックビュー、高度なトリガー、データフィルタリング、トラフィック生成、およびエラーインジェクション機能と組み合わされて、エンジニアがSATA固有の問題にすばやく慣れ、新しい問題に最初に遭遇したときにすぐに理解できるようにします。
テレダイン・レクロイは、シリアルATAトラフィックの重要なコンポーネントでのリアルタイムのハードウェアトリガーやフィルタリングなど、シリアルATA分析に必要なすべてを提供します。 テレダイン・レクロイのExpertAnalysisソフトウェアは、折りたたみ可能な色分けされたパケットを使用してコマンド、FIS、およびプリミティブを表すことにより、デバッグプロセス全体を簡素化します。 これにより、ポイントアンドクリックで「ドリルダウン」して下位レベルの詳細を表示できるほか、テレダインレクロイがよく知られている使いやすさと理解が得られます。
SATA (シリアル ATA) テクノロジーの詳細については、こちらをご覧ください。
SATA(シリアルATA)の概要
ストレージ業界は、デスクトップ ストレージ インターフェイスとして主流であるパラレル ATA からシリアル ATA への大規模な移行の真っ最中です。 この移行は、業界全体でのコンピュータ ベースの通信用シリアル テクノロジへの広範な移行を反映しています。 シリアル ATA は、主に将来のチップセットに必要な低電圧とコストによって推進され、業界全体で採用される準備が整っています。 この仕様では、Parallel ATA コマンド セットとのソフトウェア互換性が慎重に維持されています。 さらに、より小さく、より薄く、低コストのケーブルを提供し、物理層での新しい Serial Attached SCSI (SAS) 標準との互換性も提供します。
特徴
  • 性能 - パラレル ATA には、さらに数倍の速度をサポートする拡張性がなく、パフォーマンスの限界に近づいています。 対照的に、シリアル ATA では、1.5 ギガビット/秒 (150 MB/秒のデータ レートに相当) から始まり、最大 6 ギガビット/秒までのロードマップが定義されています。
  • 低電圧化 - 業界がチップコア電圧を引き下げ続けるにつれて、パラレル ATA の 5 ボルト信号要件を満たすことがますます困難になります。 シリアル ATA は、将来の製造プロセスによりよく適合します。 これにより、信号電圧が約 250 ミリボルト (1/4 ボルト) に低下します。
  • ピン数 - 現在、パラレル ATA インターフェイスには、インターフェイス チップに接続される 26 個の信号ピンがあります。 シリアル ATA は 4 つの信号ピンのみを使用するため、ピンの効率が向上し、高度に統合されたチップの実装に対応します。
  • ケーブル配線の改善 - パラレル ATA かさばるリボン ケーブルには 40 ピン ヘッダー コネクタが含まれています。 シリアル ATA では、細くて柔軟なケーブル配線方式が導入されており、ケーブルが長くなり、シャーシ内のエアフローが向上します。
  • ソフトウェア互換 - シリアル ATA は、レジスタ レベルでパラレル ATA と互換性があります。 これは、Serial ATA が機能するために既存のソフトウェアやオペレーティング システムを変更する必要がなく、既存のオペレーティング環境との下位互換性を提供することを意味します。
  • SAS の互換性 - シリアル ATA が提供する重要な機能は、SATA がシリアル アタッチド SCSI とフォーム ファクター互換性を持つことを期待していることです。 SATA ドライブはシリアル接続 SCSI コネクタに直接接続され、システムでサポートされている場合は、SATA デバイスとして透過的に動作します。 これにより、高性能のシリアル接続 SCSI ドライブ、またはメガバイトあたりのコストが低いストレージ プラットフォームを提供する SATA ドライブのいずれかを使用できるシステムを導入できます。
  • SATA DevSleep™ - 最新の SATA 3.2 仕様には、電力消費を削減し、データ センターでのバッテリ寿命の延長とエネルギーの節約を可能にするように設計された新機能である DevSleep が含まれています。 SATA インターフェイスの 3.3V 電源ピンを再利用して、デバイスがスランバー モードより消費電力が少ないスリープ状態に入るように指示します。 ほとんどの低電力モードでは、この新機能を使用するには、シームレスなユーザー エクスペリエンスを確保するためにプロトコル層で広範なテストが必要です。
アーキテクチャ
  • シリアル ATA は全二重プロトコルです。 各デバイスからの継続的な信号の流れがバス上を移動します。 デバイスとホストは送信 (TX) と受信 (RX) を同時に行っています。
  • 双方向トラフィック パターンにより、バス ネゴシエーションのオーバーヘッドが不要になります
  • データ文字とプリミティブ - プリミティブは、シリアル ATA プロトコル内の最も単純な要素です。 プリミティブは、シリアル ライン機能 (X_RDY、CONT など) の制御を開始するために使用される 32 ビット DWORD です。 これらの「ハンドシェイク」およびフロー制御信号に加えて、プリミティブはユーザー データの区切りまたは「フレーム化」にも使用されます。
  • フレーム情報構造 (FIS) - フレームは、ホストとデバイス間で交換される情報の分割不可能な単位です。 フレームは、SOF プリミティブ、フレーム情報構造 (FIS)、FIS の内容に対して計算された CRC、および EOF プリミティブで構成されます。 FIS はフレームのユーザー ペイロードです。 フレームは、前述したようにホストとデバイス間で情報を伝達する Dword のグループです。