PCIe テスト – 電気 (物理) 層コンプライアンスおよびデバッグ ソリューション
CXLにも対応 およびNVMe テスト

クロスレイヤーデバッグクロスレイヤーデバッグ
コンプライアンスコンプライアンス
PCIe 6.0PCIe 6.0
PCIe 7.0PCIe 7.0
PCIe、CXL、NVMePCIe、CXL、NVMe
PCIe専用解析メニューPCIe専用解析メニュー
関連情報関連情報
Teledyne LeCroy の PCIe コンプライアンス テスト装置には次のものが含まれます。  WaveMaster アンリツ MP8000 および PCIe Gen1900 ベース テスト フィクスチャを備えた 5HD オシロスコープ。

完全なPCIExpress 物理層コンプライアンステストとクロスレイヤーデバッグ

テレダイン・レクロイは、プロトコルから物理までのレイヤー全体にわたる PCIe テストを提供すると同時に、洗練されたジッタ、アイ ダイアグラム、デバッグおよびコンプライアンス ソフトウェアを備えた優れた機器を提供する唯一の企業です。

  • 認証済みのPCIe、CXL、NVMe ベースおよびコンプライアンス テスト ソリューション
  • 最も信頼性があるPCIe コンプライアンステストおよび相互運用性テスト
  • クロスレイヤー解析により PCIe リンク テストを簡素化
  • 信号の測定と特性評価のためのPCIe 専用解析メニューを内蔵

レイヤーを越えた PCIe テスト

Teledyne LeCroy の PCI Express、Compute Express Link (CXL)、および NVM Express (NVMe) 物理層テスト ソリューションは、優れた機器と洗練された解析ソフトウェアを提供します。

PCIeテスト装置を含む WaveMaster 8000HD オシロスコープと Summit PCIe デバッグ用に CrossSync PHY インターポーザに接続された T516 アナライザ。

PCIe リンクテストを容易に

プロトコル アナライザとオシロスコープの機能をシームレスに統合

  • アクティブリンク動作の検証とデバッグ
  • プロトコルスタック全体をキャプチャし相互運用性の問題を迅速に解決
  • 統合された物理ビューとプロトコルビューで PCIe リンクトレーニングを解析
続きを読む
一般的な PCIe コンプライアンス テストと PCIe レシーバー キャリブレーションの接続図

最も信頼できるPCIe テスト、CXL / NVMe テスト

コンプライアンステストを高精度に実行

  • すべての PCIe コンプライアンス テストおよび CXL コンプライアンス テスト用の承認済みソリューション
  • 完全に自動化されたトランスミッタ、レシーバー、およびリンクイコライゼーション・テスト
  • SDA Expert によるコンプライアンステストからデバッグまでを簡単に実行
続きを読む
PCIe トランスミッタ イコライザを分析するための PCI Express トランスミッタ測定は、PCIe プリセット測定とも呼ばれます

SDA Expert 内蔵 PCIe 専用解析メニュー

PCIe テストに特化した機能を包含

  • 包括的なアイ ダイアグラム、ジッタ、その他の PCIe 測定
  • シンプルで強力なトランスミッタ・イコライゼーション解析
  • 最も完全な信号対ノイズおよび歪み比(SNDR)解析
続きを読む

クロスレイヤー解析によりPCIe リンク テストを容易に

CrossSyncPHY を使用すると、テレダイン レクロイ オシロスコープ PCIe 波形をプロトコル アナライザ トレースと並行して表示でき、物理層情報とプロトコル情報の完全な時間相関が得られるため、簡単かつ強力な検証と根本原因解析が可能になります。

WaveMaster 8000HD オシロスコープと Summit PCIe デバッグ用に CrossSync PHY インターポーザに接続された T516 アナライザ
WaveMaster 8000HD オシロスコープと Summit PCIe デバッグ用に CrossSync PHY インターポーザに接続された T516 アナライザ
WaveMaster 8000HD オシロスコープと Summit PCIe デバッグ用に CrossSync PHY インターポーザに接続された T516 アナライザ

CrossSync PHY PCIe は、プロトコル アナライザに接続し、オシロスコープにプローブ入力を提供する単一のインターポーザを使用します。 一つのソフトウェア インターフェイスに、オシロスコープとプロトコル アナライザのビューが統合されます。

  • CrossSync PHY PCIe 対応インターポーザーにより、リンクを妨げることなく物理層とプロトコル層の両方の挙動を観察できます
  • サイドバンド信号、基準クロック、電源レールはすべてオシロスコープのプローブで簡単にアクセスできます
  • PCIe リンク トレーニング障害時にデバッグできる、データ レーン用広帯域オシロスコープ プローブ・アクセス ポイント

CrossPCIe の Sync PHY は、プロトコル アナライザとオシロスコープ間のクロス トリガを提供します。 すべてのプロトコルとオシロスコープのキャプチャは時間相関があるため、相互運用性の問題を簡単に解決できます。

  • プロトコルアナライザとオシロスコープが高レベルの同一イベントをキャプチャするようにトリガ
  • プロトコルと物理層ドメイン間のタイミング関係を簡単に計測
  • 根本原因解析の迅速化により、無駄な工数を削減

CrossPCIe 用の Sync PHY は、すべてのプロトコル トレースとオシロスコープの波形を一度に関連付けて表示できるため、リンク トレーニングについての深い洞察を簡単に得ることができます。

  • プロトコルレベル・コマンドの電気レベルでの結果を観察
  • 統合ナビゲーションにより、どのプロトコル層動作と物理層動作が同時に発生するかを常に把握可能
  • リンクトレーニングに対してこのレベルのクロスレイヤー解析を提供できる唯一のソリューション

複雑な PCIe リンク動作の可視性向上

CrossSync PHY により、PCI Express リンクの最も複雑な動作に対するより深い洞察と可視性が得られます。 リンク トレーニング、電源投入操作、および電源管理の移行にはすべて、プロトコル層と物理層間の相互作用が含まれています。

PCIe リンク トレーニング、特に速度変化時のリンク動作を示す CrossSync PHY ソフトウェア
PCIe リンク トレーニング プロトコルの遷移と速度変更時の電気システムの動作を示す CrossSync PHY ソフトウェア
パワーインテグリティデバッグのためのパワーレールを使用した PCIe リンクトレーニングを示す CrossSync PHY ソフトウェア。

デバイスがさまざまなトレーニング シーケンスを通じてネゴシエーションする際のリンク動作について、さらに深い洞察を得ることができます。

  • サイドバンド信号、基準クロック、データレーン、電源レールを可視化してブートシーケンス全体を特性評価
  • 電気ドメインとプロトコルドメインの両方で速度の変化を観察
  • 問題のあるリンク トレーニング動作をトリガし、プロトコル スタック全体を通じてその結果を解析
  • リンクされたオシロスコープとプロトコル・アナライザのトレースを保存、呼び出し、再解析

オシロスコープで測定されたPCIe システムの電気動作を介してPCIeパワーマネジメント・トランザクションの影響を理解します。

  • デバイスが低電力状態になった時、あるいは終了した時に、迅速かつ容易にプロトコルと電気的動作の両方にトリガをかけて捕捉
  • プロトコル コマンドと、基準クロックおよび高速データ ラインの電気的動作との間の正確なタイミング測定
  • L1サブステートを含むパワーマネジメント・トランザクション時の動的電力解析

リンク トレーニング、電源管理、その他のプロトコル イベントと組み合わせて PCIe システムの低電圧電源レールをキャプチャし、電源の完全性の問題を検出します。

  • CrossSync PHY インターポーザにはレール電圧および電流の測定ポイントが組み込み済
  • 電圧と電流の波形は同期され、プロトコル アナライザのトレースと時間相関
  • オシロスコープ・ツールにより、動的消費電力とパワー・インテグリティ測定が可能
  • RP4030 アクティブ 電圧 レール プローブと互換性があり、広帯域で低負荷の電圧レールを低ノイズで測定

最も信頼性の高いPCIe、CXL、NVMeのコンプライアンスおよび相互運用性テスト

1セットのテスト機器で、PAM6.0 シグナリングを備えた PCIe 4 を含む、PCIe、CXL、NVMe の電気トランスミッタおよびレシーバ・テストをカバーします。テレダイン・レクロイ製オシロスコープとアンリツのビットエラーレート・テスタを組み合わせることで、全てに対応できる多用途性を提供します。

PCIe コンプライアンス テスト装置を含む WaveMaster 8000HD オシロスコープとアンリツ MP1900A、 WavePulser 40iX PCIe Gen5 ベーステストフィクスチャ。

すべての PCIe コンプライアンス テストおよび CXL コンプライアンス テストの承認済みソリューション

テレダイン・レクロイは、同じ機器構成と QualiPHY 自動化ソフトウェアを使用して、完全な PCI Express エコシステムをサポートします。 すべての PCI-SIG 電気コンプライアンステスト用の承認済みソリューションです。

  • PCIe 6.0 トランスミッタおよびレシーバ・キャリブレーションとテスト
  • PCIe 5.0 トランスミッタ、レシーバ、および PLL テスト
  • PCIe 4.0 トランスミッタ、レシーバ、および PLL テスト
  • PCIe 3.0 トランスミッタ、レシーバ、および PLL テスト
  • CXL 2.0 トランスミッタ・テスト
  • CXL 1.1 トランスミッタ・テスト
PCIe Gen5、PCIe Gen4、および PCIe Gen3 コンプライアンス テストおよび PCIe レシーバー キャリブレーションの接続図

完全に自動化された送信機、受信機、リンク等化テスト

QualiPHY 自動化ソフトウェアは、PCIe コンプライアンス テストと CXL コンプライアンス テストに高い精度と再現性を提供します。

  • トランスミッタ・テスト
  • レシーバ・テストの校正と実行
  • リンク等化テスト
  • PLL帯域幅テスト
  • レポート生成

PCIe 6.0 相互運用性の専門知識を最大化

Teledyne LeCroy は、PAM4 の問題を迅速に解決し、問題の迅速な切り分けをサポートし、PCIe 6.0 テストに最大限の信頼を与えます。

PCIE 6.0 テスト イメージを使用して問題を迅速に特定する
PAM4 の問題を解決する画像

PAM4 の問題を迅速に解決

  • オシロスコープとプロトコル・アナライザの機能をシームレスに統合
  • 最高の垂直分解能 – 12 ビット @ 65 GHz
  • 包括的な PCIe 6.0 特性評価ツール
続きを読む
クロスレイヤー解析イメージ

クロスレイヤー解析で問題を迅速に特定

  • あらゆる問題を解決 – 基本仕様テスト、コンプライアンス、デバッグ
  • 問題を物理層またはプロトコルのいずれかに切り分け
  • ルート コンプレックス (システム) または非ルート コンプレックス (アドイン カード) の問題を切り分け
続きを読む
PCIe 6.0 テスト画像

最も信頼できる PCIe 6.0 テスト

  • すべての PCIe 6.0 テストに対応したソリューション
  • Teledyne LeCroy の PCI-SIG への積極的な参加から得られる知見をフィードバック
  • PCIe コンプライアンス テストから SDA Expert によるデバッグに簡単に移行
続きを読む

総合的なPCIe 6.0 特性評価ツール

PCIe 6.0 PAM4 シグナリングには、以前の NRZ シグナリングには必要のなかった新しいテストが必要です。テレダイン・レクロイ社 WaveMaster 8000HD 12-bit 高分解能オシロスコープ (HDO®) は、マルチレベル信号測定に必要な分解能を提供します。 QualiPHY® コンプライアンス テスト パッケージと SDA Expert 解析ソフトウェアは、新たなPAM4テスト要件(PCIe 6.0 Base および CEM 仕様)に完全に対応します。

WaveMaster PCIe コンプライアンス テストと PCIe デバッグ用の 8000HD オシロスコープと Anrtisu MP1900 ビット エラー レート テスト BERT テスト装置
PAM4 アイ ダイアグラムとパルス応答プロット。PCI Express 6.0 送信機のプリセット測定とプリセット プリシュートおよびプリセット ディエンファシス結果

独自のトランスミッタ・イコライゼーション ツール

  • Sigtest AC フィット法で正確に調整
  • プリセットカーソルと波形を測定するための完全にカスタマイズ可能なセットアップ
アプリケーションノートを読む
PCIe 4 ジッター パターンのジッター測定結果を含む PAM6.0 アイ ダイアグラムとジッター ヒストグラム

最も信頼性の高いジッタ測定

  • テレダイン・レクロイはPCI-SIG相関演習に積極的に参加
  • PCI-SIGのコンプライアンス要件に合わせて当社のソリューションは確実に進化
  • アイダイアグラムを含むすべてのトランジションにおけるジッタの成分分離と解析
アプリケーションノートを読む
PAM4 アイ ダイアグラム

最も完全な SNDR 解析

  • 最適なオシロスコープノイズ補正
  • 強力な信号解析波形ビュー
  • 精密、正確、再現性のある SNDR 測定
アプリケーションノートを読む

PCIe 7.0 物理層テスト

Teledyne LeCroy は、将来のすべての PCIe テクノロジ向けのテスト ツールの開発における業界リーダーです。

テレダイン・レクロイに連絡する ー 開発中およびベータ テスト中の PCIe 7.0 テスト ツールの詳細については、こちらをご覧ください。

PCIe 7.0 電気テストの画像

PCI Express、Compute Express リンク (CXL)、および Nonvolatile Memory Express (NVMe™)

テレダイン・レクロイは、PCI-SIGとCXLの標準化団体に積極的に参加し、規格が顧客と業界全体のニーズに確実に応えるように協力しています。

PCI Express、CXL、NVMe に特化したテスト ツール

テレダイン・レクロイは、PCIe および NVMe エコシステムを完全にサポートする高性能オシロスコープとプロトコル アナライザを提供します。

  • すべての PCI-SIG 電気およびプロトコルコンプライアンステスト用の承認済みソリューション
  • 直感的なソフトウェアと CrossSync PHY インターポーザと ProtoSync ソフトウェアは、オシロスコープとプロトコル アナライザを統合
  • 1セットのテスト機器で、全世代の PCIe 電気トランスミッタおよびレシーバ・テストをカバー
PCIe テスト エンジニアと PCIe 検証エンジニア WaveMaster PCIe M.8000 準拠テストを実行するための 2HD オシロスコープ。

PCIeコンプライアンステストからデバッグまで

特性評価とコンプライアンステストは、製品を市場に出すために不可欠ですが、障害が発生した場合、問題の特定とデバッグを支援するために、機器の残りのツールボックスが責任を負います。

  • QualiPHY を使用して PCIe 5.0、PCIe 4.0、および PCIe 3.0 準拠テストを自動化
  • Teledyne LeCroy プロトコル アナライザとオシロスコープの機能を統合します。
  • SDA Expert アイ・ダイアグラム、ジッターおよびノイズ分析を使用して、電気的コンプライアンスの問題をより迅速にデバッグします
PCIe 6.0、PCIe 5.0、PCIe 4.0、および PCIe 3.0 コンプライアンス テストおよび PCIe デバッグ用の QualiPHY 自動化ソフトウェア

Compute Express Link (CXL) 電気テスト

CXL プロトコル層は、CPU とメモリ デバイス間のより高いパフォーマンスのメモリ コヒーレンシのニーズに対応するために、PCIe の物理的および電気的インターフェイス上に構築されています。

  • PCIe テストから CXL テストに簡単に移行
  • Teledyne LeCroy は、電気およびプロトコル試験用に最初で唯一承認された CXL 1.1 準拠ソリューションを備えています
  • セットのテスト機器で PCIe と CXL の両方の電気送信機と受信機のテストをカバーします
CXLのロゴ

トランザクションレイヤーを介した電気特性の可視化

電気情報とプロトコル情報の時間相関により、簡単かつ強力な検証と根本原因分析が可能になります。

  • PCIEBus Decode および ProtoSync プロトコル分析ソフトウェアは、物理層からトランザクション層までの完全なプロトコル スタックのビューを提供します。
  • CrossSync PHY ソフトウェアとインターポーザーは、Teledyne LeCroy プロトコル アナライザとオシロスコープの機能をシームレスに統合します。
PCIe Gen6、PCIe Gen5、PCIe Gen4、PCIe Gen3 PCIe Gen2、PCIe Gen1 用の PCIe デコーダー。

クロスレイヤー解析により PCIe 5.0 リンク テストを簡素化

時間相関プロトコル・アナライザとオシロスコープ・トレース間の正確で直感的なナビゲーションを可能にします。

  • アクティブリンク動作の検証とデバッグ
  • PCIeの相互運用性の問題を迅速に解決
  • 統合されたビューで PCIe リンク トレーニングを分析
PCIe Gen5 テスト装置を含む WaveMaster 8000HD オシロスコープと Summit CrossSync PHY インターポーザ PCIe デバッグに接続された T516 アナライザ。

信号の測定と特性評価のためのPCIe 専用解析メニューを内蔵

トランスミッタの特性評価は、トランスミッタの完全性を検証するための重要なプロセスです。 最適なデバッグ ツールセットには、次のような特殊な機能が必要です ー SDA エキスパートによるシリアルデータ解析 、およびSDAX-PCIE6 オプション

PCIe トランスミッターのイコライゼーション測定は、PCIe プリセット測定とも呼ばれ、プリシュート、ディエンファシス、およびブーストを測定します。
テスト ポイント コンフィギュレーターは、選択したテスト ポイントに応じてソフトウェアを自動的に構成することでテストを容易にします。 PCIe 準拠トランスミッタ テスト、PCIe ベース トランスミッタ テスト、PCIe CEM トランスミッタ テストのテスト ポイントの選択。
6.0 UI ジッター測定パターンを使用した Rj、udjdd、utj、dj、tj などのジッター測定の内訳を含む PCIe 52 遷移ヒストグラム

トランスミッタが信号に対して適切な量のディエンファシスとプリシュートを提供していることを確認することは、トランスミッタ動作の特性評価とデバッグを行う際の重要なステップです。

  • 基準パルス応答と測定パルス応答
  • 基準ステップ応答と測定ステップ応答
  • プリセットの計測単位をdBまたは係数値で表示

テスト ポイント コンフィギュレータを使用すると、トランスミッタまたはレシーバのいずれかでリンクをテストでき、複数のパターン検出方法により PCIe 固有計測パラメータの精度が向上します。

  • 事前定義されたテスト ポイントにより、SDA Expert が特定の PCIe データ レートに自動的に設定されます
  • 複数のパターン検出手法により、PCIe 固有の測定の精度が向上します
  • ユーザー定義パターンを適用して非標準の PCIe 測定を実施

PCI Express 6.0 では、PAM4 固有のジッタ測定手法が導入されているため、SDA Expert は PCIe トランスミッタの特性を評価するための理想的なツールキットとなっています。

  • ジッタ測定の構成を、48 の遷移(52-UI ジッタ測定パターン内)、12 の電圧レベル遷移、またはジッタ測定の単一の集合セットに分類
  • 48 個の遷移それぞれの遷移ヒストグラムを52 UI ジッタ測定パターンに対して描画
  • 52 の計測値テーブルのそれぞれの結果は、対応する遷移ヒストグラムに関連づけられます。

コンプライアンステストの経験、リーダーシップ、サポート

テレダイン・レクロイ SDA8000HDオシロスコープとQualiPHY™自動コンプライアンス・テスト・ソフトウェアを、アンリツSQA-R MP1900A BERTと組み合わせることで、最も強力な特性評価、コンプライアンス、デバッグ・ソリューションが実現します。業界で最も経験豊富なテレダイン・レクロイのPCI Expressフィールド・サポート・チームによるソリューションの第一線級のサポートをうけることができます。

WaveMaster PCIe アイダイアグラムを表示する 8000HD オシロスコープ

WaveMaster 8000HD

WaveMaster 8000HD 必要なすべての帯域幅で、すべての世代の PCIe Tx/Rx テストをサポートします。

  • 50GHz: PCIe 6.0 (64 GT/s) および PCIe 5.0 (32 GT/s)
  • 25 GHz:PCIe 4.0 GHz (16 GT/秒)
  • 13 GHz:PCIe 3.0 GHz (8 GT/秒)

WavePulser 40iX Rxチャンネルの校正と特性評価用

PCIe 6.0、PCIe 5.0、PCIe 4.0、および PCIe 3.0 コンプライアンス テストおよび PCIe デバッグ用の QualiPHY™ 自動化ソフトウェア

QualiPHY™ ソフトウェア

QualiPHY ソフトウェア オプション QPHY-PCIE6-TX-RX, QPHY-PCIE5-TX-RX, QPHY-PCIE4-TX-RX, QPHY-PCIE3-TX-RX PCIe PHY の電気的コンプライアンス テストのあらゆる側面を完全に自動化します。

  • トランスミッタ・リンクイコライゼーション・テスト
  • レシーバ・リンクイコライゼーション・テスト
  • レシーバ校正
  • レポート生成
アンリツ SQA-R MP1900A シグナル クオリティ アナライザ-R / BERT は、Teledyne LeCroy オシロスコープを使用した PCIe および PCI Express テストに一般的に使用されます。

アンリツSQA-R MP1900A

アンリツSQA-R MP1900Aは、高速 BERT ソリューションを 1つのボックスで実現した測定器です。

  • Rx キャリブレーションおよび BER テストのためのジッタとノイズ生成
  • 10タップエンファシスが組み込まれた高品質の波形PPG
  • PCIe Rx テスト用の可変 CTLE を備えた LTSSM ループバックおよびエラー検出器

関連情報

文書名
CrossSync PHY データシート

Teledyne LeCroy CrossSync PHY ソフトウェアとインターポーザーは、Teledyne LeCroy プロトコル アナライザとオシロスコープの機能をシームレスに統合します。

データシート
PCIe 6.0 電気データシート

SDAX-PCIE6 ソフトウェアは、PCIe 6.0 基本仕様のトランスミッタ測定をサポートします。

データシート
QPHY-PCIE6-TX-RX データシート

テレダイン・レクロイの QPHY-PCIE6-TX-RX PCI Express 6.0 電気トランスミッタおよびレシーバ・ソフトウェアは、トランスミッタとレシーバの両方の PCIe 6.0 基本仕様テストのための完全自動テスト ソリューションです。

データシート
QPHY-PCIE5-TX-RX データシート

Teledyne LeCroy の QPHY-PCIE5-TX-RX PCI Express 5.0 電気トランスミッタおよびレシーバ ソフトウェアは、トランスミッタとレシーバの両方のコンプライアンス テストに対する PCIe 5.0 CEM PHY 仕様の要件をすべて満たす完全自動テスト ソリューションです。

データシート
アプリケーション ノート - PAM4 シグナリングが PCIe 6.0 ジッター測定をどのように変えるか

PCI Express 6.0 は、マルチレベル PAM4 信号測定を追加し、PCIe 電気テスト要件に厳しい許容誤差を追加します。 ここでは、PCIe 6.0 設計を高速化するために必要なものの概要を示します。

アプリケーションノートを読む
アプリケーション ノート- オシロスコープを使用した新しい PCIe 6.0 コンプライアンス パターン測定の実行

PCI Express 6.0 では、新しいコンプライアンス パターン信号を使用して、SNDR、RLM、およびパッケージ挿入損失を測定する必要があります。ここでは、テレダイン・レクロイの SDAIII ソフトウェアを使用してこれらの測定を迅速に行う方法を示します。

アプリケーションノートを読む
アプリケーション ノート - オシロスコープを使用した Tx EQ 測定の実行

PCI Express 6.0 には 11 個の新しいプリセットがあり、最適な Tx EQ を測定する方法が必要です。 SDAIII ソフトウェアを使用すると、PCIe 6.0 テスト用の Tx EQ のパルス測定を簡単に実行できます。

アプリケーションノートを読む
アプリケーション ノート - PCIe L1 サブステートのタイミングの測定

オシロスコープおよびプロトコル アナライザで CrossSync PHY を使用して PCIe L1 サブステートのタイミングを測定する方法。

アプリケーションノートを読む
アプリケーション ノート - PCIe L1 サブステート電力の測定

オシロスコープおよびプロトコル アナライザで CrossSync PHY を使用して PCIe L1 サブステートの電力消費を測定する方法。

アプリケーションノートを読む
アプリケーション ノート - PCIe ダイナミック リンクの動作のデバッグ

CrossSync PHY をオシロスコープおよびプロトコル アナライザとともに使用して、送信側 PCIe リンク イコライゼーションに関連する測定を行う方法。

アプリケーションノートを読む
PCI Express 6.0 電気コンプライアンス テストの概要

PCIe6.0 FYIコンプライアンステストと相互運用性のテストは、2023 年10月頃に開始される予定です。このテレダイン・レクロイのウェビナーで準備してください。

PCI Express 6.0 PAM4 物理層のテスト の概要

テレダイン・レクロイの PCIe 6.0 物理層テストの専門家が、初期導入者が PCIe 5.0 から PCIe 6.0 に移行する際に直面する課題と、これらの課題を克服する方法について説明します。

PCI Express リンク トレーニングおよびその他のダイナミック リンク動作をデバッグする方法

リンクトレーニングやデータレートの変更中に、プロトコルと電気的動作の間の PCIe 相互作用をデバッグするのに苦労していますか? 市場投入までの時間を大幅に短縮できる高度なデバッグ手法を学びましょう。

PCI Express 5.0 PHY コンプライアンス テストを実行する方法

テレダイン・レクロイによる PCI Express 5.0 電気的適合性テストのライブ デモンストレーションにご参加ください。 このウェビナーでは、テストまたは検証エンジニアが PCIe 5.0 CEM 物理層/電気的適合性テストを実行するために必要なすべてのことを説明します。

PCI Express Integrity and Data Encryption (IDE) プロトコル テストの準備

Integrity and Data Encryption (IDE) 機能の概要、ハードウェア テスト要件、PCIe IDE のデコードとデバッグについては、本ウェビナーをご覧ください。

PCI Express 4.0 コンプライアンス テストを実行する方法

このウェビナーでは、テストまたは検証エンジニアが PCIe 4.0 CEM 準拠テストを実行するために必要なすべてのことを説明します。

組み込みシステムにおける PCIe プロトコル解析の概要

サーバーおよび組み込みシステムの PCIe プロトコル分析と、デバッグに必要な必須ツールについて解説します。

PCIe リンクイコライゼーション問題の特定とデバッグ

このウェビナーでは、リンク パフォーマンスの低下につながる可能性のある潜在的なシグナルインテグリティの問題を特定してデバッグする方法を説明します。

PCI Express 5.0 および CXL プロトコルのテスト

テレダイン・レクロイ Summit シリーズのプロトコル アナライザおよびエクササイザを使用した PCI Express 5.0 および CXL プロトコル テストに関する詳細なウェビナーにご参加ください。

 
PCIe 6.0 トランスミッターイコライゼーション (Tx EQ) テスト
 
PCI Express レシーバ・リンク イコライゼーションのキャリブレーションとテスト
 
PCI Express トランスミッタ・リンクイコライゼーションテスト
 
PCI Express 5.0 トランスミッタ電気テスト
 
CrossSync PHY の概要
 
PCIeパワーマネジメント遷移の動的電力解析
 
CrossSync PHY を使用した L1 サブステートと開始および終了タイミングの測定
 
Crossync PHY を使用してオシロスコープで PCIe 速度変更をキャプチャする

お問合せ/無料デモ申込み/メルマガ登録

必要事項を英語でご記入の上、Comment(コメント)欄に日本語でお問合せ内容をご入力下さい。 メルマガ登録   お問合せ  無料デモ申込み