高速シリアルデータのアイダイアグラム、ジッタ、ノイズ解析

規格別解析メニュー規格別解析メニュー
PCIe、USB、DisplayPortPCIe、USB、DisplayPort
ツールボックスツールボックス
リンク解析リンク解析
確実性確実性
比較比較
リソースリソース
SDA Expert シリアル データ分析アイ ダイアグラム、ジッター ヒストグラム、ジッター スペクトル、およびトータル ジッター、ランダムおよび決定論的ジッターへのジッターの内訳

シリアルデータ規格ごとの専用解析ツールを使いやすく統合

SDA Expert シリアルデータ解析ソフトウェアは、シリアルデータ規格ごとの専用解析ツールを内蔵した初のアイダイアグラムおよびジッタ解析パッケージです。セットアップを簡素化し、PCI Express、USB、DisplayPortなどの規格ごとの専用解析メニューによりデバッグ機能を拡張します。

  • 規格ごとの専用解析メニュー:PCI Express、®、 USB、 Thunderbolt™、DisplayPort®
  • 最も完成度の高いシリアルデータ解析ツールセット
  • 複雑な計測でも最高の信頼性

シリアルデータ規格ごとの専用解析ツールを使いやすく統合

専門知識が組み込まれた初のシリアル データ ソフトウェア。 新しいテクノロジー フレームワークによりセットアップが簡素化され、デバッグ機能が拡張されます。

SDA Expert の  つのアイ ダイアグラムを比較するシリアル データ分析ソフトウェア USB4 および USB4 USB-Type-C インターフェイスでの特定のジッター測定

PCI Express、USB、DisplayPort などに合わせた規格ごとの専用解析

  • シリアル規格ごとの専用解析ツールを統合
  • コンプライアンスからデバッグへのシームレスな移行
  • 直感的な測定選択により時間を節約し、設定間違いを回避
続きを読む
SDA Expert シリアル データ分析 NRZ アイ ダイアグラム、ジッター ヒストグラム、ジッター トラック、ジッター FFT、およびランダム、決定論的およびトータル ジッター測定

最も完成度の高いシリアルデータ解析ツールセット

  • 第 4 世代のツールセットは、NRZ および PAM 信号のニーズをすべてカバー
  • ジッタ、ノイズ、クロストーク、イコライゼーション、パルス応答など、すべてを統合
  • リファレンスモードと比較モードを備えた独自のマルチビューをサポート
続きを読む
チャネルのディエンベディングと CTLE、DFE、FFE イコライザーを使用した  つのアイ ダイアグラムとジッター シナリオを比較する SDA Expert シリアル データ分析

複雑な測定に対する最高の信頼性

  • 1ボタンセットアップで、セットアップ時間を短縮し、設定間違いを回避
  • 規格の選択により複雑な測定のセットアップを簡素化
  • 内蔵のレポートジェネレーターで結果を素早くドキュメント化し、データを保存
続きを読む

PCI Express、USB、DisplayPortなどに対応した専用解析メニュー

SDA Expert テクノロジー フレームワークは、コンプライアンス テスト以外のデバッグを簡単かつ迅速に行うために、各テクノロジーに固有の必要なツールをすべて提供します。

PCIe Gen6 の技術フレームワークの例を示す SDA Expert シリアル データ解析ソフトウェア
SDA Expert 内蔵の専用デバッグおよび測定機能は、テクノロジー選択メニューの USB に表示されます
SDA Expert には、次のような規格のテスト ポイントの選択が組み込まれています。 USB3.2, USB4, Thunderbolt、PCIe および DisplayPort による簡単なリンク分析
SDA Expert シリアル データ解析ソフトウェアは、PCIe Gen6 信号のアイ ダイアグラムと PCIe Gen6 固有の測定パラメータおよびステップ応答を表示します

テレダイン・レクロイのSDA Expertの規格ごとメニューでデバッグをスピードアップ。通常、コンプライアンス・パッケージでしか入手できないデバッグ解析を、すべて包含。

  • 技術の専門家による知見に基づいた設計
  • セットアップが容易ですぐに使用可能
  • コンプライアンステストを超えたデバッグ用途に最適化

試験対象の規格を選択するだけで、規格の仕様に記載されているようにラベル付けされ、仕様の要件を満たす規格固有の計測パラメータが表示されます。

  • あらかじめ定義された規格ごとのフレームワークと追加オプションにより、測定のセットアップを簡素化
  • シリアル規格ごとの専用解析ツールを統合することのメリット
  • アプリケーションに必要なツールをすべて入手

SDA Expert のシリアル データ解析では、テスト ポイントやチャネルが直接物理的に存在しない場合でも、規格で定義されたテスト ポイントの測定に必要なすべてのツールが提供されます。

  • チャネルとテストポイントのセットアップを動的かつグラフィカルに可視化
  • 事前に定義されたテストポイントにより、セットアップを簡素化し、設定ミスを回避
  • エンベッド/ディエンベッドおよびイコライゼーション機能を内蔵

多くの規格には、特定の計測パラメータと解析要件があります。SDA Expertシリアルデータ解析を使えば、デバッグ用に最適化されたつのツールでこれらすべてを手に入れることができます。

  • 規格の仕様に準拠
  • デバッグ用に最適化
  • シンプルな測定の選択により 時間を節約し、設定間違いを回避

USB 3.2、USB4、Thunderbolt、PCI Express、DisplayPort向け規格ごとのフレームワーク

テレダイン・レクロイは、業界の様々な規格に関する数十年の経験をSDA Expertシリアルデータ解析ソフトウェアに統合しました。新しいテクノロジ・フレームワークで次のレベルへ。

SDA Expert シリアル データ分析ソフトウェアの表示 USB3.2。 USB-C タイプのインターフェイスで測定されたアイ ダイアグラム、ジッター、およびアイ ダイアグラム パラメーター
SDA Expert シリアル データ分析ソフトウェアの表示 USB4。 USB-C タイプのインターフェイスで測定されたアイ ダイアグラム、ジッター、およびアイ ダイアグラム パラメーター
DisplayPort を表示する SDA Expert シリアル データ分析ソフトウェア。 USB-C タイプのインターフェイスで測定されたアイ ダイアグラム、ジッター、およびアイ ダイアグラム パラメーター
Rj、udjdd、utj、dj、tj などのジッターの内訳を含む SDA Expert PCIe 6.0 遷移ヒストグラム

DisplayPort CTS(コンプライアンステスト仕様)で定義されたUSB-Cテクノロジ固有の計測パラメータ値は、SDA Expertソフトウェアでボタンひとつでアクセスできます。

  • 簡単にテストポイントのセットアップが完了
  • 包括的なアイ ダイアグラム、ジッタ、その他の USB-C PHY 測定
  • シンプルで強力なイコライゼーション解析
詳細はこちら

USB4 および Thunderbolt CTS (コンプライアンステスト仕様) で定義されている USB-C テクノロジ固有の測定には、SDA Expert ソフトウェアでボタンを押すだけでアクセスできます。

  • 簡単にテストポイントのセットアップが完了
  • 包括的なアイ ダイアグラム、ジッタ、その他の USB-C PHY 測定
  • シンプルで強力なイコライゼーション解析
詳細はこちら

DisplayPort CTS(コンプライアンステスト仕様)で定義されたUSB-Cテクノロジ固有の計測パラメータ値は、SDA Expertソフトウェアでボタンひとつでアクセスできます。

  • 簡単にテストポイントのセットアップが完了
  • 包括的なアイ ダイアグラム、ジッタ、その他の USB-C PHY 測定
  • シンプルで強力なイコライゼーション解析
詳細はこちら

PCI Express 6.0 では PAM4 固有のジッタ測定手法が導入されており、SDA Expert は PCIe トランスミッタ特性評価に最適なツールキットとなっています。

  • ジッタ測定の構成を、48 の遷移(52-UI ジッタ測定パターン内)、12 の電圧レベル遷移、またはジッタ測定の単一の集合セットに分類
  • 48 個の遷移それぞれの遷移ヒストグラムを52 UI ジッタ測定パターンに対して描画
  • 52 の計測値テーブルのそれぞれの結果は、対応する遷移ヒストグラムに関連づけられます。
詳細はこちら

最も完成度の高いシリアルデータ解析ツールセット

SDA Expert シリアル データ解析オプションは、高速シリアル データの NRZ または PAM アイ ダイアグラム、ジッタ、ノイズ測定に必要なツールをすべて提供します。

SDA Expert NRZ アイ ダイアグラム、ジッター ヒストグラム、ジッター トラック、ジッター FFT、ランダムで決定的なジッターとアイ ダイアグラム パラメーター
SDA Expert は、PAM4 信号のアイ ダイアグラムを表示し、ジッターおよびアイ ダイアグラム パラメーターとともに SNDR、RLM を測定します。
SDA Expert は、ノイズを追跡機能、ヒストグラム、周波数領域で表示し、垂直ノイズを測定、外挿、分解します。
TP1 から TP2 へのフィクスチャとテスト ケーブルのディエンベディング、または S パラメータと SDA Expert を使用した TP3 でのチャネルのエミュレーション
SDA エキスパートがアイ ダイアグラムとジッター、チャネルのエンベディングとディエンベディング、CTLE、DFE、FFE イコライザーを使用して  つのシナリオを比較

SDA Expert ソフトウェアオプションは、最も包括的なジッタ成分分解、アイダイアグラム、解析ツールに加え、エミュレーション、ディエンベディング、イコライゼーション・シミュレーションのための高度なシグナルインテグリティ・ツールを提供します。

  • 第 4 世代のツールセットは、NRZ 信号のニーズをすべてカバーします
  • ジッタ、ノイズ、クロストーク、イコライゼーション、パルス応答など、すべてを統合
  • 総合的なジッタ成分解析

SDA Expertシリアルデータ解析ソフトウェア・オプションは、マルチレベルPAM信号の各アイ開口のランダム、デタミニスティック、周期的な障害を解析するための包括的なPAM3およびPAM4アイダイアグラム、ジッタ、ノイズ測定を提供します。

  • 最も完全な SNDR および RLM 分析
  • 予期せぬノイズや歪み成分を特定するための強力な視覚化ツール
  • 包括的なジッタとノイズのブレークダウン機能

SDA Expertシリアルデータ解析ソフトウェアを使用すれば、垂直ノイズ測定とクロストーク解析ツールの完全なスイートが得られ、完全なAgressor/Victim解析が可能になります。

  • ノイズ トラック、ヒストグラム、スペクトルにより、垂直ノイズの詳細な情報が得られます。
  • 複数レーンでクロストーク・アイを生成するレーンスケープ比較モード
  • 革新的なクロストーク・アイ等高線プロットは、過度のノイズの影響を示します。

SDA Expertを使用すれば、トランスミッタからレシーバまでの信号経路全体の特性を迅速に把握し、アクセスしやすいテストポイントで高い信号忠実度の波形を捕捉し、任意のポイントでの信号を簡単に解析できます。

  • フィクスチャとテストケーブルをディエンベッド
  • 現実世界のチャネル損失をエミュレートする
  • トランスミッタとレシーバのイコライゼーションをエミュレート
続きを読む

SDA Expert シリアルデータ解析ソフトウェアのマルチビューとリファレンス解析により、相違点を素早く特定し、デバッグを加速します。

  • マルチシナリオ テストにリファレンス レーンを使用
  • 複数のレーンを同時に測定
  • マルチポイントおよびマルチコンフィギュレーション解析

複雑な測定に対する最高の信頼性

SDA Expert シリアルデータ解析は、シンプルで使いやすく効率化され、最高の信頼性 を提供します。

複雑なウィザードを使用する代わりに、ボタン  つを使用してディエンベディングとイコライジングを行う SDA Expert シリアル データ分析ソフトウェアを設定します
SDA Expert には、テクノロジー選択メニューで簡単に対応できる専用のデバッグおよび測定機能が組み込まれています
SDA Expert シリアル データ分析ソフトウェアには、ボタンを押すだけで NRZ および PAM 信号のあらゆる種類のジッターおよびシリアル データ分析のセットアップ、生データ、およびレポートを保存するレポート機能が組み込まれています。
SDA Expert シリアル データ分析ソフトウェアの合理化されたグラフィカル ユーザー インターフェイス

SDA Expert シリアルデータ解析ソフトウェアに統合されたシリアル規格ごとの専用解析ツールに任せれば、ウィザードなどは不要で、ワンボタン操作で解析を実行

  • 複雑なウィザードの代わりにボタンひとつでセットアップ
  • セットアップ時間を短縮するための最適化
  • 最も関連性の高いジッタ・ビューとアイダイアグラムを表示

SDA Expert シリアルデータ解析ソフトウェアの規格専用メニューを活用し、わずか数クリックで解析を開始できます。

  • セットアップが容易な定義済みの規格ごとのフレームワーク
  • シリアル規格ごとの専用解析ツールを統合することのメリット
  • アプリケーションに必要なツールをすべて入手

SDA Expert シリアルデータ解析ソフトウェアのレポート機能により、将来の解析のためにデータを保存し、ボタンを押すだけで包括的なレポートを作成できます。

  • データの保存、セットアップ、レポート作成を同時に実行
  • 保存されたデータを、スコープ内またはオフラインでMAUI Studioを使用し後から解析
  • 関連するすべての設定と有益なスクリーンショットを含むレポートを作成

最適化された合理的なグラフィカル・ユーザー・インターフェイス(UI)と分かりやすいアイコンで、設定を把握し、時間を節約できます。ステータス情報により、不足している設定や誤った設定に関する有益な情報を得ることができます。

  • アイコンにより必要な機能は簡単に見つけることができます
  • 効率的に設計されたグラフィカルなUIが設定の流れをサポート
  • ステータス・バーは、設定の不足や誤りに関する情報を提供

シリアルデータ・アイダイアグラムとジッタ解析の比較 - テレダイン・レクロイ、キーサイト、テクトロニクス

テレダイン・レクロイ SDA Expertは各規格ごとに特化した機能を持ち、直感的で使いやすい。SDAX-COMPLETEと同じ機能を得るために複数のオプションを購入する必要があるキーサイトおよびテクトロニクスのシリアルデータ・アイダイアグラムおよびジッタ解析ソフトウェア・オプションと比較してください。

NRZ

アイダイアグラムとアイ計測パラメータ
ジッタ測定、トラック、ヒストグラム、スペクトラム
パルス応答とTx EQ

PAMn

アイダイアグラムとアイ計測パラメータ
ジッタ測定、トラック、ヒストグラム
パルス応答、Tx EQ、SNDR

ノイズ・クロストーク

ノイズ測定、トラック、ヒストグラム、スペクトラム
クロストーク・アイダイアグラム・オーバーレイ

エンベディング / デエンベディング

エンベディング / デエンベディング
イコライジング

表示

マルチビュー
リファレンスビュー

生産性

グラフィカル・ユーザー・インタフェース
レポート生成
自動テストポイント設定

規格固有のソリューション

PCIe 2.0
PCIe 3.0
PCIe 4.0
PCIe 5.0
PCIe 6.0
USB 3.2
USBと Thunderbolt
DisplayPort 1.4
DisplayPort 2.0
テレダイン・レクロイ
SDAX-COMPLETE
(SDAX-NRZ)
(SDAX-NRZ)
(SDAX-NRZ)
(SDAX-NRZ)
(SDAX-PCIE6)
(SDAX-USB32)
(SDAX-USB4-TBT)
(SDAX-DP)
(SDAX-DP)
キーサイト
複数のオプションが必要
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
---
テクトロニクス
複数のオプションが必要
---
---
---
---
---
---
---
---
(パンプシー6)
---
---
---
---

リソース

文書名 ドキュメントの種類  
SDA Expert データシート

データシート

PDFのダウンロード
SDA Expert ソフトウェア取扱説明書 PDFのダウンロード

マニュアル

PDFのダウンロード

Jitter University ウェビナー シリーズ

ジッタについて混乱していますか?ジッタに関する誰かの説明は、答えよりも多くの疑問を生んでしまったのでしょうか?もしそうならば、テレダイン・レクロイのウェビナーにご参加ください。-ジッタとは、様々カテゴリと使用される測定機器、測定と表示、畳み込みと外挿など、ジッタに関する全てに答えます。

すべて登録
パート 1 - ジッタの概要

このセッションでは、基本的なジッタの定義と分類、ジッタ測定に歴史的に使用されてきた測定器と現在使用されている測定器の種類、ジッタ測定器の長所と短所について説明します。

パート 2 - エッジ上のジッタについて学ぶ

このセッションでは、1つまたは2つのエッジで構成される捕捉を使ってジッタを測定する例を説明します。様々な測定技術について、その歴史的背景とともに説明します。ジッタ測定精度に対する機器の影響についても議論します。

パート 3 - ジッタを長期的に見る

このセッションでは、最新のデジタル・オシロスコープを活用し、より速く、より正確にジッタ測定を行います。また、統計値を計算し、データセットのヒストグラムを表示し、ジッタが時間や周波数によってどのように変化するかを見て、根本的なジッタの状況をより深く理解します。

パート 4 – 実践的なジッタのデバッグと測定例

このセッションでは、デバッグ・ツールとしてのジッタのスペクトル解析を紹介し、ジッタ問題の根本原因を明らかにするためにオシロスコープの統計解析ツールやタイム・ドメイン解析ツールを使用するその他の実践例を紹介します。

パート 5 – シリアルデータ・ジッタ測定の基礎

このセッションでは、基本的なジッタの定義と分類、ジッタ測定に歴史的に使用されてきた測定器と現在使用されている測定器の種類、ジッタ測定器の長所と短所について説明します。

パート 6 – シリアルデータ・ジッタの分離、外挿、およびジッタ表示

このセッションでは、与えられたビット誤り率における全ジッタ(Tj@BER)とは何か、また、外挿モデルを使用した時間間隔誤差(TIE)測定からどのように導出されるかについて説明します。ランダムジッタ(Rj)とデタミニスティック・ジッタ(Dj)の分離について説明し、さらにDjをデータ依存ジッタ(DDj)、デューティサイクル歪み(DCD)、符号間干渉(ISI)、有界無相関ジッタ(BUj)、周期的ジッタ(Pj)への分離を、例を挙げて説明します。

パート 7 – シリアルデータ・ジッタ測定上級コース

このセッションでは、様々な測定および外挿されたジッタの見方について深く掘り下げ、アイ・ダイアグラムで見たシリアルデータ・リンク・マージンにおけるジッタの統計的および時変的な見方について説明します。

オシロスコープを使用してシリアル データ リンクをディエンベディングおよびエミュレートする方法

高速シリアルデータ・リンク、相互接続、チャネル、オシロスコープ・プローブ用の様々なオシロスコープのディエンベッド、エンベッド/エミュレーション技術について、テレダイン・レクロイと一緒に学びましょう。Sパラメータ測定ファイルや回路モデルを使用したディエンベッドやエミュレーションなど、広帯域オシロスコープで一般的に使用できる様々な種類のツールについて説明します。

周波数領域と時間領域の両方でインターコネクト素子をディエンベッドする方法

シリアルデータ・リンクやその他のシグナル・インテグリティ測定からテスト・フィクスチャ、ケーブル、プローブをデエンベッドするためのベスト・プラクティスについて説明し、実演します。これは、DUTのシグナルインテグリティ測定値が相互接続エレメントによって汚染されないようにするために極めて重要なプロセスです。

高速シリアルデータのシグナルインテグリティ、ジッタ解析、プローブデエンベディング

このウェビナーでは、高速シリアルデータのシグナル・インテグリティ、イコライゼーション、ジッタ測定、相互接続のエンベッド/デエンベッド、プローブのデバッグ方法について説明します。

高速シリアルデータのデバッグと解析

本セミナーでは、高速シリアルデータのデバッグ方法について解説します。 シグナル・インテグリティ、イコライゼーション、ジッタ測定、相互接続のエンベッド/デエンベッド、プローブについて説明します。

16+ Gb/sシリアルデータ・トランスミッタ/レシーバのテストとデバッグの高速化と改善方法

このウェビナーでは、USB4を例に、典型的な高速シリアルデータ・トランスミッタ・テストの概要を説明します。高速シリアルデータ信号を合成し、リアルタイム・オシロスコープを使って仮想レシーバで信号を解析し、仮想的に受信した信号をライブ信号と比較します。シグナル・インテグリティ・マージン解析とジッタ、アイダイアグラム、IsoBER、クロストーク測定について説明します。

高速シリアル データ インターコネクトの特性評価基礎ウェビナー

高速シリアルデータのインターコネクトが回路設計に与える影響について、テレダイン・レクロイのウェビナーにご参加ください。Sパラメータとインピーダンス・プロファイルとその解釈方法について説明し、Sパラメータ・ファイルを使ってサンプル・チャネルを通過する差動信号のアイ・ダイアグラムとジッタ測定を行います。

お問合せ/無料デモ申込み/メルマガ登録

必要事項を英語でご記入の上、Comment(コメント)欄に日本語でお問合せ内容をご入力下さい。 メルマガ登録   お問合せ  無料デモ申込み